So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、Bluetooth/バッテリ内蔵ホームラジオ『SRF-V1BT』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、ステレオスピーカーとBluetooth、バッテリを内蔵したホームラジオ『SRF-V1BT』を6月11日に発売すると発表しました。

SRF-V1BT_01.jpg

販売予想価格は2万円前後。カラバリはブラックとホワイトの2色を用意します。

FM/AM対応の据え置き型ラジオで、AMの番組をFM波から聴けるワイドFM(FM補完放送)にも対応。2016年5月時点の開局情報に対応しています。

ワイドFM対応局の増加と盛り上がりに合わせて製品化したもので、SONYのワイドFM対応据え置き型ラジオ現行機種は全てモノラルスピーカーですが、『SRF-V1BT』はステレオスピーカーとデジタルアンプを内蔵。「FM(ワイドFM)におすすめのラジオ」として提案しています。

SRF-V1BT_04.jpg
↑利用イメージ

Bluetoothを搭載し、スマホの音楽やradiko.jpなどをワイヤレスで転送して『SRF-V1BT』のスピーカーで聴く事も可能。NFCで対応スマホをかざしてペアリング出来ます。Bluetooth利用時のコーデックはSBCのみとの事。

SRF-V1BT_02.jpg
↑『SRF-V1BT』のカラバリ「ブラック」

SRF-V1BT_03.jpg
↑『SRF-V1BT』のカラバリ「ホワイト」

45mmのフルレンジスピーカー2基を内蔵。縦型筐体で自然な音の広がり感を得られる様に、スピーカーユニットの角度や筐体内のレイアウトを最適化。FMやBluetoothなどのステレオの音源を広がりある音で楽しめる他、ラジオなどの人の声も自然な定位感でクリアに聴こえるとしています。スピーカーボックス部はバスレフ型で、厚みのある低音を追求しています。

SRF-V1BT_05.jpg
↑内部のスピーカーの動作イメージ

SRF-V1BT_06.jpg
↑バスレフ構造の採用により、厚みのある低音を追求

デジタルアンプの出力は、ACアダプタ利用時が2.5W×2chで、内蔵バッテリ利用時は1.5W×2ch。小型ながら高出力を実現し、省電力で、バッテリ駆動時も長時間動作可能としています。内蔵バッテリの連続使用時間(スピーカー利用時)はFMが21.5時間、AMが7.5時間。ステレオミニの音声入力やヘッドフォン出力も装備しています。

SRF-V1BT_08.jpg
↑ステレオミニ入力や、ヘッドフォン出力も装備

日本語表示対応の大型液晶ディスプレイを備え、周波数やラジオ局名、時計を表示。ラジオを聴いていない時は時計を大きく表示します。液晶のバックライトは明るさ調整が可能で、明/中/暗/消灯の4段階で切り替え可能。スリープタイマーや自動電源ONタイマーも備える。選局用のお気に入り登録ボタンは5個備えています。

SRF-V1BT_07.jpg
↑本体上面に選局用のお気に入り登録ボタン5個を備える

外形寸法は約106×117×172(幅×奥行き×高さ)mm、バッテリを含む重量は約880g。ACアダプタが付属します。

思ったより、大型ですがスピーカーユニットをちゃんと装備しているので妥当な大きさですね。ただ、ステレオスピーカーを装備するにしては本体が小さすぎる為、ちゃんとステレオ感が出るのかが疑問ですが…。

Bluetooth搭載の為、スマホでRadikoを再生したものをワイヤレス転送すれば、わざわざワイドFMを受信して聞くより高音質な上、文化放送の様にワイドFMに非対応のAM局もRadikoでは聞けますし…。まぁ、高齢者はワイドFMで、若者はスマホでと、幅広い年齢層をターゲットとして製品なのかもしれませんが…。

個人的に自宅では、Radikoはスマホやタブレットから、ワイドFMはウォークマンからBluetoothでホームサウンドバーに飛ばして聞いてるんで、必要は無いんですが、デザインがカッコ良くちょっと欲しくなりました。

■SONY商品情報・ストア>ラジオ/CDラジオ・ラジカセ>SRF-V1BT
https://www.sony.jp/radio/products/SRF-V1BT/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る