So-net無料ブログ作成

SONY、空間手ブレ補正搭載アクションカム2モデル発売 [HANDYCAM/bloggie]

SONYは、アクションカメラの新製品として、ハンディカムに搭載している空間光学ブレ補正機能を取り入れた2モデルを6月24日に発売すると発表しました。

FDR-X3000_01.jpg
↑4K対応上位モデルの『FDR-X3000』

今回発表されたのは、4K対応モデルの『FDR-X3000』と、フルHDモデルの『HDR-AS300』の2モデル。

販売予想価格は『FDR-X3000』が5万円前後、『HDR-AS300』が4万円前後となっています。

HDR-AS300_01.jpg
↑フルHDモデルの『HDR-AS300』

また、ディスプレイ付きのリモコン『RM-LVR3』をセットにしたモデルも用意。販売予想価格は、『FDR-X3000R』が65,000円前後、『HDR-AS300R』が55,000円前後となっています。尚、『RM-LVR3』の単体販売は行わないとの事です。

RM-LVR3_01.jpg
↑『FDR-X3000R』、『HDR-AS300R』に付属の『RM-LVR3』

既存の4K対応モデルX1000、フルHDモデルAS200Vの後継モデルとなり、今後はX3000、AS300、AS50の3ラインナップ展開となります。

SONYはハンディカムにおいて、手ブレを強力に補正する「空間光学手ブレ補正機能」を採用しています。レンズとセンサーを1まとまりのユニットのように扱い、それがビデオカメラの中で、ある程度自由に動き、手ブレの振動をキャンセルする技術となっています。

このコンセプトや技術を、振動による映像の「揺れ」が問題となるアクションカメラに投入。超小型のレンズユニットを新たに開発し、小さなアクションカメラの筐体への内蔵を実現しました。尚、空間光学手ブレ補正を備えたハンディカムのレンズ前玉はゆらゆらと動いていますが、アクションカメラでは前玉は動かず、その後ろにあるレンズやセンサーが動く仕組みになっています。

FDR-X3000_03.jpg
↑内部のレンズやセンサーが動く、アクションカムの空間光学手ブレ補正の機構

この空間光学ブレ補正により、ブレの補正力が従来モデルと較べて大幅に向上。自転車のダウンヒル、ランニング等、激しいブレが生じるようなスポーツシーンでも、より安定した映像が撮影できる様になります。補正モードはアクティブ、スタンダード、OFFから選択可能。

FDR-X3000_04.jpg
↑ブレ補正機能オン/オフのサンプル画像

また、光学式で補正する為、電子式ブレ補正の様に、画角が変わるという事が有りません。X3000とAS300は、どちらも120度と170度の画角が選択出来ますが、光学式ブレ補正をONにした状態でも170度での撮影が可能。X3000で4K撮影を行なう際や、ハイスピード撮影をする際も空間光学ブレ補正が利用できます。

但し、空間光学ブレ補正を搭載した事で、カメラにある一定の高周波振動が加わると、空間光学の機構が共振したような状態になり、画像が歪んだり、ピントにボケが出る可能性が有るとの事です。

具体的には、バイクのハンドルに取り付けて、その取付場所や、エンジンの回転数、走行スピード、乗り方など、特定の条件が重なった時に発生が確認されています。但し、SONYによれば、発生する可能性としては稀で、発生した場合もハンドルの取り付け位置などを変えて周波数を変えると直る事も有るとしています。

その為、自転車や車などに取り付けた場合や、バイクでもヘルメットやライダーの胴体に装着するのであれば問題は有りません。特定の条件が重なった時にだけ発生するものですが、SONYではこの現象を緩和するアクセサリー「X3000/AS300用モーターバイブレーションアブソーバー『AKA-MVA』」を今秋に発売するとしています。高周波振動をカメラに伝えにくくする機構を備えた製品になる様です。

撮像素子は1/2.5型のExmor R CMOS。総画素数は857万画素、有効画素数は動画で約818万画素、静止画で約818万画素。レンズはツァイス・テッサーで、焦点距離は35mm換算で17mm(ワイド設定時)、23mm(ミディアム)、32mm(ナロー)。明るさはF2.8。レンズも新モデルでは進化し、画像周辺部の湾曲が軽減されています。

FDR-X3000_05.jpg
↑新開発のツァイスレンズを採用

従来モデルと同様に、CMOSセンサーのデータ読み出しにおいて、画素加算なしの全画素読み出しを行なっています。これにより、ジャギーやにじみを抑えた、高画質な撮影を可能にしています。

また、AS50Rにも搭載されている、ズームモードを搭載。3倍までの電子ズームも可能となっています。

本体サイズはX3000とAS300で共通で、29.4×83×47(幅×奥行き×高さ)mm。本体のみの重さはX3000が約89g、AS300が約84g、従来のX1000と比べると、奥行きが短く、背も低くなっています。また、AS300は、カメラのみのサイズを従来のAS200Vと比較するとやや大きくなっています。

尚、AS200Vは本体に三脚穴が無く、アダプタを介して三脚ネジと固定するタイプでしたが、AS300は本体に三脚穴を備えている為、このアダプタが不要となり、装着した際の高さは、新モデルの方が小さくなっています。

