So-net無料ブログ作成

SONY、カラー点灯や2台連携可能なBluetoothワイヤレススピーカー内蔵電球『LSPX-103E26』発売 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、LED電球スピーカーの新モデルとして、192色のカラー点灯機能や2台連携の音楽再生機能を備えた『LSPX-103E26』を5月21日より発売すると発表しました。

LSPX-103E26_01.jpg

販売予想価格は24,000円前後となっています。

従来のLED電球スピーカー『LSPX-100E26J』のコンセプトを引き継ぎながら、振動板の厚みを改良した新規開発スピーカーを搭載するなど、音質向上を図っています。

更に、新機能として、カラー調色機能や、2台のLED電球スピーカーを連携させて音楽を再生できるステレオモード・ダブルモード機能などを備えています。ステレオモード・ダブルモードの搭載については、前モデルのユーザーからの要望が多かったとの事です。

大きさは前モデルと同サイズの約61×116(直径×長さ)mmで、E26の口金を採用し、一般的なダウンライトやペンライト、スポットライトなどに取り付け可能。重量は約198gで、従来の約205gから7g軽量化。別途変換アダプタを用いることで、E17型の照明器具にも装着出来ます。

AV製品を住空間に溶け込ませ、「空間を活用して新たな体験を提供する」という「Life Space UX」コンセプト製品の第5弾。家の各所にLED電球スピーカーを設置して、空間を大きく変えずに音と光が楽しめるとしています。

LSPX-103E26_03.jpg
↑利用イメージ

電球前面にフルレンジのスピーカーを配置。口径サイズは従来と同じ40mm径ですが、ユニットは新規開発品。振動板の厚みを改良し、0.01mm単位で最適化して高音域の再現性を向上させたとしています。出力は2Wとなっています。

LEDを取り巻く円筒導光板には、光の拡散性を高めた乳白グローブを採用。更にLEDの選定や配置、光学設計を見直して、明るさを従来比139%の全光束500ルーメン(従来は360ルーメン)まで引き上げています。調光は32段階。消費電力はLED部分のみで6.6W、トータルでは8.6Wとの事。

LSPX-103E26_05.jpg
↑『LSPX-103E26』の内部構造

電球色は従来と同じ3,000K。新たに192色のカラー発光が可能になり、後述するスマホ用の新アプリや、付属のリモコンで調整可能。スピーカー部で再生している音楽のボリュームやリズムに連動した発光・発色パターンを楽しむ事も可能。尚、カラー発光時は明るさが色によって異なり、最高輝度(500ルーメン)にはならない他、明るさは調節できないとの事です。

LSPX-103E26_02.jpg
↑発光色の変更が可能

また、新グローブをスピーカーボックスとして活用。内部部品の配置を最適化して音抜けや音の広がりを向上させたとしています。LEDの前にユニットを配置している為、従来は点灯時に薄く黒い輪状の影が出る場合が有りましたが、光学設計の見直しで解消。また、電球前面のエッジに光が集まって濃くならない様、光がふわっと灯るようにしたとの事です。

LSPX-103E26_06.jpg
↑光の自然な広がりを実現し照明器具のシェード全体を照らすことができる広配光制御を実現している

Bluetooth 4.1接続が可能で、コーデックはSBC/AACに対応。LDACには対応していません。単体で利用できます、2台の新LED電球スピーカーをワイヤレス接続するSpeaker Add機能を備え、音楽をステレオ再生する「ステレオモード」や、両方から同じ音を流す「ダブルモード」が利用可能。

その他、音声ガイダンス機能で設定を簡単に行なえる様になり、電球スピーカーの接続状態なども確認できます。

LSPX-103E26_04.jpg
↑付属のリモコンから調光・調色ができる

スマホ用の音楽操作アプリ「SongPal」と連携する、新しいプラグインアプリとして、iOS/Android用「LED電球スピーカーアプリケーション」を用意。電源オン/オフなどのリモコン機能に加え、LED部の発光色や明るさをプリセットモードやカスタムモードを使って再生音楽と連動させる機能などを利用できます。

LSPX-103E26_07.jpg
↑iOS/Android用「LED電球スピーカーアプリケーション」を用意

2つのアプリをスマホにインストールし、新LED電球スピーカーとBluetoothペアリングする事でこれらの機能を利用可能。対応機種は、iOS 8以上を搭載したiPhone 4s以降および第5世代iPod touch以降の端末と、Android 4.1.0以降を搭載した端末となります。

LED発光色の音楽連動機能では、4パターンの発光色を楽しめるプリセットモード(Warm/Cold/Vivid/Pastel)や、再生音楽のリズム/音量/時間の3種類から好みに合わせて自由に設定できるカスタムモードを用意。

LSPX-103E26_08.jpg
↑4パターンの発光色を楽しめるプリセットモード(Warm/Cold/Vivid/Pastel)を用意

プリセットモードのうち、WarmとColdはボリュームの大きさに連動するリラックス向けのパターン。Warmは黄色からオレンジに、Coldは青から紫に変化するグラデーション発光を楽しめます。VividとPastelはパーティー向けのパターンで、音楽のリズムに合わせて鮮やかな虹色(Vivid)や淡い虹色(Pastel)のグラデーションで発光します。ステレオモードやダブルモードを使えば、2台の発光色を同時にコントロールする事も可能です。

睡眠・起床時に使う「スリープタイマー」、「ウェイクアップタイマー」を搭載。スリープタイマーは従来モデルでは消灯時間は「60分」のみ設定出来ましたが、新たに5分刻みで「5~180分」の間で設定できる様になりました。

LSPX-103E26_09.jpg
↑「スリープタイマー」、「ウェイクアップタイマー」を搭載

新搭載のウェイクアップタイマーはAndroid対応機器のみで利用できる機能で、設定した時刻に好みの明るさで点灯し、指定した音楽を再生可能。この機能はスマホ側でアプリをバックグラウンド起動し続ける必要があり、「iOS機器ではバッテリの使用量が多いために非対応とした」(SONY)としています。尚、スリープ/ウェイクアップのいずれも発光色は白色のみとなります。

音楽のボリュームや再生コントロール、調光・調色機能を備えたNFC対応リモコンが付属。対応スマホであればワンタッチでペアリング可能。また、この新リモコンから前モデル『LSPX-100E26J』の一部機能の操作もできるとの事です。

小型軽量化したり、照度を明るくしたり、発光色を変えれたり、2台連携でステレオ出力出来たりとかなり改良はされていますが、白色以外照度が変更出来なかったり、スリープタイマーやウェイクアップタイマーが白色のみの対応だったり、ウェイクアップタイマーはAndroid端末のみの対応だったりとまだ改善の余地は有りそうです。

タイマー関連はスマホの内蔵時計との連携なんで、スマホ側のアプリを起動しっぱなしにする必要が有るというのは分かりますが、どうせ寝る時にはスマホ充電してるんですから、消費電力なんて気にしないでiOS端末でも対応すれば良いと思うのですが…。

■プレスリリース
豊かな音と光の体験を届けるLED電球スピーカーを発売
~音質と明るさを向上させ、2台によるステレオ再生や192色カラー点灯などの新機能も搭載~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201605/16-0510/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る