So-net無料ブログ作成
検索選択

米SONY、超コントラストの4K/HDR BRAVIA『XBRZ9D』シリーズ発売 [BRAVIA/WEGA/その他TV]

SONYは、新たなバックライト技術「Backlight Master Drive」を採用した、4K/HDR対応液晶テレビの最上位機『XBRZ9D』シリーズを今夏に米国発売すると発表しました。

XBR-Z9D_01.jpg

65型の『XBR65Z9D』と75型『XBR75Z9D』が今夏に、100型『XBR100Z9D』が後日発売予定となります。

販売予想価格は『XBR65Z9D』が6,999ドル、『XBR75Z9D』が9,999ドル。『XBR100Z9D』の発売日や価格は今年後半に発表予定との事です。

CES 2016で参考展示した新バックライト技術「Backlight Master Drive」を実用化した液晶テレビの最上位モデルとなります。Backlight Master Driveはパネル背面に高密度に敷き詰めたLEDを個別に分割駆動し、コントラスト表現や色表現を向上し、HDR映像の表現力を高める新技術となります。

LEDの個数は非公開ですが、LEDの明滅とブーストを一つづつ個別に制御し、「ウルトラコントラストでリアリステック、正確な色を表現する次世代のHDR画質をもたらす」としています。

LEDを敷き詰め、新たなローカルディミング(LEDエリア駆動)技術を用いる事で、出力光の拡散を抑え、光らせたい部分の周辺領域も明るくなってしまうヘイロー減少も抑制します。

映像エンジンもBacklight Master Driveにあわせて新開発した「4K HDR Processor X1 Extreame」を搭載。オブジェクトベースのHDRリマスター、デュアルデータベースプロセッシング、Super Bit Mapping 4K HDR(SBM 4K HDR)の3つの新技術を搭載し、更なる4K HDR画質向上図ります。

HDRリマスターは、フルHD映像などを4K HDR品質に近づける技術で、画面内のオブジェクト毎に最適な色やコントラスト調整を行ないシーンを再生成、アップスケーリングデータベースと連動し、ノイズリダクションを行ないながら高品位に4K/HDR映像に近づけます。SBM 4K HDRは、8bit/10bitの入力信号を14bit相当のプロセッシングにより、アップコンバートし、高画質化するとしています。

OSはAndroid TVで、映像/音楽配信サービスや写真やゲームアプリ、検索などに対応。Google Playからのアプリダウンロード、Google Castにおるスマートフォン等からの操作やコンテンツ出力操作などに対応します。

いよいよ「Backlight Master Drive」搭載の4K/BRAVIAの登場です。CES2016で発表された85型がラインナップに無い様ですが、開発機は85型のモデルが有るという噂が有りますし、開発機では4,000nit迄の輝度が出る上、HDRのルックもかなり良いとの事ですので、発売が楽しみです。

ただ、価格を見る限り、お金持ち若しくはBRAVIAですがサイネージ用途や、4Kポスプロ作業を行うスタジオ向けな気がします…。

一昔前前SONY製品は型番に「7」や「9」がつく製品がフラグシップ機でしたが、最近ではVAIO ZやXperia Z、Walkman Z等、名称や型番に「Z」がつく製品がフラグシップ機なんで、いよいよ4K BRAVIAのフラグシップ機の登場といった事なんじゃないでしょうか?

■プレスリリース(米SONY/英文)
http://blog.sony.com/2016/07/sony-launches-the-z-series-the-ultimate-4k-hdr-ultra-hd-tv/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る