So-net無料ブログ作成

SONY、3軸手ブレ補正や拘束AF対応「Exmor RS IMX318」を商品化 [テクノロジー]

SONYは、1/2.6型の小型サイズで2,250万画素を実現し、ハイブリッドAFや3軸電子手ぶれ補正などに対応するスマホ向けCMOSイメージセンサー「Exmor RS IMX318」を商品化しました。

IMX318_01.jpg

5月から量産予定で、サンプル価格は2,000円との事です。

1/2.6型で有効画素数2,250万画素の積層型CMOSイメージセンサー。積層構造と業界最小の1.0μm単位画素の採用により、薄型スマホにも搭載可能としながら、高画素化も実現します。

従来製品「IMX230」(1/2.4型)からさらなる小型化や解像度向上を実現しながら、画質は同レベルを維持しているとしています。

また、0.03秒のハイブリッドオートフォーカス(AF)や、3軸電子手ブレ補正などの機能を業界で初めてイメージセンサーに内蔵。「決定的瞬間を逃さずに高画質に撮影できる」としています。

像面位相差AFとコントラストAFによる「ハイブリッドAF」を、アプリケーションプロセッサを用いずに、CMOSセンサー内部の信号処理回路に内蔵。最速0.03秒(60fps動画時:最速0.017秒)の高速AFを実現しています。

IMX318_02.jpg
↑ハイブリッドAFの動画サンプルはココから
※Youtubeにリンクしています

手ブレ補正機能もCMOSセンサーの信号処理回路に統合。外部から入力された3軸(角度ブレ:ピッチ/ヨー、回転ブレ:ロール)ジャイロセンサーの信号を効果的に活用し、手ブレの少ない4K動画撮影が行なえるとしています。

また、手ブレ補正と同時にレンズの歪みを補正する為、より美しい動画撮影が可能。イメージセンサー内部のハードウェアで処理する為、従来のように別プロセッサでソフトウェア処理する場合よりも、低消費電力化が図られているとしています。

手ブレの少ない動画撮影が可能な為、スマホだけでなく、空撮用のドローン等、ブレの抑制が必要な製品への搭載にも適しているとしています。

IMX318_03.jpg
↑IMX318の3軸電子手ブレ補正オン/オフ比較動画はココから
※Youtubeにリンクしています

動画撮影は4K(3,840×2,160pix)/30fpsや、1080p/120fps、720/240fpsなどに対応。出力インターフェースはC-PHY1.0/D-PHY1.2で、アプリケーションプロセッサーへの伝送が高速かつ低消費電力で実現可能。

2,250万画素でも全画素30fpsの伝送が行なえる為、4K/30fpsの動画を撮影中に、気に入ったシーンを2,250万画素静止画記録できる等、高解像度の動画と静止画とのシームレスな撮影スタイルを実現可能との事です。

Xperia Z5はインテリジェントアクティブモードによる電子手ブレ補正機能をウリにしていましたが、4K動画には対応していませんでした。CPUや画像処理エンジンでは4K動画のインテリジェントアクティブモードでの手ブレ補正は処理出来なかったみたいですが、IMX318の搭載でハードウェア的に処理すれば、Xperiaでの4K動画撮影も強力な手ブレ補正を行う事が可能です。

しかし、イメージセンサーセンサーに手ブレ補正とか拘束AF搭載っていうのは凄いですね…。国内では6月にも、車のサイドミラー代わりにカメラを搭載する事が運輸省により承認されそうなので、車載カメラとしても流用出来そうです。

相変わらず、イメージセンサー分野でのSONYの技術力には驚かされます。

■プレスリリース
小型サイズ(1/2.6型)で2250万画素を実現
業界初、ハイブリッドオートフォーカスと3軸電子手ブレ補正機能を内蔵した
積層型CMOSイメージセンサーExmor RS[トレードマーク]を商品化
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201602/16-013/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る