So-net無料ブログ作成
検索選択

NTTドコモ、Xperia Z4『SO-03G』をAndroid 6.0にバージョンアップ [Xperia]

NTTドコモは、Xperia Z4『SO-03G』に対し、OSをAndroid 6.0にバージョンアップするソフトウェアアップデートプロブラムをリリースしました。

SO-03G_2.jpg

また、Xperia Z5『SO-01H』、Xperia Z5 Compact『SO-02H』、Xperia Z5 Premium『SO-03H』の3機種には、STAMINAモードに対応するソフトウェア更新を提供しています。

Xperia Z4『SO-03G』のバージョンアップでは、見ている画面に関連する情報を提案するAndroid 6.0の新機能「Now on Tap」が利用できる様になります。

その他、アプリごとにバックグラウンドの動作を制限できる消費電力の最適化機能、アプリごとに利用できる権限を指定する機能などが追加されます。UI面では、カメラアプリやホーム画面などが更新されます。

バージョンアップにより、FeliCaを利用したワンタッチ設定と、HDMI接続した機器での5.1chオーディオ再生が利用出来なくなります。「STAMINAモード」は、バージョンアップ後も利用可能。また、バージョンアップに併せて、ごくまれに電源が再起動する場合があるという不具合が修正されるとの事です。

更新はユーザーの操作により行います。端末単体でWi-Fiかドコモの3G/LTE回線を利用する方法と、PCでソフトウェア「PC コンパニオン」を介して行う方法が有ります。所要時間は、端末単体での更新の場合で約108分、PCを利用する場合は約55分となっています。

端末単体で3G/LTE回線を利用する場合は、ドコモのspモード契約のあるSIMカードが必要。更新の際の通信料は無料。更新後、ビルド番号は「32.1.E.1.38」となります。

Xperia Z5『SO-01H』、Xperia Z5 Compact『SO-02H』、Xperia Z5 Premium『SO-03H』では、3月に提供開始されたAndroid 6.0バージョンアップにより非対応となっていた省電力機能「STAMINAモード」が再び追加されます。また、特定環境下でスモールアプリが利用できない不具合が修正されます。

更新ソフトウェアは自動でダウンロードされ、ユーザーの操作によって適用されます。端末単体での更新の場合は、ドコモの3G/LTE回線またはWi-Fiが利用可能。所要時間はXperia Z5が約25分、Xperia Z5 Compactが約23分、Xperia Z5 Premiumが約25分となります。

PCで「PC コンパニオン」を利用しての更新も可能。その場合、所要時間はXperia Z5が53分、Xperia Z5 Compactが約33分、Xperia Z5 Premiumが約43分となります。更新後のビルド番号は3機種とも共通で「32.1.F.1.38」となります。

Z4のAndroid 6.0アップデートは良いですが、FeliCaによるワンタッチペアリングとか、HDMI接続時の5.1ch出力に非対応になるっていうのはどうなんでしょうかね…。ソニモバ独自機能がOSアップデートでオミットされるっていうのは酷い話しです…。OS側の制限というよりか、アップデートによってプロブラム的に干渉するっていう事でしょうが、何とか回避する術は無いんでしょうか?

■NTTドコモ>ホーム>お客様サポート製品・サービスのご利用・ご活用情報>製品アップデート情報>提供中の製品アップデート情報>Xperia Z4 SO-03Gの製品アップデート情報
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product_update/list/so03g/20160419.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る