So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、新UI採用のBDレコーダー4モデル発売 [BD/HDDレコーダー/VTR]

SONYは、UIを一新したBDレコの新モデル4モデルを4月30日に発売すると発表しました。

BDZ-ZT2000_01.jpg
↑BDZ-ZT2000(外観は全モデル共通)

販売予想価格はトリプルチューナモデルの『BDZ-ZT2000』(HDD容量2TB)が8万3,000円前後、『BDZ-ZT1000』(1TB)が7万円前後。Wチューナの『BDZ-ZW1000』(1TB)が6万円前後、『BDZ-WT500』(500GB)が5万円前後となります。

尚、シングルチューナモデルは用意されていません。

BDレコの買い替え、買い増しのサイクルは約5年とされており、2010年やアナログ停波が行なわれた2011年にレコーダを購入した人が多く、2016年はその買い替え、買い増しサイクルにあたる為、SONYでは市場が活性化すると予測。幅広いユーザーが使いやすい、操作性を高めたレコーダを投入するとしています。

全モデルに共通するのは、UIを刷新した事。従来は左右に機能項目、上下にコンテンツなどが並ぶ「クロスメディアバー」を採用していましたが、新モデルではこれを上下2階層構造のホーム画面に変更。

色味もクロスメディアバーのブルーから、ややクリーム色がかった白を基調としたものに変更しています。レコーダとしての機能の多くは、従来モデルのものを踏襲しています。

新たなホーム画面は、上段に「録画する」、「視聴する」、「削除/編集」といった、ユーザーの目的に合わせて選べるアイコンを表示。その中から例えば「視聴する」を選ぶと、下段に「録画番組の視聴」、「放送番組の視聴」といった、より細かな機能のアイコンが表示される2階層構造になっています。

BDZ-ZT2000_03.jpg
↑新ホーム画面。上段にユーザーの目的に合わせて選べるアイコンを、下段に細かな機能のアイコンが並ぶ

更にEPGも刷新。ユーザーの80%以上が、週1回以上、番組表から録画予約を行なっているという調査結果から、より見やすく、使いやすいEPGを開発。

1画面に9個のチャンネルが並ぶのは従来モデルと同じですが、番組情報量の表示量を増加させ、出演しているゲストの情報など、より細かなデータを閲覧しやすくしています。

5分番組など、EPG上でのマスのスペースが小さな番組は表示が困難ですが、その場合は番組にカーソルを合わせると、EPG下部にある横長のスペースに番組内容が表示されます。

BDZ-ZT2000_04.jpg
↑新EPG。文字サイズの変更等も出来る他、短い時間の番組でマスの中に番組説明が表示出来ない場合は、下部の横長スペースに表示される

表示のカスタマイズも可能で、リモコンの黄色ボタンを押すと、表示チャンネルが9列、7列、4列とズームされます。更に、文字サイズの変更も、「大きめ/標準/小さめ」から選択可能。9列表示のまま、文字だけ大きく表示するといった設定も可能。

BDZ-ZT2000_08.jpg
↑番組表の表示列数と別に文字の大きさを変更可能

録画した番組を再生するリスト画面も刷新。クロスメディアバーでは、デフォルト状態ではコンテンツがズラッと上下に並び、それをスクロールして目的の番組へ移動していました。番組のジャンルなどで分けて表示する事も可能ですが、その際はジャンル分け表示のボタンを押す手間がかかります。

BDZ-ZT2000_05.jpg

新UIでは、デフォルト状態でジャンル分け表示となっており、スクロールの手間を省き、短いステップで目的の番組へたどり着けるとしています。また、録画番組リスト表示画面でも、番組のEPG情報が表示できるのが特徴となります。ゲストを招いてのトーク番組を毎週録画している場合などに、同じ番組名のコンテンツがズラッと並んでも、番組内容に書かれているゲストの名前などで、再生時に番組の内容をある程度把握出来ます。

BDZ-ZT2000_06.jpg
↑録画した番組を再生するリスト画面。番組説明のEPG情報が表示されており、番組の内容がわかるようになった

録画番組画面でカーソルの右を押すと、タイトルの削除や次回番組の予約など、細かな操作ができるオプションメニューを表示。左カーソルを押すと、ジャンル別表示よりも細かな絞込検索機能が表示され、芸能人の名前などを入力し、その芸能人が登場している録画番組だけを表示するといった事も可能となります。

BDZ-ZT2000_09.jpg
録画番組にカーソルがあっている状態で→を押すとオプションメニューが表示

BDZ-ZT2000_07.jpg
↑リモコンも刷新。受光感度も向上している

尚、管理できる録画番組の数も大幅に増加。従来は内蔵HDDで999タイトル、これに加えて「保管済みフォルダ」内で999タイトル、外付けHDDで999タイトルという制限が有りました。新モデルでは、内蔵HDDで1万タイトル、外付けHDDで1万タイトルに強化。

