So-net無料ブログ作成

SONY、AVアンプの新製品『STR-DN1070』、『STR-DH770』発売 [ホームサラウンド]

SONYは、4K/HDR映像のパススルーなどに対応したAVアンプ2モデルを5月21日より順次発売すると発表しました。

STR-DN1070_02.jpg
↑上位モデルの『STR-DN1070』

ベーシックなモデル『STR-DH770』が5月21日に発売し、価格は4万円。

DSDネイティブ再生やWi-Fi利用のワイヤレスサラウンドにも対応した上位モデル『STR-DN1070』は6月18日発売で、72,000円となっています。

いずれも7.1chのAVアンプで、両機種共通の特徴として、最新の4Kコンテンツのパススルーに対応。4K/60P/4:4:4や、HDR、HDCP 2.2の映像をサポートし、4K映像を高音質なサウンドと共に楽しめるとしています。

ドルビーTrueHDやDTS-HD Master AudioなどのHDオーディオに対応。また、デジタル音場処理技術でフロントスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を構築する「S-Force PROフロントサラウンド」も搭載。

尚、立体音響のドルビーアトモス(Dolby Atmos)やDTS:Xには非対応となっています。最大出力と定格出力は、DN1070が165W×7ch/100W×7ch、DH770が145W×7ch/90W×7ch(いずれも6Ω)との事。

『STR-DN1070』は、現行モデル『STR-DN1060』の後継機種で、DSDネイティブ再生やEthernet/Wi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n、2.4/5GHz)のネットワーク機能に対応。AVアンプとしての基本的な音質向上と、新たなサラウンド再生機能も搭載した上位モデルとなっています。

『STR-DH770』は現行の『STR-DH750』の後継機種。尚、もう一つの現行機『STR-DN850』は4月で生産完了となる後継モデルが無い為、AVアンプのラインナップは2製品となります。

●STR-DN1070

STR-DN1070_01.jpg

上位モデルの『STR-DN1070』は、2014年モデルから搭載している広帯域パワーアンプや、2015年モデルからの高精度プリアンプを継承しつつ、新たに32bit対応DACチップを搭載。このチップのメーカーは公表していませんが、DSDネイティブ再生に対応した他、クロックジッターの影響を受けにくいスイッチド・キャパシタ方式により、小信号の歪みが少なく高音質化を実現したとしています。

STR-DN1070_06.jpg
↑スイッチド・キャパシタ方式の新DAコンバーター

STR-DN1070_07.jpg
↑高精度プリアンプ専用IC『CXD90035』

STR-DN1070_08.jpg
↑パワーアンプブロック

32bit対応DACにより、入力から32bit DSPで処理された出力を32bitのままでDA変換。「SONYが今まで培ってきた高度なDSP技術による各機能全てが32bit DAコンバートによりグレードアップする」としています。DAC電源も強化され、新開発された高音質の表面実装キャパシタを、高容量のLDOとともに使用。周辺回路のパターニングの検討により、高い解像度で安定した低域を実現したとしています。

STR-DN1070_11.jpg
↑高精度32ビットDSP

DSDファイルは5.6MHz、5.1chまでサポート。尚、DSDネイティブ再生はメニュー内で切り替える事で利用可能となり、その際はDSPがバイパスされる為、音場補正などを含むDSP機能が利用できなくなります。

基板の高密度化に伴い、小型表面実装抵抗を必要とする回路が増えてきましたが、リード部品よりも高音質なものが無かったという理由から、SONYは部品メーカーと共同で高音質表面実装抵抗「ファインサウンドレジスター」を開発して搭載。専用の抵抗素材や構造に加えて電極に純銅を使用。「情報量が多く素直でリッチな音質を達成した」としています。ファインサウンドレジスターには、高音質の象徴として表面に「f」の文字が刻印されています。

STR-DN1070_09.jpg
↑「f」の文字が入ったファインサウンドレジスターを採用

STR-DN1070_10.jpg
↑シャーシ

ネットワーク機能を持つ『STR-DN1070』は、DLNAやAirPlay再生の他、Google Castもサポート。スマホからの操作で、対応する音楽配信サービスなどが利用出来ます。

