So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、NAB2016で業務調4K・8倍速スローカメラ等4K製品群を公開 [プロフェッショナル映像機器]

SONYは、18日から米国ラスベガスで開催されている国際放送機器展「NAB 2016」において、Beyond Definitionをテーマに出展。

HDC-4800_01.jpg
↑HDC-4800

4Kなど次世代放送を見据えた新製品や様々な映像制作ソリューションを提案。

スーパースロー撮影対応の『HDC-4800』など多数の新製品を展示しています。

●4K・8倍速スロー撮影対応『HDC-4800』

『HDC-4800』は、4K・8倍速スーパースロー映像を撮影できるライブカメラシステム。カメラの『HDC-4800』とベースバンドプロセッサユニット『BPU-4800』で構成され、2016年秋に発売。参考価格は4,000万円となっています。

HDC-4800_02.jpg
↑『HDC-4800』と『BPU-4800』

新開発のSuper 35mm単板CMOSイメージセンサーにより、データ読み出し処理を高速化。4K/3,840×2,160ドット映像で最大8倍速、フルHDで最大16倍速のスローモーション映像を実現できる。

ベースバンドプロセッサユニットには、大容量ストレージ機能を搭載し、4K映像を8倍速で最大4時間連続記録可能。外部ストレージにデータ転送せずに本体内で編集出来る為、制作フローの効率化やオペレータの工数削減が図れるとしています。

ネットワーク(10G)接続により、複数サーバー間のファイル共有を実現できるShare Playに対応。ライブ制作インフラのIP化に対応しています。BT.2020などの広色域規格に対応。

●4K XDCAMの新モデル『PXW-Z450』

PXW-Z450_01.png
↑PXW-Z450

また、2/3型4K CMOSイメージセンサー搭載のXDCAMメモリーカムコーダーの新製品『PXW-Z450』も発表。2/3型B4レンズマウント対応のショルダー型のカムコーダーで、4K/60P記録に対応。日本でも後日発表予定としています。

●4Kスイッチャー『XVS-7000』『XVS-6000』

4Kマルチフォーマットプロダクションスイッチャーは、小型化を図った『XVS-7000」、「XVS-6000」を発表。2016年内に発売し、参考価格は『XVS-7000』が4,500万円、『XVS-6000』が3,500万円。SDIだけでなく、ネットワークで接続した各種映像機器との間でIP信号での入出力に対応します。

XVS-7000_01.jpg
↑XVS-7000

4Kのハイスピードカメラ開発の噂は以前から有りましたが、8倍速って60Pに対する8倍の480P撮影可能っていう事なんでしょうか?今のところプレスリリースのみでスペック詳細が出ていないので気になります…。

■プレスリリース
NAB 2016 出展について
4KやHDR、IP伝送、アーカイブなど最新の映像制作ソリューションを提案
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201604/16-035/index.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る