So-net無料ブログ作成

SONY、ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』発売 [その他映像関連機器]

SONYは、壁際やテーブルに置いて最大80型の映像投写を楽しめるポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』を2月13日に発売すると発表しました。

LSPX-P1_01.jpg

販売予想価格は93,000円前後となります。

『LSPX-P1』は住空間に馴染むシンプルなデザインを目指した一体型プロジェクターとなります。

CDケース10数枚分のスクエア型筐体に、SONY史上最小を謳う超短焦点レンズや、新規開発のSXRDパネル、レーザー光源、スピーカー、バッテリーを全て内蔵。テレビの様に決まった位置に置かず、「使いたいときにどこでも映像視聴ができるカジュアルさ」をコンセプトにしています。

LSPX-P1_02.jpg
↑コンパクトかつシンプルなデザイン

外形寸法は約81×131×131(幅×奥行き×高さ)mm、重量は930g。

LSPX-P1_04.jpg
↑利用イメージ

無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n(MIMO)で、2.4GHz、5GHzの両方に対応。Miracast対応のスマホ等とダイレクトに接続でき、専用の無料アプリでスマホに保存されている写真・動画や、YouTube動画などをワイヤレス投写可能。

LSPX-P1_03.jpg
↑スマホの写真・動画などをワイヤレス投写可能

更に、『LSPX-P1』と同等の無線LAN機能を備えるワイヤレスHDMIユニット『LSPX-PT1』が付属。BDプレーヤー/レコーダーなどから入力した最大1080PのHDMI映像を、『LSPX-P1』にワイヤレス伝送して投写可能です。

LSPX-P1_05.jpg
↑ワイヤレスHDMIユニット『LSPX-PT1』(左)とポータブル超短焦点プロジェクタ『LSPX-P1』(右)

LSPX-P1_06.jpg
↑本体とワイヤレスHDMIユニットを立てて並べるとサイズがぴったり揃う

生活空間そのものを使った映像/音楽の楽しみ方を提案するSONYの「Life Space UX」シリーズ製品で、「2015 International CES」や「IFA 2015」などで先行披露。今年のCESにも出展されていましたが、今回仕様と発売日や価格が決定しました。

『LSPX-P1』の映像デバイスはLCOSの0.37型SXRDで、解像度は1,366×768pix。720P相当の映像を投写可能です。他のSXRDプロジェクタではRGB3枚のSXRDを用いますが、『LSPX-P1』用に1枚のみでフルカラー表示を行なうデバイスを新開発し、小型化も図っています。

LSPX-P1_08.jpg
↑新開発の0.37型SXRDデバイス

光源はレーザーダイオードで、輝度は約100ルーメン。コントラストは4,000:1。ハイコントラストプレートや、映像シーンに合わせて光源の輝度をコントロールするダイナミックコントラストを採用し、メリハリのあるくっきりとした映像を楽しめます。レーザー光源の寿命(初期の明るさから50%減)は、1日4時間の使用で5年以上。光源の交換は修理対応となります。

本体の厚みは女性の片手でも掴める程度に抑えられています。また表面にレザー調のテクスチャを施してソフトな触感に仕上げる等、外装デザインにもこだわっています。

LSPX-P1_10.jpg
↑表面にレザー調のテクスチャを施している

LSPX-P1_09.jpg
↑ワイヤレスHDMIユニットにもレザー調のテクスチャ

本体を壁に付けた状態で22型の映像を写せる、超短焦点投写性能が特徴。本体を壁際に寄せたりテーブルや床に置く等して利用可能。壁等から本体を離すと大きく映せますが、離れるに従って映像は暗くなります。最大投写距離と画面サイズは、28.5cmで80型との事です。

LSPX-P1_11.jpg
↑壁際に寄せたりテーブルに置いた状態でも映せる

内蔵センサーで本体の向きを検知し、投写映像の向きを自動調整。フォーカスも電動オートフォーカス機構で自動調整される為、細かい設置作業が不要。壁際やテーブル、床に置くだけで利用出来ます。尚、フォーカスの微調整や台形補正、画面回転はスマホ用アプリでマニュアル調整する事も可能です。

LSPX-P1_12.jpg

超短焦点レンズの光学系は、Life Space UX第1弾製品の4Kレーザープロジェクタ『LSPX-W1S』用に開発されたレンズをベースにより小型化したもので“SONY史上最小”を謳います。