HDR-AS300_03.jpg
↑AS200Vには無かった三脚ネジ穴がAS300では搭載

X3000、AS300のどちらも、本体のみで防滴性能を持っており、雨や水しぶきを気にせず利用可能。また、60mの防水性能を持つハウジングが標準で付属します。

FDR-X3000_06.jpg
↑本体防滴仕様

FDR-X3000_07.jpg
↑60mの防水性能を持つハウジングが標準で付属

リモコンキットに付属するリモコンは、『HDR-AS50R』と同時に登場した新型タイプ。従来の『RM-LVR2』と比べ、約30%小型化。腕だけでなく、別売アクセサリを使って自転車のハンドルなどに固定する事も可能。

Bluetoothに対応しており、リモコンからの制御やスマホからの操作は、Bluetoothで行ないます。本体の電源ONを遠隔操作で行なう事も可能。

X3000は、XAVC Sで3,840×2,160 30p/25p/24pの撮影が可能。ビットレートは最高100Mbps。HD解像度での撮影も可能で、1,920×1,080の120p/100p/60p/50p/30p/25p/24p、1,280×720の240p/200pなどの撮影が可能。

FDR-X3000_08.jpg
↑X3000の対応ファイル、解像度一覧

フルHDモデルのAS300では、最大1080/60p、50Mbpsの撮影が可能。XAVC Sでの録画にも対応。また、1,280×720/120p、800×480/240pのスローモーション撮影にも対応します。

HDR-AS300_04.jpg
↑AS300の対応ファイル、解像度一覧

どちらのモデルも本体に電源キーを新たに搭載。底面に備えていたケーブル接続端子部を、背面に移動。アクセサリに装着していても、これらの端子にアクセスしやすくなっています。録画中をユーザーに知らせるランプを3箇所に増やす事で、あらゆる角度から録画状況を確認できる様にもなっています。

FDR-X3000_02.jpg
HDR-AS300_02.jpg
↑X3000、AS300共に上部に電源キーを搭載

FDR-X3000_09.jpg
↑Recランプを3箇所に搭載

X3000ではタイムラプス撮影において、新たに4K解像度での撮影に対応。但し、作成にはPC用ソフトの「Action Cam Movie Creator」を利用する必要があり、スマホアプリの「Action Cam App」ではフルHDのみの対応となります。

FDR-X3000_10.jpg
↑X3000では4Kのタイムラプス撮影も対応するが、タイムラプス動画作成にはPC用ソフトの「Action Cam Movie Creator」が必要

ハイライトムービーメーカー機能も搭載。撮影映像からカメラが自動でハイライトシーンを抽出、BGM付きのショートムービーを自動作成する機能で、動画の長さやBGMを選択出来ます。

PlayMemories Mobileをインストールしたスマホやタブレットから操作が出来、作成した動画はその場で端末へ転送可能。顔認識機能を使い、人間が写っているシーンをしっかり抽出し、簡単にショートムービーが作成出来るとしています。

アクションカメラの市場成長率は、登場当初と比較すると鈍化はしていますが、継続して成長はしており、SONYでは、まだアクションカメラを知らない人や、新たな機能での需要喚起などを目標に、新製品の投入やスポーツイベントでのプロモーションなどに注力していくとしています。

新機種開発に際しては、高画質や画素数、ブレ補正機能を購入時に重視している人が多い事から、レンズの進化などでの高画質化に加え、空間光学ブレ補正の投入により、見返した際にブレが少なく、酔いにくい映像が撮影できる事などをテーマに商品を強化。

更に、既存モデルの販売比率でリモコン同梱版が約6割になっている事を踏まえ、使いやすさの向上にも注力。リモコン同梱版を引き続き用意する他、空間光学ブレ補正を搭載しても本体のみでの防滴性能を維持、本体に三脚ネジ穴を搭載するといった部分もこだわって開発されています。

やっとアクションカムも小型化と同時にオミットされていた電源キーや三脚ネジ穴が復活した、スペックと使いやすさが両立した製品の登場となりましたね。

しかも、ハンディカムとは異なり、内部レンズとセンサーが動く光学手ブレ補正機能の採用で、アクションカムの様な小型カメラでも空間手ブレ補正を可能にしたアイディアもとても良いと思います。

ただ、ちょっと心配なのは、発売当初安かろう悪かろうだったGoProもプロ・アマ問わず世界中を席巻したものの、ハイスペック機にシフトしていった途端に、業績が悪くなりました…。本来アクションカムに世間が求めているものって、そこそこの性能でそこそこの画質の映像が撮影出来る安い製品なんじゃないでしょうか?

そうなると、5万円~6万円の製品は高すぎますし、既にアクションカム市場は低価格製品で飽和しきっている気がします…。

■プレスリリース
激しいブレも抑えて高精細な映像を撮影できる「空間光学ブレ補正機能」を初搭載
4Kアクションカム『FDR-X3000R』とHD対応モデル『HDR-AS300R』を発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201606/16-0620/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る