So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、レーザー光源の4Kプロジェクタ『VPL-GTZ270』『VPL-GTZ280』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、4K SXRDパネルやレーザー光源を搭載した業務用液晶プロジェクタ『VPL-GTZ270』と『VPL-GTZ280』を5月上旬より発売すると発表しました。

VPL-GTZ270_01.jpg
↑VPL-GTZ270/VPL-GTZ280(筐体デザインは共通)

『VPL-GTZ270』は高輝度/広色域対応で、想定売価は800万円前後、『VPL-GTZ280』は4K/120P投写対応可能で実売価格は560万円前後となっています。

4,096×2,160pixの0.74型ネイティブ4K SXRDパネルを搭載したプロジェクタ。ネイティブコントラストは2万:1で、輝度はGTZ270が5,000ルーメン、GTZ280が2,000ルーメン。高輝度やハイフレームレート、HDR対応等、用途に合わせて構成を選択出来ます。

GTZ270は、高画質映像の再現性に優れ、美術館、博物館、映像試写室、プラネタリウム等のビジュアルエンターテインメント向け、GTZ280は、ハイフレームレート対応により、フライトシミュレーションの様に、映像の動きに滑らかさが求められる用途に適しているとしています。

VPL-GTZ270_02.jpg

レーザー光源の採用により、約2万時間の長時間運用が可能。HDR映像に対応可能で、GTZ270は標準で対応、GTZ280はオプションの『LSM-HDR1』(110万円)を追加してHDR対応となります。GTZ270は、BT.709を超える色域をカバーし、DCIやBT.2020にも対応可能としています。

4K/30Pの3D表示も可能で、GTZ280はオプションの『LSM-120P1』(110万円)を追加して60Pに対応可能。また、GTZ280は『LSM-120P1』追加で、4K/120P表示も行なえます。

レンズのズーム/フォーカスは電動で、レンズシフトに対応。入力端子はDisplay Portや、HDMI×2(GTZ270のみ)など。新開発のシールド密閉構造や液冷機構により、30~35dBの静音設計を実現したとしています。スタック運用による輝度向上にも対応します。

VPL-GTZ270_03.jpg

消費電力は約1.2kW。外形寸法は約550×750×262(幅×奥行き×高さ)mm、本体重量は約40kgとなります。

これって、米SONYが昨年10月に2016年春に発売予告を行った『VPL-VW5000ES』と筐体デザイン、仕様とも同じなんですが…。

『VPL-VW5000ES』として発表された時は、ホームシアタープロジェクタとされていたんですが、型番も変わり、業務用としたのは、価格帯的にコンスーマー向けじゃないと判断したんですかね?

最高構成で4K/120P/HDR対応っていうのは凄いですが、そんなコンテンツを作るのが大変な気がします…。業務用マスモニだって、4K/60P/HDR対応迄しかしていませんし…。

■プレスリリース
4K映像を忠実に投写するネイティブ4K(4,096×2,160ピクセル)パネルを搭載した
業務用4K SXRD[トレードマーク]レーザー光源プロジェクターを発売
http://www.sony.jp/professional/News/info/pb20160414.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る