So-net無料ブログ作成
検索選択

VAIO株式会社、設立2年目で営業黒字に転換 [VAIO]

VAIO株式会社がSONYから独立し、2014年7月1日に分社化してから2年が経ちました。

VAIO_Corp_02.jpg

VAIOは設立2周年を記念し、長野県安曇野に位置する本社工場をプレス向けに公開。

VAIOの大田義実社長や安曇野市副市長の村上広志氏らが、今後のVAIOの方針などについて紹介しました。

VAIOの大田義実氏は、2015年6月8日付でVAIO株式会社の代表取締役社長に就任。VAIO2周年と同時に、大田氏も就任から1年を迎えます。

大田氏は、2015年8月19日に実施した就任会見で発表した2015年度の目標をほぼ達成したと紹介。当初掲げたその目標は「自立」と「発展」。具体的には設計からサポートまでの一気通貫体制、収益責任の意識、商品力の強化、販路の強化などが挙げられていました。

従来営業機能を持っていなかったVAIOですが、設計製造から販売サポートまで一貫して行う中で、PCに詳しい技術者が営業する技術営業部を設けた他、国内販路の強化と独自のECサイト「VAIOストア」を立ち上げ、パートナーと海外販売を実施。

また、大田氏は社員に対し「PC1機種ごとに毎日の販売と売上、原価利益を伝えている」とし、数字に対する意識を徹底させたとしています。

結果、VAIOは独立2年目にして「V字回復で売上が倍増」、営業黒字(2016年5月期)を達成。特に法人市場でのPC売上が大幅に伸びた他、ロボット製造やIoT、技術提供といった受託生産(EMS)事業が「予想以上に実績を上げた」。これら新規領域事業とPCの利益割合を、今後1対1にすることを目指すとしています。

VAIO_Corp_03.jpg
↑2015年度の営業利益黒字化を実現

2016年は、安定的な拡大を目標に、PCとEMS事業に加え、第3のコア事業を立ち上げると発表。今までのEMS事業は、取引先からの注文に応じて受動的に行っていますが、第3の新事業では、VAIO側を主体として、企画や設計、販売を他のパートナーと協業して展開していくモデルを想定。

ジョイントベンチャー(戦略的提携)や、投資も想定して進めるとしています。これは大田氏の「2016年度の義務」と言い、「自社でものづくりを進めていく。更にジャンプしていきたい」と語りました。

VAIO_Corp_04.jpg
VAIO_Corp_05.jpg
↑2016年度は「安定と発展」「第三のコア事業」の立ち上げを目指す

VAIOは、同社製品のコンセプトを「『快』が仕事の生産性を高める。」としています。これはVAIO設立時、「もう一度、ちゃんとPCを開発するデザインポリシーを作ろう」と、開発メンバーを中心に毎週議論した際に打ち出されたものとの事です。

第3のコア事業についてはVAIOの赤羽亮介副社長も言及し、「『快』は生産性だけではなく、『個人の好みにピッタリはまる』という快感もある。そいういう『快』を提供する準備をしている。ここでは発表しないが、お楽しみに」と述べています。

意外と知られていませんが、VAIOはテラダ・ミュージック・スコアの2画面電子ペーパー楽譜「GVIDO」や富士ソフトのコミュニケーションロボット「Palmi」とロボットスタートの英語学習AIロボット「AKA LLC」のOEM生産を行っています。

SONY本体では競合してPC事業以外の分野のESMは無理でしたが、VAIO独立によりESM事業が可能になったのは大きいみたいですね。

また、赤羽副社長の語る「第3のコア事業」が気になりますね。「個人の好みにピッタリはまる」と言うからには、ただのIoT製品では無いと思います。

個人的には「Palmi」のOEM生産で得た技術を元に、SONYから商標を受け継いでのAIBO復活とかを夢想しますwまぁ、AIBO開発陣は散り散りになってSONYにも居ませんし、SONY本体が再びロボット事業への取り組みを公表したんで難しいでしょうけどw。

とりあえず、VAIOのビジネス面での復活の兆しが出て来て嬉しい限りです。PC事業以外も大事ですが、本業のPC事業でも、もっともっと、エッジの利いた製品の発売を期待したいです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る