So-net無料ブログ作成

米SONY、オーバーサンプリング4K収録可能な「α6300」発売 [Cyber-shot/α]

米SONYは、有効約2,420万画素のAPS-CサイズExmor CMOSセンサーを搭載し、4K動画の撮影も可能なレンズ交換式のミラーレスデジタルカメラ「α6300」(ILCE-6300)を発表しました。

ILCE-6300_01.jpg

3月に米国と欧州で発売。カメラボディのみの価格は1,000ドル、「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」(SELP1650)レンズをセットにしたキットは1,150ドルとなります。

国内での発売は未定となっています。

『ILCE-6300』はAPS-Cサイズのセンサーを搭載した、α6000シリーズの最上位モデルとなります。Eマウントを採用し、新開発の有効約2,420万画素のAPS-C、Exmor CMOSセンサーを搭載。

集光効率を向上させ、データ読み出しも高速化したセンサーで、最高ISO 51200までの広い感度域を実現しています。

4K動画撮影も可能で、高画素センサーを活用。画素混合をせず、全画素読み出しで、6K相当のデータから、オーバーサンプリングしながら4K解像度で記録。「これまでにない高解像な4K動画が撮影できる」としています。

XAVC Sコーデックで、最高100Mbpsの4K撮影が可能。50MbpsのフルHD動画撮影も可能となります。1080/120P(100Mbps)での撮影も可能で、追尾AFを使いながら撮影もでき、1080/24P/30Pのスローモーション動画として活用する事も可能。

S-Logガンマなどもサポートしています。外部マイク入力も可能で、XLRアダプタキットを介してXLRのマイク入力も利用可能。画像処理エンジンはBIONZ Xとなります。

ILCE-6300_02.jpg

静止画、動画のAF機能も進化。世界最速0.05秒AFと、世界最多425点の全面位相差AFセンサーを配置し、像面位相差とコントラストAFを組み合わせたファストハイブリッドAFを進化させています。新技術「High Density Tracking AF Technology」も搭載し、測距点を高密度に配置したAF枠を動かす事で、動き回る被写体にも高い精度で追従できるとしています。

背面にモニタを備えている他、約240万画素のXGA OLEDトゥルーファインダも内蔵。ファインダー内の表示を120fpsで行なうモードも備えています。

筐体にはマグネシウム合金を使用。無線LANとNFCにも対応し、PlayMemories Mobileアプリを使ってスマホなどと連携可能。PlayMemories Camera Appsで、機能追加をする事も可能となります。

元々、ムービーカメラより素子の解像度が高いので、デジイチでオーバーサンプリング収録という発想が出て来るのは当然ですが、BIONZ Xで6Kサンプリング処理が可能だったんですね…。てっきり、BIONZ Xでは4Kサンプリング処理でせいいっぱいだと思ってたんですが、それならもっと早く対応してくれれば良いのに…。

しかも、世界最多425点の全面位相差AFセンサーとか、α7シリーズを越えてますし、ちょっと欲しくなって来ました…。

国内での発売が楽しみです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る