STR-DN1070_05.jpg
↑Wi-Fiアンテナ部

新たに、スピーカーとのワイヤレス接続機能を強化。10月に予定されているアップデートにより、SongPal Linkの2つの機能「ワイヤレスサラウンド」と「ワイヤレスマルチルーム」に対応します。

ワイヤレスサラウンドは、Wi-Fi搭載の対応スピーカーを、サラウンド再生のリアスピーカーとして利用可能にする機能。対応スピーカー第1弾である、SONYのWi-Fi/Bluetooth搭載モデル「h.ear go(SRS-HG1)」を2台用意する事で、ワイヤレス接続のリアスピーカーとなります。尚、ワイヤレス接続時の伝送フォーマットは非公開となっています。

ワイヤレスマルチルームは、複数のSongPal Link対応スピーカーなどを連携させ、別々の部屋で同時に音楽を楽しめる機能。PCやNAS、USBメモリ内の楽曲や、Google Cast対応アプリのコンテンツが利用でき、家じゅうで同じ曲や別の曲を同時に再生可能です。

両機種ともBluetoothを搭載し、スマホなどの音楽をワイヤレスで受信して聴くことが可能。NFCで、対応スマホとワンタッチでペアリング出来ます。Bluetooth接続時も高音質で伝送できるLDACもサポート。Bluetoothの操作はSongPalアプリで行なえます。

STR-DH770_01.jpg
↑STR-DH770

自動音場補正機能を搭載し、上位モデルのDN1070は、自動位相マッチング機能「A.P.M」も利用できる「アドバンストD.C.A.C.」。DH770はA.P.Mに対応しない「D.C.A.C.」を備えています。

DN1070は、MP3やAAC等の圧縮音源をアップコンバートして高域補間などを行ない音質を改善する「DSEE HX」も搭載。

両機種とも、フロントハイスピーカーを使って高さ方向の音場を表現できる「HD-D.C.S. フロントハイ」に対応。DN1070は、有線接続時のマルチルーム機能を搭載。5.1chや3.1chで余っているスピーカー端子を独立して使用し、メインルームとは別で2部屋(Zone3)まで分けて使えます。

HDMIは、DN1070が6入力/2出力で、DH770が4入力1出力。その他の入力端子は、コンポジット×2、、光デジタル×1、同軸デジタル×1、アナログ音声×4。出力端子はコンポジット×1、サブウーファ×2、ヘッドフォン×1を用意。ウォークマンやiPhoneとデジタル接続して高音質再生できるUSB端子も前面に装備します。

STR-DN1070_03.jpg
↑『STR-DN1070』の背面

STR-DH770_03.jpg
↑『STR-DH770』の背面

USB再生の対応フォーマットは、DN1070がDSD(5.6MHz)と、WAV/FLAC/AIFF/Apple Lossless(ALAC)の最大192kHz、MP3/AAC/WMA。DH770は、WAV/FLACの48kHz迄と、MP3/AAC/WMAとなります。

消費電力はDN1070が190W(待機時0.4W)、DH770が180W(同0.3W)。外形寸法と重量は、DN1070が430×329.4×172(幅×奥行き×高さ)mm、10.5kg。DH770が430×329.4×156(同)mm、7.8kg。付属品は、音場補正用のマイクや、FMアンテナ線等となっています。

同梱するリモコンは、DN1070が『RMT-AA20U』、DH770が『RMT-AA231U』となります。

STR-DN1070_04.jpg
↑『STR-DN1070』の付属リモコン『RMT-AA20U』

STR-DH770_04.jpg
↑『STR-DH770』の付属リモコン『RMT-AA231U』

国内のAVアンプのラインナップはどんどん減って来ましたが、遂に2モデルになっちゃいましたね…。まぁ、国内では住宅事情からセパレートの5.1chや7.1chのスピーカーを配置出来る様な環境はあまり無いですし、バータイプの擬似サラウンドスピーカーが売れている中、2モデルだけでもAVアンプを残してくれるのは有りがたい事なのかもしれませんね…。

■プレスリリース
DSDネイティブ再生などのハイレゾ音源再生や最新4K/HDR規格に対応
マルチチャンネルインテグレートアンプ2機種を発売
~臨場感ある本格的なサラウンド視聴をより気軽に楽しめる~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201604/16-0425/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る