So-net無料ブログ作成

Xperia Z5/SOV32レビューVol.7~PS4リモートプレイ編~ [Xperia]

Xperia(TM)アンバサダー・プログラムのモニター企画で「Xperia(TM) Z5」をお借りしていました。

Z5_design_01.JPG

端末はとっくに返却しましたし、前回のレビューからかなり時間が経ってしまいました…。

前回は、音楽再生機能に関するレビューを行いましたが、第7回となる今回は最終回として、初の試みとなるPS4リモートプレイ機能に関するレビューを行いたいと思います。

尚、今回PS4リモートプレイのレビューを行うのに当たり、比較するテレビはBRAVIA『KD-42W800B』を使用しています。また、Wi-FiルーターをNTT東日本のフレッツ光の純正ルーターで、IEE802.11ac迄対応したもの(もっともPS4は11n迄しか対応してませんが…)となります。

まず、PS4リモートプレイとは何ぞや?というと、このブログをご覧頂いている方にはもはや説明は不要かと思いますが、ネットワーク経由で、Xperia端末のディスプレイをモニターとしてPS4のゲームをプレイするというものとなります。

物理的には、インターネット経由で外出先からのプレイも可能となりますが、SIE、ソニモバではホームネットワーク内でのプレイを推奨しています。

では、早速セッティングから見て行きたいと思います。

まずは、PS4の電源をオンにしつつ、Xperia Z5側の「PS4リモートプレイ」アプリを起動します。

Z5_PS4_Remote_01.jpg
↑デフォルトでは「ゲーム」フォルダに格納されている「PS4リモートプレイ」アプリ

「PS4リモートプレイ」アプリを起動すると、DUAL SHOCK4の登録を促す画面が表示されます。登録しなくても、ソフトウェアキーでのプレイが可能ですが、プレイし辛いんで、登録してみます。

Z5_PS4_Remote_02.jpg
↑DUAL SHOCK4の登録を促す画面

DUAL SHOCK4を「登録する」を選択すると、↓の画面が表示されます。

Z5_PS4_Remote_03.jpg

表示に従ってDUAL SHOCK4の「SHERE」ボタンと「PS」ボタンを同時押しすると、数秒で登録終了。

Z5_PS4_Remote_04.jpg
↑簡単に登録完了

一度Xperia Z5とペアリングすると、「PS」ボタンを押すだけでXperia Z5とペアリングされます。逆に言うと、PS4と再度ペアリングしない限り、Xperia Z5とのペアリングが維持されます。

続いては、PS4本体とXperia Z5との同期です。

Z5_PS4_Remote_05.jpg
↑「次へ」を選択すると、PS4との同期が開始される

同期は、TVSide Viewアプリでホームネットワーク内のnasneやBDレコを検索する時と同様、1分前後時間がかかりました。

Z5_PS4_Remote_06.jpg
↑ネットワーク内のPS4を検索している

検索が終了すると、PS4のホーム画面がXperia Z5上に表示されます。

Z5_PS4_Remote_08.jpg
↑ピントがボケボケですが、PS4のホーム画面がXperia Z5に表示されているところ

Z5_PS4_Remote_09.jpg
↑ちなみに、BRAVIA側にも同じ画面が表示

PS4リモートプレイは、ミラーリングとなる為、テレビとXperia Z5同時に同じ画面が表示されます。

Z5_PS4_Remote_10.jpg
↑同時に見比べるとこんな感じ

ちなみに、DUAL SHOCK4を使用しないとどうなるかというと、Xperia Z5を縦位置で使用するか、横位置で使用するかで異なります。

Z5_PS4_Remote_07.jpg
↑縦位置でのソフトウェアキー

縦位置では↑の様に、画面上部にプレイ画面が表示され、中央から下にソフトウェアキーが表示されます。

Z5_PS4_Remote_11.jpg
↑横位置でのソフトウェアキー。上部画面をタッチするとDUAL SHOCK4のタッチパッド操作となる

横位置では↑の様に、プレイ画面にオーバーレイする形でソフトウェアキーが表示されます。ちなみに、画面上部をタッチするとタッチパッド操作となります。

では、実際に「ドラゴンクエストヒーローズ」をプレイして、BRAVIA、Xperia Z5の画面を比較してみます。

Z5_PS4_Remote_12.jpg
↑BRAVIAとXperia Z5でのPS4リモートプレイ比較映像はココをクリック
※YouTubeにリンクしています

動画を見る限りはあまり分からないのですが、実際にプレイしてみると、BRAVIAよりXperia Z5側が数m秒遅延している事が体感されます。

やはり、ネットワーク越しの遅延は否め無いので、アクションゲームは難しそうですね…。RPGとかシミュレーションゲームであれば画質的には何ら問題無いのでお勧めかと思います。

個人的には予想していたより、遥かに遅延が無くかなり満足の行く結果です。

後日、実家からインターネット経由でのプレイも試してみましたが、若干のコマ落ちは発生したものの、ゲーム自体はプレイ可能でした。

ただ、気をつけなくてはならないのが、ネットワーク速度が遅い際に外出先からPS4リモートプレイでPS4を起動してしまうと、PS4の電源が入ったもののネットワーク接続が切断されてしまい、その後回線状況が良くなってもPS4にアクセス出来なくなってしまうという難点が有ります。

こうなると、自宅に帰ってPS4の電源を落としてやるまで、電源が入りっぱなしになってしまいます。SIEやソニモバが外出先からのPS4リモートプレイを推奨しないのは、これが原因でしょうか?

と、こんな感じでXperia Z5/SOV32の全てのレビューは終了となります。

PS4リモートプレイは非常に便利ですが、やはりXperia Z5のディスプレイサイズでのプレイはちょっと迫力に欠けますね…。やはり、最低でもXperia Z3 Tablet Compact、出来ればXperia Z4 Tabletぐらいのサイズが無いと厳しいと思いました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る