更に内蔵HDDと外付けHDDで表示を変更する事なく、一つの録画番組表示画面で内蔵/外付けHDD内タイトルを一括表示出来る様になっています。

従来から搭載している「みんなの予約ランキング」も利用可能。対応レコーダのユーザーが、録画予約の情報をネットにアップロード。それを集約し、注目を集めている番組を提示する機能ですが、従来のUIでは利用する迄の操作が複雑でした。新UIでは、「録画する」アイコンを選ぶと、すぐに下の段に「みんなの予約ランキング」アイコンが登場。ステップ数を半減させる事で、より活用してもらうことを狙っているとの事です。

BDZ-ZT2000_10.jpg
↑「みんなの予約ランキング」も引き続き利用可能

「おまかせ・まる録」や番組名での予約など、従来からの録画機能を踏襲。「おまかせ・まる録」では、ユーザーが指定した条件とマッチングした番組を録画する際のデータベースが最新のものになっており、例えば「EXILE」と登録しておくと、「3代目JSoulBrothers」が出演している番組も録画される様になっています。

録画モードは、従来の最長モードが「ER」でしたが、新たにより高圧縮な「EER」モードを用意。ERは約11倍の圧縮でしたが、EERでは約16倍の圧縮となります。前述の1万タイトルまでの管理可能と組み合わせ、より多くの番組を録画できる様になっています。

BDZ-ZT2000_11.jpg
↑BDXL対応の為、3層100GBディスクなら140時間の録画が可能

外付けHDDと組み合わせる機能も強化。USB 3.0に新たに対応した事で、対応HDDであれば、3番組の同時録画を外付けHDDに対して行なえます(トリプルチューナ搭載モデルに限る)。更に、対応するHDD容量も従来の3TBから6TBにアップ。10台のHDDを登録できる様に変更されています。

BDZ-ZT2000_12.jpg
↑USB3.0対応により、トリプルチューナーモデルなら3番組同時外付けHDD録画に対応

全モデルに無線LAN機能を内蔵。Android/iOS向けアプリ「Video & TV SideView」を使い、スマホなどから宅内外で放送中・録画番組の視聴、録画予約、録画した番組の転送・持ち出しなどが出来ます。

従来は録画した番組を、LAN内/リモート視聴に向けて配信する際に、あらかじめVGA解像度で1Mbpsなどのモバイル配信用の動画を録画と同時に作成しておき、それを送出する形になっていました。このファイルはワイヤレスおでかけ転送の際に転送するものと同じ。

新モデルでは録画と同時作成では有りませんが、自動でこの小さなファイルを作成する機能を搭載。それをモバイル端末向けに配信する他、もう1系統、リアルタイムにトランスコードしながらモバイル端末へ配信する事で、2台のモバイル端末に向けて、2ストリームの同時配信が可能になりました(従来は1ストリーム)。尚、DLNAで経由でテレビなどに録画番組を配信する際は小さなファイルは使いません。

BDZ-ZT2000_13.jpg
↑どこでも試聴の仕様変更に伴い同時動作対応も複雑に…

ここまでは強化された機能を紹介しましが、従来モデルからオミットされた機能も有ります。録画した番組の目次がつき、見たい場所からパッと再生できる「もくじでジャンプ」機能は、アプリ「Video & TV SideView」との連携で似た操作性が実現できる事からオミットされました。

録画番組の編集機能では、チャプタの分割・結合が従来通り可能ですが、タイトルの分割・結合は出来ません。また、HDDからDVDにダビングする際、VRモードは可能ですが、ビデオモードのダビングには非対応となりました。DVDからHDDへのダビング機能も省かれています。

録画した番組を端末に転送する「おでかけ転送」機能は、従来機は「ワイヤレスおでかけ転送」と、有線接続での「USBおでかけ転送」に対応していましたが、有線の「USBおでかけ転送」は省かれ、ワイヤレスのみに絞られています。

レコーダ買い替えの際に録画番組などを移動させる「お引越し」機能は引き続き対応しますが、製品発売時にはまだ対応できず、後日のアップデートで対応するとしています。

また、アクトビラ、TSUTAYA TVには非対応となっています。CATV LAN録画と、スカパー! プレミアムサービスLink機能も発売当初は対応していませんが、後日のアップデートで対応する予定との事。

4Kテレビとの連携機能も搭載。いずれも画質モードで、「4Kブラビアモード」と「4Kアップコンバート」となります。「4Kブラビアモード」は、4K BRAVIAと組み合わせた際に機能するもの。レコーダ側で2K映像から4Kへのアップコンバートはせず、ノイズを除去する処理を行ないます。

録画番組の情報を把握し、それに適した低ノイズ化した2K映像を、レコーダからBRAVIAに入力、BRAVIA側が2Kから4Kへのアップコンバートを行なう事で、最適な画質が得られるとしています。

