So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、BDレコ2016モデルのLANダビングは秋以降の対応と発表 [BD/HDDレコーダー/VTR]

SONYは、4月に発売した新BDレコーダ『BDZ-ZT2000』など4機種のスカパー!やCATVのLAN録画、お引越し対応について、2016年秋以降に案内すると発表しました。

BDZ-ZT2000_01.jpg

対象機種はBDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500の4モデル。

発表時には、CATV LAN録画と、スカパー! プレミアムサービスLinkのLAN録画/LANダビングについて、後日のアップデート対応を予告していましたが、その時期について2016年秋以降に告知するとしたもの。

また、他のBDレコーダから番組を引き継ぐ「お引越し機能」についても同じく秋以降に放送ダウンロード開始時期を告知する予定との事です。

また、4モデルにおいては、BD-ROMのディスク再生に関して、再生操作や停止操作を行なうと実行までの間に時間がかかる場合があるとの事ですが、この件についても夏頃にダウンロード時期を案内するとしています。

BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500は、UIを一新して操作性の向上を図った新BDレコーダで、EPGの見やすさや使いやすさに配慮。4Kテレビとの連携機能も搭載しています。

2014年モデル迄のSONY製BDレコを使って、LAN録画やLANダビングを行っていた方が、レコの故障で買い替え様にも2016モデルは秋迄対応していないとか…。酷い話です。

UniPhier搭載のパナ製BDレコだってLAN録画/LANダビングは可能なんですから、完全にSONY製のソフトウェアのチューニングが間に合って無いんでしょうね…。

新モデル発売で、旧モデルディスコンになるのにこの対応は無いと思います。これなら新モデル発売を遅らせてでも、旧モデルの生産を続けるべきですね。

■SONY商品情報・ストア>ブルーレイディスクレコーダー >本体アップデート情報
http://www.sony.jp/bd/update/




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る