So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、スマートコンタクトレンズの特許を申請 [テクノロジー]

SONYが、カメラや各種センサーを内蔵したスマートコンタクトレンズの特許を米国特許庁に申請していた事が明らかになりました。

ContactLens_camera_01.png

SONYが提出したスマートコンタクトレンズの特許申請書によると、コンタクトレンズには極小のカメラユニットだけでなく、ストレージ・イメージセンサー・撮像レンズ・無線通信ユニットなどを搭載しているとの事。

撮影時のシャッターはまばたきを行う事で切ることができ、絞り調整・ズーム・焦点を合わせる等の操作が可能と説明されています。

また、眼球の動きによる画像のブレを防ぐ「目ブレ防止機能」についても言及されています。

瞼の圧力をセンサーで感知する事で、通常のまばたきとシャッターの違いも区別できるとの事です。また、絞り調整やズームなどの機能は瞼の開き具合によって調整できるとされています。撮影した写真は内蔵ストレージに記録できると見られており、更に無線通信ユニットから任意のデバイスに写真を送信する事も可能としています。

核物質や細菌を利用した実験や、外科手術、高所工事作業等、両手が塞がれた状態でも撮影が要望されるシチュエーションは数多く有るので、需要は有るかと思いますが、実用化されるにあたっての一番の問題は盗撮等のプライバシーの問題でしょうかね?

恐らく、製品化されたとしても業務用途としての発売で一般発売はされないと思いますが、スノボやカーレース等の体験動画でも、わざわざアクションカム等を装着しなくても、一人称視点での撮影が出来るのは便利そうですよね…。

■CONTACT LENS AND STORAGE MEDIUM(PDF/英文)
http://www.freepatentsonline.com/20160097940.pdf




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る