So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、4Kホームプロジェクタ『VPL-VW315』『VPL-VW515』アップデート [その他映像関連機器]

SONYは、4K SXRDホームシアタープロジェクタ『VPL-VW315』と『VPL-VW515』の本体ソフトウェアを5月24日にアップデート

VPL-VW315_1.jpg
↑VPL-VW315

アップデートプログラムの適用で、VW315は新たにHDR対応となる他、VW515はHDR画質が向上します。

2015年10月に発売された上位機の『VPL-VW515』(90万円)と、リビングシアター向けモデル『VPL-VW315』(75万円)の大きな違いは、VW515のみHDRに対応するという点でしたが、アップデート後はVW315もHDR対応となります。既にHDR対応のVW515は、今回のアップデートでHDRの画質が向上します。

アップデートはUSBメモリ経由で行なう形で、アップデート後のソフトウェアバージョンはVer.2.2.02となります。

VPL-VW515_1.jpg
↑VPL-VW515

VW515とVW315の一番の違いだった、HDRの対応非対応に差が無くなると、多くのユーザーはVW315を選ぶでしょうね。

一昔前と異なり、AVマニア以外はハードウェア、ソフトウェアの仕様を気にしなくなっている上に、最近は◯◯規格対応といった触れ込みの方が一般ユーザーの食いつきは良いみたいですから…。

あと、VW515のHDR画質向上ってなんでしょうか?EOTFの見直しとかなら良いんですが、単純にピーク輝度が上がっただけとか無いですよね…。気になります。

■SONY商品情報・ストア>ビデオプロジェクター>本体アップデート情報
http://www.sony.jp/video-projector/update/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る