So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、4K/120fps HS撮影可能なAXSカード、レコーダ新モデル発売 [プロフェッショナル映像機器]

SONYは、CineAlta 4Kカメラ『PMW-F55』と組み合わせて、4K/120fpsでのハイフレームレート撮影や、最大30秒さかのぼっての撮影などを可能にするAXSメモリーカードの新シリーズ「S48」と、対応レコーダ「AXS-R7」を今夏に発売すると発表しました。

AXS-R7_01.jpg
↑AXS-R7

価格はレコーダの『AXS-R7』が80万円。S48シリーズのメモリーカード、1TBモデル『AXS-A1TS48』、512GB『AXS-A512S48』はオープンプライスとなっています。

SONYは2014年に4K録画に対応したRAWレコーダー『AXS-R5』と、その専用の記録メディアとしてAXSメモリーカードを開発。

カメラは『PMW-F55/F5』を組み合わせ、4K撮影の実績を重ねて来ました。今回の新製品は、より機能強化したレコーダとメモリーカードとなります。

AXS-R7_02.jpg
↑『AXS-R7』を、『PMW-F55』にドッキングしたところ

AXS-A1TS48_01.jpg
↑S48シリーズのメモリーカード

F55、AXS-R7、S48シリーズのAXSメモリーカードを組み合わせる事で、4K(4,096×2,160pix)で120fpsのハイフレームレート撮影に対応。4Kで5倍速(24P運用時)のスローモーションを、メディアの記録時間の限り秒数制限なしに収録可能となっています。

RECボタンを押す前の映像を内蔵メモリに蓄積する事で、RECボタンを押したタイミングからさかのぼって収録できる「キャッシュレック」も実現。最大約30秒(23.98P/24.0P運用時)さかのぼる事ができ、自然界での撮影タイミングが難しい場面でも、大切な瞬間を逃さずに記録できるとしています。

更に、『AXS-R5』ユーザーの要望を反映させ、堅牢性や防塵防滴性も強化されています。

組み合わせるカメラの『PMW-F55』は、2016年夏のファームウェアアップデートにより、レコーダの『AXS-R7』の動作に対応予定。同ファームでは、XAVC 4K/QFHD記録で、従来のClass 300(300Mbps/29.97P記録時)に加え 高ビットレートモードのClass 480(480Mbps/29.97P記録時)も追加されます。

メモリーカムレコーダの限界かもしれませんが、120fpsだと映画作品向けの5倍HSは妥当かもしれませんが、テレビ放送用途の2倍HSというのは使い辛いですね…。まぁ、R5より堅牢性が上がって防塵仕様になっているだけでもR5から乗り換えるメリットは有るんですが…。

■プレスリリース
4K 120fpsのハイフレームレート撮影やキャッシュレック機能を実現する
CineAlta[トレードマーク] 4Kカメラ『PMW-F55』専用レコーダー『AXS-R7』発売
http://www.sony.jp/professional/News/info/pb20160418_2.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る