So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、600mm超望遠レンズ搭載Cyber-Shot「RX10III」を国内発売 [Cyber-shot/α]

SONYは、先日米国で先行発表を行った、焦点距離24~600mmの新開発光学25倍ズームレンズを搭載した4K動画撮影も可能な1インチセンサー内蔵サイバーショット「RX10 III」(DSC-RX10M3)を5月20日に発売すると発表しました。

DSC-RX10M3_07.jpg

販売予想価格は17万円前後となっています。

大口径高倍率ズームレンズを搭載しているのが特徴で、35mm換算で24~600mmの25倍、ZEISS Vario-Sonnar T*レンズを採用しています(RX10 IIは24~200mmの光学8.3倍)。明るさはF2.4~F4となります。

既発売の「RX10II」をベースに、より高倍率のレンズを搭載し、機能も強化しています。但し、RX10IIはズーム全域でF値が2.8であり、NDフィルタも搭載しているなど、RX10IIIよりも優れた部分があります。

2機種は併売し、RX10IIは40~60代のハイアマチュア男性やビデオグラファー向け、RX10IIIはそれよりも更にスポーツや野生動物撮影等を行いたいというユーザーに向けたモデルとなるとの事です。

ワイドな風景からスポーツ、野生動物等、「あらゆるシーンを一台でカバーできる」としています。スーパーEDガラス1枚、ED非球面レンズ2枚を含む、EDガラス8枚を使い、ズーム全域で高コントラストな描写を実現。

独自の成型技術を用いた、非球面のAAレンズなども駆使しています。絞りは9枚羽根の円形絞り(前モデルは7枚)。3cmまで近づけるマクロ撮影も可能。光学式手ぶれ補正も備えていて、最大4.5段の補正効果が得られます。

DSC-RX10M3_08.jpg
↑RX10IIIの最大ズーム時

センサーはメモリー一体型で積層型の1型、有効2,010万画素のExmor RS CMOSを搭載。信号をDRAMに一時保管する事で、高速読み出しを可能にしており、後述するスーパースローモーション撮影、アンチディストーションシャッターなどの機能が利用可能。映像処理エンジンは「BIONZ X」となっています。

高速読み出しが可能なセンサーと望遠レンズを組み合わせ、多彩な撮影に対応。例えば、テニスなどの高速被写体を撮影する際に起こりやすい、動体歪みを低減する。電子シャッターは最高32,000分の1秒を実現。連写も最高約14コマ/秒で、ブラックアウトしにくく、決定的な構図や一瞬の表情を逃さず撮影できるとしています。

望遠での野鳥撮影や、子供の発表会など、音を立てづらいシーンの撮影に対応する為、シャッター音を出さずに撮影できるサイレント撮影機能を備えています。更に、ズームアシスト機能も新たに搭載。望遠で被写体を見失った時等に、カスタムキーを押すだけでズームアウトし、広角で見渡す事が出来ます。ボタンを離すと、元の状態に戻る仕様となっています。

DSC-RX10M3_02.jpg
↑RX10IIIの背面

動画はXAVC Sで、最高3,840×2,160pixの4K、30p、100Mbpsで撮影可能。モアレやジャギーを低減する為、4K録画に必要な情報量よりも1.7倍多くの情報をセンサーから全画素読み出し、4K解像度で記録する事で、オーバーサンプリング効果が得られます。1080/60pで最大50Mbpsの録画や、AVCHDでの録画も可能。

最高960fpsのスーパースローモーション撮影にも対応。動画の設定可能範囲は前モデルと同等ですが、高倍率ズームにより、スポーツやレース競技など、離れた場所からの撮影で活用の幅が広がっているとしています。

スローモーションのフレームレートにより、撮影解像度や撮影可能時間が変わります。例えば、240fpsの場合、1,824×1,026/60p記録/2秒間、1,676×566/60p記録/4秒間。960fpsの場合は、1,136×384/60p記録/2秒間、800×270/60p記録/4秒間となります。

MOVIEボタンを押した瞬間からさかのぼって記録するエンドトリガ―にも対応。4K動画で撮影しておき、後から829万画素を切り出す事も可能となります。

広いダイナミックレンジでの記録ができるS-Log2 ガンマ、タイムコード、ピクチャープロファイル、マーカー表示などプロのワークフローで活用できる機能も搭載。外部レコーダと組み合わせる為に、HDMI端子からアイコンなどの表示をOFFにして映像のみを出力する事も出来ます。

AFも高速なファストインテリジェントAFを採用。約0.09秒の高速AFを実現するもので、進化した空間被写体検出アルゴリズムを用いて、ピントを予測。レンズには3つのリングを備え、フォーカス、ズーム、絞りを設定可能。フォーカスホールドボタンも横に備えており、異なる機能を割り当てる事も可能です。

DSC-RX10M3_09.jpg
↑絞り・ズーム・フォーカスの3つのレンズリングを搭載

DSC-RX10M3_10.jpg
↑レンズの側面にはフォーカスホールドボタン

0.39型/約235万画素の有機ELファインダーも装備。背面の液晶は3型の122万画素。上に107度、下に42度まで向きをかえられる可動式となります。

DSC-RX10M3_04.jpg
↑液晶モニターはチルト式

人間工学に基づいたデザインの筐体を採用。ホコリや水の侵入を完全に防ぐ訳では有りませんが、防塵防滴に配慮された設計となっています。無線LANも搭載し、NFCもサポート。外形寸法は132.5×127.4×94(幅×奥行き×高さ)mm、重量は本体のみで約1,051g、バッテリとメモリーカード込みで約1,095g。SDカードとメモステ デュオが利用可能です。

米国発表時は詳細スペックが分かりませんでしたが、こうして国内リリースのスペックを見る限り、限りなくαシリーズに近いサイバーショットという事が分かります。24mm~600mmの購買率レンズ搭載なら、たいていの用途をカバー出来ますし、難点は重量が1kgを超えている事ぐらいでしょうか…。

ただ、最近Eマウントαを借りて撮影を試してみたりしましたが、スチルはまだしも動画は本体が軽いと、移動撮影時に手ぶれ補正機能では補正しきれない揺れが多く、使いものにならない事が分かりました。

動画撮影時は、RX10シリーズぐらいの重量が有る方が、安定して撮影が出来そうです。長時間のハンディ撮影は体力的に厳しそうですが…。

また、αシリーズ、サイバーショットシリーズ共に動画撮影機能が充実して来ましたが、実質のバッテリーの持ちはサイバーショットの方が良いんですよね…。

個人的にはフルサイズセンサー搭載によるボケ足が必要という事でなければ、RX10IIIの方が動画撮影には適していると思います。

あと、業務用カムコーダーでもそうなんですが、S-Log2撮影ってS/Nが酷いんですが、R10IIIではBIONZ-Xでデノイズとか掛けてるんでしょうかね?機会があればテスト撮影してみたいと思います。

■プレスリリース
新開発24-600mm F2.4-4の大口径・高倍率ズームレンズ搭載
1台で広角から超望遠まで幅広いシーンの高画質な撮影を実現するRXシリーズ『RX10 III』発売
~4K高解像度の動画記録やスーパースローモーション機能にも対応~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201604/16-0408/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る