So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、ハイレゾ対応サウンドバー『HT-NT5』発売 [ホームサラウンド]

SONYは、テレビ向けの2.1chオーディオシステム新製品として、ハイレゾ対応の薄型サウンドバーを採用した『HT-NT5』を5月21日に発売すると発表しました。

HT-NT5_01.jpg

HDMIやネットワーク機能を備えたサウンドバーと2.4GHzワイヤレスサブウーファで構成。

販売予想価格は8万円前後となります。

2015年モデル『HT-ST5』の後継で、テレビのトレンドに合わせた4K/HDR映像のパススルー対応とした他、低背デザインながらハイレゾもサポート

更に、リアスピーカーをワイヤレス接続できる新サラウンド機能を採用したのも特徴となります。

従来モデルも4K映像のパススルーに対応していますが、新たにHDR映像のパススルーもサポートした事で、HDR対応コンテンツの再生時も、再生機から『HT-NT5』を経由してテレビに映像出力可能。

「4K/HDRコンテンツも一番良い画と良い音で楽しめる」としています。『HT-NT5』にはHDMIケーブルも1本付属。著作権保護のHDCP 2.2もサポートします。

ネットワーク機能は、Wi-FiとEthernet、Bluetoothに対応。Google Castもサポートし、対応する音楽配信サービスの曲などをネットワーク経由で聴けます。Bluetoothは送受信の両方が行なえ、対応コーデックはLDACとAAC、SBC。NFCも備え、対応スマホなどとワンタッチでペアリング出来ます。

HT-NT5_02.jpg
↑NFCペアリング可能

ハイレゾ楽曲にも対応し、WAV(PCM)やAIFF、FLAC、Apple Lossless(ALAC)の192kHz/24bitをサポート。DSD 5.6MHz/2.8MHzはリニアPCMに変換して再生出来ます。

グリル非装着時で薄さ5.8cm(装着時6.4cm)の低背デザインを採用し、テレビの前に平置きする方法と壁掛けの2通りに対応。

HT-NT5_03.jpg
↑テレビとの組み合わせ例

ユニットは、14mm径ソフトドーム2基と、アコースティックサスペンション型の60mm径コーンウーファ1基を左右に装備。ツイータ2基は2つの独立したアンプで駆動し、1基は前面、1基は天面に装備。平置き時は天面のツイータがスーパーツイータとして動作します。

HT-NT5_07.jpg
↑ツイータは天面と前面に装備

壁掛け時は、平置き時の前面ツイータが下を向く為、このユニットを使わずに、平置き時の天面ツイータだけで高域を受け持ちます。こうしたツイータの切り替えは、内蔵のジャイロセンサーで判別して自動で行なうとの事。

HT-NT5_04.jpg
↑壁掛け(上)と平置き(下)の両方に対応

内蔵アンプはデジタルアンプのS-Master HXで、フロント用が75W×2、35W×2、25W×2の3ウェイ。サブウーファは130W。DTS-HD Master AudioやドルビーTrueHDなどのHDオーディオに対応。リニアPCMは2ch/5.1ch/7.1chの再生に対応します。

バーチャルサラウンド機能のS-Force Pro Front Surroundも搭載。圧縮音源の高音質化機能としてDSEE HXに対応する他、セリフ明瞭化のクリアボイスを搭載。小音量時の最適化技術サウンドオプティマイザーは常時ONとなります。

サブウーファ部には160mm径ユニットを搭載。Σ磁気回路によって、原音に忠実な低音再生を実現したとしています。エンクロージャはバスレフ型となります。

HT-NT5_05.jpg

『HT-NT5』はサラウンド用スピーカーを搭載しませんが、別売のワイヤレススピーカーを使用する事でリアル4.1chサラウンドに拡張出来ます。リアスピーカーとして利用できる製品の第1弾は、4月16日に発売するWi-Fi/Bluetooth搭載モデル「h.ear go(SRS-HG1)」となります。

ワイヤレスリアスピーカー接続は、スマホ/タブレット用のSongPalアプリを使った「SongPal Link」の新機能「Wireless Surround」により実現。SongPal Linkは、既存の機能として複数の部屋で同時に同じ曲を聴く「Wireless Multi-room」が有りますが、これに加え、Wireless Surroundと、2台のスピーカーをワイヤレス接続してステレオで聴く「Wireless Stereo」に、6月以降のソフトウェアアップデートで対応します。

Wireless Surroundは、対応のワイヤレススピーカーを、サラウンド再生のリアスピーカーとして利用可能にする機能。前述のWi-Fi/Bluetooth搭載スピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」が同機能に対応しています。『SRS-HG1』を2台用意すると『HT-NT5』のリアスピーカーとして4.1ch環境になります。リアスピーカーと接続する際の伝送フォーマットは非公開となっています。

リアスピーカー接続は、従来モデルのユーザーからも要望が高く、設置が手軽なサウンドバーでも、ワイヤレス接続でリアスピーカー設置への対応が求められていたとしています。

消費電力は、サウンドバー部が約50W、サブウーファ部が約25W。待機時はいずれも0.5W以下。入力端子は、HDMI×3、光デジタル×1、ステレオミニ×1。出力はHDMI×1となります。

HT-NT5_06.jpg
↑端子部

外形寸法は、サウンドバーのグリル非装着時が1,080×127×58(幅×奥行き×高さ)mm、グリル装着時は高さ64mm。サブウーファは約190×386×382(同)mm。重量は、サウンドバーが約3.2kg、サブウーファが約8.1kg。ワイヤレスリモコンや、HDMIケーブル(4K/60p、18Gbps対応、1.5m)、壁掛け用ブラケット×2、ネジ×2、グリル脱落防止用フック×2などが付属します。

CES2016で初お披露目でしたが、意外と販売迄時間が掛かりましたね。壁掛けの際にオートジャイロでツィーターの切り替えが行われるというのは良いアイディアだと思います。

4KのHDR信号のパススルー可能としていますが、HDR信号はHDMIでの伝送が可能なメタデータなんですから、既存のサウンドバーでもファームのアップデートで対応可能な気がするんですが…。

デザインも良いですし、ハイレゾ対応やWireless Stereo対応等、音質次第ではちょっと羨ましいです…。

■プレスリリース
薄型デザインとハイレゾ音源再生を両立し、
ワイヤレスサラウンドや最新の4K/HDRにも対応するサウンドバー『HT-NT5』発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201604/16-0407B/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る