BDZ-ZT2000_14.jpg
↑4Kブラビアモード

「4Kアップコンバート」は、SONY以外のメーカーの4Kテレビと組み合わせた際に利用するモード。レコーダ側が4Kへのアップコンバート、超解像処理、シャープネス調整、コントラスト調整を行なうほか、処理の際には録画番組情報も活用します。輪郭は抑えつつ、細かな部分はくっきりと調整できるとしています。

BDZ-ZT2000_15.jpg
↑4Kアップコンバート

地上/BS/110度CSデジタルチューナを、ZT2000とZT1000は各3基、ZW1000とZW500は各2基搭載。

入出力端子は全機種共通で、出力はHDMI×1。光/同軸デジタル出力は省かれています。入力端子はコンポジット×1、アナログ音声×1、USB端子×2、Ethernet×1を用意。

BDZ-ZT2000_02.jpg

消費電力は3チューナモデルが27W、ダブルチューナが25W。待機時消費電力は3.5Wで共通。年間消費電力量は3チューナが約24.5kWh/年、ダブルチューナが約24kWh/年となります。

外形寸法は430.7×208.6×43.9(幅×奥行き×高さ)mmで、重量はZT2000が約2.9kg、それ以外のモデルが約2.7kgとなります。

UIに関しては、クロスメディアバーは録画コンテンツが多くなると、スクロールが大きくなるので、場合によっては使い辛くなるかもしれませんが、クロスメディアバーをもっと作りこむという方法も有ったんじゃないですかね?例えばクロスメディアバーを採用しながら、録画番組の「ジャンル」を一番上に持って来るとか、同一タイトルはジャンル分けせずにも1フォルダにまとめるとか…。

新UIは便利そうなんですが、SONY製BDレコの増設といった場合、クロスメディアバーと新UIの機器が混在するんで結構戸惑いそうです。

ただでさえ、ワタシの手持ちはPS3とBDZ-EW1200、BDZ-X90がクロスメディアバー、BRAVIAとPS4、torneが独自UIとバラバラなんで、これ以上別UIが交じると確実に混乱しそうです…。

EPGのサブウィンドウによる番組内容表示は非常に良いアイディアだと思います。

ただ、SONYはDVDプレイヤー時代からUIのバックグラウンドにブルー系の色を採用して来たのに、クリーム色になってしまうのは、普通になってしまい面白く無いですね…。PS3やPS4の様に、テーマカラーを変更出来る機能が有っても良いと思うんですが…。

どこでも試聴用の事前プロキシデータ作成とリアルタイムプロキシデータ作成による、2系統のどこでも試聴対応は素晴らしいと思います。また、テレビ2台への同時出力というのが凄いですね。ただ、これにより同時動作の対応がより複雑化していますが…。また、事前プロキシデータ作成が「録画と同時では無い」というのが気になります。どのタイミングで行うかによっては、同時2台のどこでも試聴が出来なくなりますから…。

また、オミットされた機能に関しては、「もくじでジャンプ」機能は正直使っている人はあまりいなさそうなんで、懸命な判断ですが、タイトルの分割・結合が出来なくなったのは改悪ですね…。

ワタシはCMコレクション等でタイトルの分割・結合を多用しているんで、正直この機能がオミットされたのは痛いです。

また、DVDへのビデオモードダビングが出来なくなった事により、再生互換が低くなる事も不安です。更に、DVDからのリッピングも出来なくなっているんで、結婚Vなどをレコーダでリッピングして、量産コピーが出来なくなるのも痛いです。まだまだ、結婚式場の再生機やプロジェクターの問題で、DVD納品が多いんで、完パケはSD画質というのが多いんですよね…。

SONYは2016年がBDレコの買い替え需要が高まる年としていますが、例年年末にBDレコの新製品を投入していたのを、2015年末の発売は見送り、この時期迄後ろ倒しになったのは、新モデルからシステムLSIが今までのSONY独自のものから、パナ製のUniPhierになったからなんじゃないでしょうか?

UniPhierで今までのSONY製BDレコの機能を再現する為に時間がかかっただけの様に思えます。しかもUniPhierの影響か、SONY製BDの早見機能は1.5倍だったのが、新モデルから1.3倍になっていますし…。

新UIや操作性、どこでも試聴機能の拡張は魅力的ですが、ワタシの使い方だと前モデルの方が使い勝手が良さそうです。ディスコンになる前にET1200を買い増ししようかと思ってます。

ちなみに、新モデルの商品情報ページの機能紹介はグレフィカルになり、非常に分かり易くなっています。是非ご覧頂ければと思います。

■プレスリリース
予約ランキングや録画リストなどユーザーインターフェース全体を一新し、快適操作を追求
録りたい・見たい番組にすばやくアクセス ブルーレイディスク[トレードマーク]レコーダー全4機種発売
~4Kブラビア[レジスタードトレードマーク]と連携して高画質を実現する「4Kブラビアモード」新搭載~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201603/16-0308/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る