So-net無料ブログ作成

エアロセンス、ザンビアでドローンを利用した医療物資の物流インフラ構築 [その他]

ソニモバとZMPの合弁会社エアロセンスは、ドローンを使った物流サービス普及促進事業が、ザンビア共和国における保健医療分野の新たな物流インフラとして採用される事となりました。

Aerosense_05.png
↑エアロセンス製、VTOLタイプのドローン

独立行政法人の国際協力機構(JICA)による2015年度第2回「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」に企画提案し、採用されたもので、事業は今年の10月頃にスタートする予定との事です。

ザンビア国内の道路は未整備であったり、地方部での維持管理不足が著しく、それに起因する物資供給網への制約が深刻な課題となっています。

特に農村地域では、医療関連物資(消耗品、試薬、迅速診断キットなど)の供給や、医療施設での検査に用いる検体の輸送が滞り、必要な検査や処置が適時にできず、結果の受領にも長時間を要するといった状況にあるとの事です。

そこで、JICAの事業の下、エアロセンスは道路インフラに依らない代替手段を提案。エアロセンス製のVTOL(垂直離着陸型の固定翼機)タイプの自立型無人航空機は、滑走路不要で飛ぶ事ができ、操縦者も不要。悪路や、雨季に水没する道などに影響されずにワクチンなどを届けるインフラの構築を目指すとの事です。

Aerosense_06.png
↑エアロセンスのVTOLの巡航速度は時速100km以上

体制としては、エアロセンスが特にVTOLを活用。国立研究開発法人国立国際医療研究センター(NCGM)が、現地での医療サービスの検討やザンビア関係省庁との調整を担当。八千代エンジニヤリングが、現地でのドローン運用の為の電力・通信インフラの技術的検討や、事業実施に係るコンサルティングも行なとの事です。

エアロセンス設立当時から、「緊急の医療品を輸送」といった提案もしていたものの、国内では民家の上を通過するという点で、法律の問題がクリア出来ないので、実績と経験を積んでエリア拡大をしたいとしていましたが、ザンビアであれば、人口密度的にも危険性が低いですし、恐らくドローンに関する法整備もされていないので、実績や経験値を積むにいは絶好のシチュエーションかと思います。

また、エアロセンスのドローンは航続時間が公になっていませんが、オフィシャルHPには「時速100kmで1時間飛べば100km移動出来る」と当たり前の様な事が書かれていますが、これから察するに、恐らく時速100kmで1時間程度しか飛べないものと思われます。

国内では100kmも飛べれば大型都市間の行き来が出来るので充分かと思いますが、アフリカとなると話は別ですから、八千代エンジニアリングによる電力供給インフラが必要になるのかと思います。

こうしたインフラ設備の構築や維持が可能なのも、アフリカで一番治安の良いと言われているザンビアだからこそ可能だったものと思われます。

エアロセンスは、つくづく良いシチュエーションを見つけたと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る