So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、夜間でも高精細なカラー動画撮影が可能なネットワークカメラ『SNC-VB770』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、35mmフルサイズのExmor CMOSセンサーを搭載し、Eマウントを採用、4K映像を撮影できる業務用ネットワークカメラ『SNC-VB770』を8月に発売すると発表しました。

SNC-VB770_01.jpg

業界最高水準の最低被写体照度0.004ルクス以下も実現。

レンズは別売で、想定売価は85万円前後となっています。

昼夜問わず高い監視精度が求められる空港や港湾、河川、交通の監視などでの利用を想定したネットワークカメラで、肉眼ではほぼ被写体が見えない様な低照度環境でも、滑らでブレない映像撮影が可能で、薄暗い場所でも文字や数字を的確にトラッキングしたり、人の表情まで鮮明に捉えることが出来るとしています。

↓使用用途例(イメージ)

SNC-VB770_02.jpg
環境整備(道路氷結の確認等)

SNC-VB770_03.jpg
トンネル内運行状況確認

センサーには、高い集光効率を持つ35mmフルサイズのExmor CMOSを採用。有効画素数 は約1,220万画素。低照度でも解像度を維持したまま低ノイズを実現する「エリア分割ノイズリダクション」技術や、高い解像感による自然な立体感を再現可能にする「ディテールリプロダクション」技術といった、SONY独自の画像処理エンジンも搭載しています。最低被写体照度は0.004ルクス以下で、4Kネットワークカメラとして業界最高水準だとしています。

SNC-VB770_04.jpg
↑実際の視覚イメージ

SNC-VB770_05.jpg
↑『SNC-VB770』での撮影画像

レンズは別売で、Eマウントを採用。推奨レンズとして『SEL28F20』、『SEL35F14Z』、『SEL35F28Z』、『SEL55F18Z』が挙げられています。

その他の対応可能なレンズは検証中で、「発売までにお知らせする」としています。Eマウントレンズを利用できることで、「使用環境に合わせた画角で、広域から細部までを幅広く高解像度で捉えられる」との事。

動画はMPEG-4 AVC/H.264で、3,840×2,160/30P、2,880×2,160/30P、1,920×1,080/30P、1,440×1,080/30Pなどが選択可能。JPEG形式で2.5fpsのエビデンスショットを行なう場合は、解像度4,240×2,832Pixに対応します。音声はG.711、G.726、AAC-LC(16/48kHz)。

4K画面の中から、注目したい領域や動体を指定し、VGA(640×480)で最大4箇所の映像を、高精細に切り出す「インテリジェントクロッピング」機能を搭載。領域を指定するだけでなく、動体検知に連動して注目したい被写体を追尾する事も可能です。

SNC-VB770_06.jpg
↑インテリジェントクロッピング(イメージ図)

天候・時間・光条件などの環境に合わせて、シャッタースピードやゲインなどのパラメータを自動的に切り替える「インテリジェントシーンキャプチャー」機能も用意。事前にマニュアルで設定したパラメータを時間帯に応じて切り替える事も可能です。

SNC-VB770_07.jpg

4Kマルチストリーミング時には、明部/暗部の視認性を飛躍的に向上させ、逆光状態でも映像の白とびや黒つぶれを抑えて撮影できる独自のワイドダイナミックレンジ機能「View-DR」も利用可能となっています。

専用アプリをダウンロードして、Wi-Fi対応スマホなどから画角を確認する事も出来ます。

センターフェイスはEthernet、HDMI、音声入力、センサー入力、アラーム出力を搭載。外形寸法は、約104×118×84.6(幅×奥行き×高さ)mmで、重量は約700g。電源はDC12V、AC24V、PoE(IEEE802.3af準拠)となります。

一昔前は、監視カメラに4K、しかもフルサイズセンサー搭載なんて考えられませんでしたが、本来監視カメラこ高解像度、高感度が要求されますから、製品の意義は充分に有りますね。

■プレスリリース
業界最高水準の最低被写体照度0.004ルクス以下を実現
夜間や暗所でも高精細カラー動画撮影が可能な4K対応ネットワークカメラ発売
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201603/16-024/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る