So-net無料ブログ作成

米SONY、光学25倍Cyber-Shot RX10III発売 [Cyber-shot/α]

米SONYは1インチのセンサーや、焦点距離24~600mmの新開発光学25倍ズームレンズ、4K動画撮影機能を備えたサイバーショット『DSC-RX10M3』」を5月に米国で発売すると発表しました。

DSC-RX10M3_01.jpg

価格は1,500ドル。国内での発売は未定となっています。

センサーはメモリー一体型で積層型の1型、2,010万画素のExmor RS CMOSを搭載。映像処理に「BIONZ X」を搭載しています。

DSC-RX10M3_06.jpg
↑センサーは積層型の1型、2,010万画素のExmor RS CMOS

最大の特徴は、35mm換算で24~600mmの25倍、ZEISS Vario-Sonnar T*レンズを採用している点(RX10 IIは24~200mmの光学8.3倍)。

DSC-RX10M3_03.jpg
↑光学25倍ズーム

フィルター径は62mmから72mmにサイズアップしている。絞り羽根は9枚となっています。

明るさはF2.4~F4。スーパーEDレンズ、EDレンズなどを用いて、高コントラストでシャープ描写を追求。コーティングでフレアやゴーストも最小化しているとしています。0.09秒で合焦できるという高速なオートフォーカスも搭載します。

感度はISO100-12800。拡張でISO64、ISO80を選べる。 瞳AFも利用可能。最高シャッター速度は、メカシャッターで1/2,000秒(開放寄りでは最高1/1,000秒)、電子シャッターで1/32,000秒。最高連写速度は、速度優先モードで14コマ/秒、AF追従では5コマ/秒。

DSC-RX10M3_02.jpg
↑RX10IIIの背面

光学手ブレ補正機能も備え、シャッタースピード換算で最大約4.5段分の補正効果があるとしています。

動画は最高3,840×2,160pixの4Kで撮影可能。モアレやジャギーを低減する為、4K録画に必要な情報量よりも1.7倍多くの情報をセンサーから全画素読み出しし、4K解像度で記録します。XAVC Sの最高100Mbpsで記録可能。フルHDで最大50Mbpsの録画も可能。DRAMチップを一体化しており最高960fpsのスーパースローモーション撮影にも対応します。

広いダイナミックレンジでの記録ができるS-Log2 ガンマ、S-Gamut、タイムコードなどにも対応。モニタリング用のヘッドフォン出力も装備しています。

液晶モニターは3型約123万pixの上下チルト式。

DSC-RX10M3_04.jpg
↑液晶モニターは3型123万画素

EVFは0.39型約236万pixのOLED。Wi-Fi/NFC機能を搭載。PlayMemories Camera Appsを利用可能となります。

DSC-RX10M3_05.jpg

外形寸法は132.5×94×127.4(幅x高さx厚さ)mm。重量は約1,095g(バッテリーとメディア込み)。

RX10 IIのサイズと撮影時重量は129×88.1×102.2mm、約813gだった為、レンズ変更に伴う多少の大型化が進んでいます。バッテリーは従来通り『NP-FW50』となります。

元々光学ズームがウリのRX10シリーズですが、遂に光学25倍ズーム迄来ました。RX10やRX10IIの光学8.3倍というのはちょっと物足りなかったので、光学25倍はかなり魅力的です。

ただ、お陰で重量は1kgを超えてますし、ここまで来るとレンズ一体型の意味が有るのか疑問です…。レンズ交換式であれば、いつも重いレンズを持つ必要有りませんし…。

■プレスリリース(米SONY/英文)
http://blog.sony.com/press/sonys-new-cyber-shot-rx10-iii-camera-brings-extended-zoom-capability-to-acclaimed-rx-line/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る