So-net無料ブログ作成

SONY、『HT-NT5』などアップデートで「ワイヤレスサラウンド」対応 [ホームサラウンド]

ソニーは、サウンドバーにワイヤレススピーカーを組み合わせて、5.1chなどのリアスピーカーをワイヤレス化できる「ワイヤレスサラウンド」機能をリリースしました。

Wireless_surround_01.jpg

6月23日にアップデートを開始したサウンドバー『HT-NT5』と、ワイヤレススピーカー『SRS-ZR7』またはh.ear go『SRS-HG1』の同機種2台を用意する事で利用可能になります。

「SongPal Link」により実現する機能で、5.1chなどの音声をサウンドバー『HT-NT5』に入力して、後方に置いたワイヤレススピーカー2台からリアチャンネルの音声を出力します。

尚、接続する『SRS-ZR7』または『SRS-HG1』も、対応のファームウェアを適用しておく事が必要となります。

また、ワイヤレスサラウンドの対象機種にはAVアンプ『STR-DN1070』も含まれ、10月以降に行なわれる『STR-DN1070』のソフトウェアアップデートにより、上記のスピーカーと組み合わせたワイヤレスサラウンドが可能になります。

尚、23日に行なわれた『HT-NT5』のアップデートでは、ワイヤレスサラウンドへの対応に加えて、ワイヤレスマルチルームでのUSB音楽再生に対応。

また、Google Cast for audioの機能追加として、ハイレゾコンテンツの再生や、ミラーリング機能(Google側の対応後に利用可能)をサポートしています。

最初から5.1chホームサラウンドが欲しい方は、『HT-RT5』あたりを買うでしょうから、『HT-NT5』を購入したけど、やはり擬似サラウンドではなく、マルチスピーカーによるサラウンド構成を行いたくなった方にはうってつけですね。

ただ、『SRS-ZR7』とか『SRS-HG1』の様な、そもそもコンパクトオーディオスピーカーとして設計された横置き型スピーカーを2台置くのも間抜けな感じがします…。国内未発売ですが、CES2016で発表されていた縦置き型の『SRS-ZR5』の様な製品が発売されれば良いのですが…。

■SONY商品情報・ストア>サウンドバー/ホームシアターシステム>本体アップデート情報
http://www.sony.jp/home-theater/update/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る