So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、ハイレゾ対応ネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「h.ear in Wireless」発売 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、Bluetooth搭載のハイレゾ対応ネックバンド型イヤフォン「h.ear in Wireless」(MDR-EX750BT)を3月12日に発売すると発表しました。

MDR-EX750BT_4.jpg

販売予想価格は21,000円前後。

カラバリは、ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコール・ブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色となります。

MDR-EX750BT_3.jpg
↑カラバリは5色

MDR-EX750BT_5.jpg
↑ビリジアンブルー

MDR-EX750BT_7.jpg
↑シナバーレッド

MDR-EX750BT_8.jpg
↑チャコールブラック

MDR-EX750BT_9.jpg
↑ライムイエロー

MDR-EX750BT_10.jpg
↑ボルドーピンク

ネックバンド型のBluetoothイヤフォンで、Bluetoothの高音質コーデック「LDAC」にも対応し、LDAC 990kbps伝送時はハイレゾ相当の音質を実現したとしています。尚、イヤフォン部には9mm径ダイナミック型ドライバを備えています。

MDR-EX750BT_11.jpg
↑小型高感度9mmドライバーユニット搭載

Bluetoothのコーデックは、LDAC以外にSBC/AAC/aptXにも対応。NFCもサポートし、スマホやウォークマンなどの対応機種とワンタッチでペアリング可能です。

ハンズフリー通話用のマイクも内蔵。通話時の高音質化を図るHD Voice機能も搭載し、同機能に対応した機器同士において、従来よりも広い帯域で通話可能にするとしています。電源ON/OFFなどの動作状態を音声でアナウンスする音声ガイダンス機能も搭載。Bluetoothなどの操作ボタンはネックバンド部に備えています。

MDR-EX750BT_6.jpg
↑ハンズフリー通話用マイク内蔵

ステレオミニケーブルも付属し、有線での接続も可能。内蔵バッテリでの連続使用時間は、音楽再生時が約7.5時間。重量は約38g。キャリングポーチが付属しています。

MDR-EX750BT_12.jpg
↑有線接続も可能

Bluetoothイヤフォンはバッテリーを内蔵する為、どうしても大ぶりになってしまいます。EX750BTはそれでもだいぶ小型化が図られていますが、やはりネックバンド式だと個人的にはイヤフォンである必要性を感じられ無いんですよね…。

まぁ、ネックバンド式のお陰でデザインやカラバリが栄えるというのは有るんですが…。

あと、ちょっとだけ羨ましいのは、h.ear on Wireless NC『MDR-100ABN』同様、Bluetoothの全コーデックに対応しているという事でしょうか?

■プレスリリース
h.ear[トレードマーク]シリーズにBluetooth[レジスタードトレードマーク]対応のワイヤレスヘッドセット登場
ハイレゾの豊かな音楽を、より自由に、ファッショナブルに楽しめるヘッドホン2機種を発売
~デジタルノイズキャンセリング対応機種と長時間装着に適したネックバンドタイプ~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201602/16-0218/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る