So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、国内でもα6300『ILCE-6300』を発売 [Cyber-shot/α]

SONYは、米国で先行発表した、Eマウント採用のAPS-Cセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラ「α6300」(ILCE-6300)を3月11日に発売すると発表しました。

ILCE-6300_03.jpg
↑パワーズームレンンズキット『ILCE-6300L』

販売予想価格は、ボディのみが135,000円前後、パワーズームレンズ『SELP1650』(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)」セット(ILCE-6300L)が15万円前後となります。

2014年発売のα6000『ILCE6000』の上位機種で、APS-Cセンサー搭載αの最上位モデルとなります。AFを大幅に強化した他、読み出し速度や感度を大幅に向上した新Exmor CMOSセンサーの採用で4K/30P動画撮影に対応。

画素混合をせず、全画素読出により、6K相当のデータをオーバーサンプリングしながら4K解像度で記録し、「αシリーズでももっとも解像感ある4K動画が撮影できる」としています。

カメラとしての進化ポイントは、AFの高速化や追従性能の向上。像面位相差AFとコントラストAFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」と、世界最多という425点の像面位相差センサーを搭載。

ILCE-6300_07.jpg
↑世界最多425点の像面位相差センサーを搭載

画像処理エンジン「BIONZ X」の処理を最適化させ、レンズ交換式デジタルカメラとして世界最速という0.05秒の高速AFを実現(α6000は0.06秒)しています。

ILCE-6300_04.jpg

ILCE-6300_05.jpg

動く被写体への対応も強化。α6000の約7.5倍の密度でAF枠を集中配置した他、被写体に合わせて枠を動的に動かす事で、高い追従性を実現しています。


↑AF集中枠が被写体に合わせて動的に追従

連写時の画像表示も強化。α6300は有機ELビューファインダ搭載ですが、高速連写時に光学ファインダーの様なライブビュー表示が可能な「高速ライブビュー連写」に対応。従来の高速連写では、実際の映像とずれた映像が表示され続ける「アフタービュー」表示となっていましたが、高速ライブビュー連写では、光学ファインダーの様にブラックアウトしながらタイムラグを抑えた映像表示が行なえます。

高速連写は最高11コマ秒。但し、高速ライブビュー連写になるのは8コマ秒迄で、11コマ秒撮影時は従来同様のアフタービューとなります。また、動画撮影時のファストハイブリッドAFの速度向上や、ハイスピード撮影中のAFに対応。Aマウントレンズ装着時には像面位相差AF対応となります。

新開発Exmor CMOSセンサーの有効画素数は約2,420万画素。Cu(銅)配線の採用と回路プロセスの微細化、更に光を取り込むフォトダイオードの受光面積拡大(ワイドフォトダイオード設計)により、集光効率を大幅に向上。ノイズの少ない高画質を実現できるとしています。

ILCE-6300_09.jpg
↑新開発のExmor CMOSセンサーを搭載

また、伝送速度の早いCu配線(従来はアルミニウム配線)の採用により、読み出し速度を高速化。これにより全画素読み出しの4K動画記録や、フルHDの120fpsハイススピード撮影に対応します。

この新CMOSセンサーの高感度、高速読み出しという特徴を活かす為、α6300では動画対応を強化。4Kに必要な画素数の約2.4倍となる6K相当のデータから、4Kの映像を生成する事で、より解像感ある4K動画撮影を可能としています。また、動画撮影時のファストハイブリッドAFも強化され、α6000比で最大2倍のAF速度を実現しているとしています。

ILCE-6300_10.jpg
↑6Kデータから4K映像を生成

記録フォーマットはXAVC SとMP4、AVCHDで、XAVC S 4Kは、3,840×2,160pix、30P/24P、ビットレート100/60Mbpsが選択可能。XAVC SのフルHDは、ハイスピードの120Pが100Mbps、60Mbps、60P/30P/24Pが、50Mbpsとなります。

AVCHD/MP4は、最高1080/60P、28Mbps。1080/30P、24Pのハイフレームレート撮影にも対応します。

マイク端子を装備し、外部マイク対応する他、カメラシューに接続するXLRアダプタキットにより、XLRマイクも装着可能。ゼブラ機能やタイムコード、メモリーカードとHDMI出力の同時ビデオ記録などに対応します。

また、プロフェッショナル向けに、LogカーブのS-Log(S-Log2、S-Log3)や、カラースペースのS-Gamut3、S-Gamut3.Cineに対応。S-Log3設定時は14ストップの再現域を確保し、「プロの映像制作をサポートする」としています。

ILCE-6300_11.jpg
↑幅広いダイナミックレンジでの撮影を可能にするS-Log3、S-Log2ガンマを新たに搭載

ボディはフルマグネシウム合金製で、防塵・防滴に配慮した設計としています。また、グリップボタンやシャッターボタン位置などをα6000から変更。マウント部の剛性やグリップ部のホールド性を向上しているとしています。

ILCE-6300_12.jpg
↑マグネシウムボディを採用

ILCE-6300_15.jpg
↑防塵・防滴に配慮した設計

ILCE-6300_13.jpg
↑α6000からシャッターボタン位置などを変更

ビューファインダは0.39型の「XGA OLED Tru-Finder」で、視野率は100%、倍率は約1.07倍。120fps駆動により、残像感の無い表示が行なえるとしています。

ILCE-6300_14.jpg
↑XGA OLED Tru-Finder

液晶モニターは3型92万画素で、カメラ背面に対して上90度、下45度の角度調整に対応。IEEE 802.11b/g/n無線LANを搭載し、NFCに対応。スマホやタブレットと連携し、撮影動画の転送や、カメラの遠隔制御が行なえます。

ILCE-6300_06.jpg
↑チルト可能な3型液晶を搭載

記録メディアはSD/SDHC/SDXCと、メモステPRO/PRO-HG/XC-HG デュオ。RAW+JPEG同時記録や、14bit RAW出力に対応。HDMIマイクロ出力を装備し、HDMI情報表示のON/OFFも可能。外形寸法は約120×48.8×66.9(幅×奥行き×高さ)mmで、本体のみの重量は約361gとなります。

425点の像面位相差センサーを搭載、高速AF、AF集中枠が被写体に合わせて動的に追従とか連写時の画像表示も強化等、非常に欲しくなる機能が満載です。しかも、オーバーサンプリング4K動画撮影が可能な上、S-Log3/S-Gamut3.Cine対応なんで、デジタルシネマ用途としても使えます。

このスペックで13万円台ってむしろ安いですね。実機を見に行ったら最後、買ってしまいそうで怖いです…。

■プレスリリース
世界最速0.05秒の高速AF*を実現し、世界最多425点の全面位相差AFセンサー搭載で
一瞬の動きを高精度に捉え続けるミラーレス一眼カメラ『α6300』発売
~最高ISO51200の高感度撮影や解像力の高い4K動画記録も実現~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201602/16-0219B/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る