So-net無料ブログ作成

SONY、ハイレゾ対応Wi-Fi/Bluetoothスピーカー「h.ear go」発売 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、BluetoothとWi-Fi接続に対応し、ハイレゾもサポートするポータブルワイヤレススピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」を4月16日に発売すると発表しました。

SRS-HG1_11.jpg

販売予想価格は28,000円前後。

カラバリはチャコールブラック、シナバーレッド、ライムイエロー、ビリジアンブルー、ボルドーピンクの5色を用意します。

SRS-HG1_01.jpg

SRS-HG1_10.jpg
↑カラーは、チャコールブラック、シナバーレッド、ライムイエロー、ビリジアンブルー、ボルドーピンクの5色

ハイレゾ対応で世界最小とするポータブルワイヤレススピーカーで、Bluetoothでスマホなどの音楽をワイヤレスで聴ける他、IEEE 802.11a/b/g/nのWi-Fiも搭載し、Google Castにより「Google Play Music」や「KKBOX」、「Tunein Radio」、「8Tracks」などの音楽サービスをインターネットから直接ストリーミングで利用可能。

Wi-Fiとハイレゾ再生対応の新開発ワンチップモジュールを搭載しています。

SRS-HG1_03.jpg
↑利用イメージ

また、DLNAのレンダラー(DMR)として利用でき、PCやNASなどに収めた音楽を、スマホアプリ「SongPal」での操作で再生することも可能となっています。

Bluetooth 4.2準拠で、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/SPPをサポート。コーデックはLDACとAAC/SBCに対応。LDACで96kHz音源を990kbpsで伝送した場合は20Hz~40kHzの帯域をカバーし、「ハイレゾ相当の音源を再現できる」としています。

SCMS-Tの著作権保護もサポート。NFC対応スマホやウォークマンをかざしてペアリングする事も可能。内蔵マイクでハンズフリー通話も行なえます。

SRS-HG1_08.jpg
↑NFCペアリング可能

オーディオ入力用のUSB端子も新たに搭載。PCやハイレゾ対応ウォークマンなどと接続してUSB DACとしてハイレゾ再生も可能。その場合の再生フォーマットはPCMの192kHz/24bitまで対応し、5.6MHzまでのDSDファイルは192kHz/24bitのPCMに変換して再生可能。PCMの他、MP3/WMA/AAC/FLAC/Apple Lossless(ALAC)/AIFFにも対応しています。

SRS-HG1_04.jpg
↑オーディオ入力用のUSB端子も新たに搭載し、給電用とあわせて2つUSB端子を搭載

「SongPal Link」にも対応し、複数の対応スピーカーを組み合わせて家じゅうの様々な場所で同じスマホなどの曲を楽しむマルチルーム再生が可能。更に、6月以降に予定しているアップデートによって、SongPal Linkの新機能「Wireless Surround」と、「Wireless Stereo」に対応します。

SRS-HG1_13.jpg

「Wireless Surround」は、今後発売されるワイヤレスサラウンド対応製品と『SRS-HG1』を組み合わせる事で、HG1をワイヤレスのリアスピーカーとして使えるようになる機能となります。

国内で発売される対応サラウンド製品は未発表ですが、米国向けに今春発売される2.1chサウンドバー『HT-NT5』などが対応を予定しています。

SRS-HG1_14.jpg

「Wireless Stereo」は、2台のワイヤレススピーカーを接続してスマホなどの音楽をステレオスピーカーとして聴ける機能。DLNAやGoogle Cast、USB、後述するアナログ入力の音源再生時に利用出来ます。

スピーカー間の接続はBluetoothではなくWi-Fiを使う為、Bluetoothに比べて高音質で再生可能。USB/アナログ入力の場合は、Wi-Fiルーター/アクセスポイントが無い場所でも利用出来ます。

尚、2月13日発売のEXTRA BASSシリーズ新機種の『SRS-XB3』や『SRS-XB2』はBluetoothによる2台のステレオ再生などが行なえる「Speaker Add」に対応しますが、HG1は同機能には非対応となります。

スピーカーユニットは、ハイレゾ対応で最小とする35mm径フルレンジ2基(ユニット特性60Hz~40kHz)を搭載。振動板は、高い周波数の音を再現する為に軽量で剛性の高い素材や形が必要な事から、SONY製ハイレゾ対応スピーカー『SS-HA1』にも使われている発泡マイカを採用。多岐に渡るシミュレーションから振動板形状の最適化を行なったとしています。ネオジウムマグネットを搭載し、磁気回路も強化した事で、大音量でも低域の表現を豊かに再生可能としています。

SRS-HG1_06.jpg
↑新開発のハイレゾ対応フルレンジユニット

低域を強化する為、パッシブラジエータも前後に2基内蔵。一体型スピーカーでもステレオのセパレーションを高める事を目的に、筐体内部をL/Rで分離。更に、前後のパッシブラジエータもL/Rチャンネルそれぞれに振り分けることでステレオ感の向上を図っています。

SRS-HG1_05.jpg
↑内部構造

最大出力12W×2chのデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。バッフル板に高剛性樹脂を用いた事により、タイトで豊かな低域や、きめ細やかな音の再現を計っています。前面のグリルは取り外し可能で、底面に取り外し用のスイッチを配置しています。

SRS-HG1_07.jpg
↑前面グリルは取り外し可能

ステレオミニのアナログ入力を備え、アナログ入力の音声は96kHz/24bitのADCでデジタル変換して処理。圧縮音源の高域を補間するDSEE HXも搭載し、アナログ入力などハイレゾ以外の音源もハイレゾ相当で楽しめるとしています。独自のデジタル信号処理で高音質化を図るClearAudio+、音圧や重低音を強化するExtra Bass機能も利用可能となります。

アプリのSongPal上で、5バンド/20段階のイコライザも利用可能。尚、既存の『SRS-X33』シリーズでは、音場を広げる「SOUND」ボタンを備えていましたが、HG1ではハイレゾ再生など原音に忠実な再生やセパレーションの向上などを追求している事もあり、この機能はオミットされています。

SRS-HG1_20.jpg
↑「SongPal」アプリでイコライザの利用が可能

内蔵バッテリでの連続使用時間は約12時間。充電はマイクロUSB経由で行なう形となります。外形寸法は約204×60×62(幅×奥行き×高さ)mm、重量は約790g。USB-ACアダプタなどが付属します。

SRS-HG1_12.jpg
↑天面に操作ボタンを配置

SRS-HG1_09.jpg
↑持ち運びのイメージ

持ち運びするかどうかは別として、キッチン専用のワイヤレススピーカーとして使用するのに調度良いサイズかもしれません。

音質次第では、買っちゃうかもしれません…。実機が展示されたら試聴しに行きたいと思っています。

■プレスリリース
世界最小のハイレゾ対応※2ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go[トレードマーク]を発売
~h.earシリーズ初めてのスピーカーを展開~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201603/16-0301/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る