So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、アクションカムのエントリーモデル『HDR-AS50』発売 [HANDYCAM/bloggie]

SONYは、アクションカメラの新エントリーモデル『HDR-AS50』を3月4日に発売すると発表しました。

HDR-AS50_01.jpg

販売予想価格は本体のみ『HDR-AS50』が25,000円前後、腕時計型リモコンが付属する『HDR-AS50R』が4万円前後となります。

尚、本体カラーはブラックのみとの事です。

エントリーモデルの現行機『HDR-AZ1』の後継機で、搭載しているセンサーや画質は同等ですが、手ブレ補正機能をAZ1比で3倍に強化したり、Bluetoothを使った遠隔電源ON/OFF制御に対応する等機能を強化しています。

一方で、AZ1がセットリモコンとの組み合わせで実現していたGPS機能には非対応。本体のみでの防滴機能も省かれ、雨などの場合は付属ハウジングに入れて利用する形となります。

尚、ソニーアクションカメラ本体のカラーは、ハウジング無しで防滴性能を持ったモデルがホワイト、防滴性能の無いモデルが黒という決まりになっている為、AS50もカラーがブラックとなっています。

HDR-AS50_03.jpg
↑腕時計型のリモコンが付属するリモコンキット『HDR-AS50R』

本体側面にドットマトリクス液晶を装備。アイコンベースの新たなメニュー表記を採用し、直感的でわかりやすいユーザーインターフェイスを採用したとしています。

HDR-AS50_06.jpg
↑アイコンベースの新たなUIを採用

本体底面に三脚ネジ穴を備え、本体のみで各種アクセサリを装着可能。更に、上面の後方に電源キーを新搭載。従来はメニューを移動しながら電源OFFを選ぶ必要が有りましたが、電源キーを押すだけで電源OFF/ONが可能になりました。

HDR-AS50_10.jpg
↑底面に三脚ネジ穴を備え本体のみで各種アクセサリに装着可能

更に、リモコンキットに付属するリモコンを刷新。従来モデルの『RM-LVR2』と比べ、約30%の小型化を実現。従来モデルの操作も新リモコンから行なえる(カメラ本体側に搭載している機能のみ利用可能)との事です。

HDR-AS50_04.jpg
↑リモコンキットに付属するリモコン『RM-LVR3』

小型化と共に拡張性もアップしており、リストバンドに固定して腕時計のように装着して利用する他、自転車などのハンドルにアタッチメントを介して固定可能。更に三脚側のシューティンググリップに、AS50と一緒に固定する事も可能となります。

HDR-AS50_05.jpg
↑『RM-LVR3』用アタッチメント

HDR-AS50_08.jpg
↑アタッチメントを使用して、さまざまな所に装着可能

使い勝手の面では、Bluetooth経由での電源制御に対応。AS50や従来モデルAZ1では、IEEE 802.11b/g/n無線LANからの操作は可能でしたが、ワイヤレスで電源ONにする事が出来ませんでした。しかしAS50では、Bluetoothを使う事で、リモコンや、スマホ/タブレットアプリ「PlayMemories Mobile」から、カメラの電源をONにして撮影が可能となっています。

HDR-AS50_11.jpg

例えばバイクでレースの出走を待っている時間など、こまめに電源をOFFにしておき、走りだす際にBluetooth経由で電源をONにして録画をスタートさせる事で、カメラのバッテリを節約出来るとしています。尚、Bluetoothで制御するのは電源のON/OFFのみで、それ以外の録画などの操作は全て無線LAN経由で行ないます。

ズームモードも新搭載。デジタル3倍のズーム機能を備えていますが、ゆっくりと被写体にズームする動作が可能。リモコンやアプリから操作が可能となっています。

また、上位モデルと同様に、露出やホワイトバランスの設定ができるマニュアル設定機能、一定時間の映像を記録し続けるループ録画、風きりノイズ低減機能なども新たに備えています。操作音の音量をより大きくする事もでき、ヘルメットなどを装着した状態でも聞き取りやすいとの事です。

バッテリ持続時間も強化。AZ1はYバッテリ付属で連続撮影80分でしたが、AS50ではXバッテリ付属となり、連続撮影165分を実現しています。

撮像素子は1/2.3型のExmor R CMOSで、総画素数は約1,680万画素、有効記録画素数は動画撮影時で約1,110万画素(16:9)。上位モデルで採用されている全画素読み出しには非対応。

絞りF2.8、ツァイスのテッサーレンズを採用し、画角は35mm換算で18.4mm(ワイド)、21.8mm(ナロー)が選択可能です。

AZ1と比べ、電子式の手ぶれ補正力を約3倍に強化。上位モデルの『FDR-X1000V』や『HDR-AS200V』等と同様の補正能力を持ち、自転車や自動車、バイクなどに取り付けた際の細かな振動も補正した撮影が出来るとしています。

記録フォーマットは、MPEG-4 AVC/H.264のMP4とXAVC S。MP4では1,920×1,080の60p/50p(PS:28Mbps)、1080/30p/25p(HQ:16Mbps)、1,280×720/30p/25p(STD:6Mbps)の撮影が可能。

XAVC Sでは1080/60p(50Mbps)、30p(50Mbps)、24p(50Mbps)までサポート。スロー撮影は1,280×720/120p/100p対応のMP4で、ビットレートはHS120(28Mbps)を用意しています。

記録メディアはmicroSDとメモステマイクロ。外形寸法は24.2×83×47(幅×奥行き×高さ)mm。本体重量は約58g(撮影時約83g)となります。

付属のハウジングは新型の『MPK-UWH1』を同梱。水深60mまで対応します(AZ1付属ハウジングは5m)。特別設計のフラットレンズを採用し、水中でも隅々まで綺麗な撮影が出来るとの事。尚、このハウジングは6,500円で単品販売も行なわれるそうです。

HDR-AS50_07.jpg
↑ハウジングは新型の『MPK-UWH1』を同梱し、水深60mまで対応する

撮影映像からハイライトシーンを自動的に抽出し、編集、BGM付きの動画を作成してくれるアプリ「ハイライトムービーメーカー」も進化。新たに顔認識のアルゴリズムを追加し、人物が写っているシーンを逃さずにハイライト抽出が可能。

より細かな編集が可能なPC向けソフト「Action Cam Movie Creator」を使い、インターバル撮影した静止画から、4K画質のタイムラプス映像を作成する事も可能となっています。

HDR-AS50_12.jpg
↑Action Cam Movie Creator

エントリーモデルと言いながらも、新機能を盛り込みつつGPS機能や単体での防滴をトレードオフするというバランスが良い製品に仕上がっていると思います。

何より、今までリモコンから本体のオン/オフが出来なかった等、結構不便でしたがユーザー側が「これだけ小型なら仕方ないか」と諦めていた点なども改善されているのが嬉しいです。

リモコン付きの『HDR-AS50R』が4万円前後なんで、遊び用のムービーカメラとして欲しくなっちゃいます…。

■プレスリリース
スポーツやレジャーで、ブレを抑えた高画質撮影が手軽に楽しめるアクションカム発売
新小型ライブビューリモコンで、シーンに合わせた様々な装着スタイルを実現
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201602/16-0217/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る