LSPX-P1_07.jpg
↑SONY史上最小を謳う超短焦点レンズを内蔵

レンズ部の小型化や電動オートフォーカス機構の開発にあたり、サイバーショット『DSC-RX100M3』のポップアップEVF開発陣が設計に携わったとの事です。

本体には排熱効率を高めながらファンノイズを極力抑える冷却構造を採用。モノラルスピーカー2基を内蔵し、更に音圧を上げる為に独自のオーディオ再生レベル強調技術「xLoud」も採用。外部スピーカーなしでも迫力あるサウンドを再生出来るとしています。

LSPX-P1_13.jpg
↑『LSPX-P1』の冷却構造

LSPX-P1_14.jpg
↑モノラルスピーカー2基を内蔵

デザイン性を優先し、これらの排熱孔やスピーカーグリルは個別に設けずにひと続きのパンチングメタルで覆い、フラットなデザインに仕上げています。

LSPX-P1_25.jpg
↑排熱孔やスピーカーグリルはひと続きのパンチングメタルで覆われている

『LSPX-P1』と付属のワイヤレスHDMIユニット、対応機器を組み合わせると、ケーブルレスで宅内のどこでも気軽にビデオ再生やテレビ視聴が楽しめます。ユニットはHDMI入出力とIR端子を各1系統備え、パススルーにも対応しています。

LSPX-P1_15.jpg
↑ワイヤレスHDMIユニットの背面

無料の専用アプリはiOS 9以降、またはAndroid OS 4.4以降に対応。音量調整や映像の入力切替などのリモコン操作や、端末内に保存した写真・動画のキャスト出力、『LSPX-P1』にプリインされているコンテンツの選択・表示が行なえます。端末との通信にはWi-Fi/Bluetooth接続を利用しているとの事です。

LSPX-P1_16.jpg
↑スマホアプリ画面

LSPX-P1_17.jpg
↑音量調整やフォーカスの微調整、台形補正などが行なえる

アプリ内の「POSTER」から、あらかじめ『LSPX-P1』のメモリ(約4GB)に保存されている「Weather」、「A-Day」、「Journey」、「Night dreams」といった、様々なジャンルの映像コンテンツを呼び出して投写可能。壁に映す事で、まるでそこに窓が開いたかのような開放感が味わえるとしています。写真スライドショーや、現在時刻を表示する事も可能。ユースケースとして棚の上の壁にできた何もない空間など、デッドスペースの有効活用などを想定しているとの事です。

LSPX-P1_18.jpg
↑プリインコンテンツも用意されている

「Weather」では窓枠の外に見える風景をイメージした映像を映す事ができ、その日の天候に連動して晴れた風景や雨模様に変わる仕掛けを備えています。『LSPX-P1』と連携しているスマホ端末を介し、ウェブ上の外部サービスから当日の気象情報を受け取る事で映像が変化していきます。

LSPX-P1_19.jpg
↑その日の天候と連動して変化する映像コンテンツ「Weather」

その他、「A-Day」は日中のイメージ、「Journey」は旅先の風景、「Night dreams」では夜をイメージした映像コンテンツとなっています。

LSPX-P1_20.jpg
↑デッドスペースの有効活用の例として、現在時刻を壁に表示

内蔵バッテリで約2時間動画を再生可能(画質モード「プリセット1」、音量80%)。充電時間は約4時間。Bluetooth Low Energyを使った電源コントロールに対応し、スマホを近づけると自動的に電源オンになり、離れるとスタンバイモードに切り替わります。

LSPX-P1_21.jpg
↑スマホが近くにあると自動で電源オンになる

LSPX-P1_22.jpg
↑スマホと離れるとスタンバイモードになる

『LSPX-P1』専用フロアスタンドも用意され、2月13日に発売。販売予想価格は19,000円前後となります。

LSPX-P1_23.jpg
↑別売りの専用フロアスタンド『LSPX-PS1』

壁の近くに設置して使うフロアスタンド。高さは87.8cmで、椅子に座った時の目線に合わせられています。スタンド上部は『LSPX-P1』をドッキングできるアタッチ構造を備え、裏面のスライドスイッチの操作で簡単に取り外し可能。内部に電源ケーブルが仕込まれており、本体に給電しながら映像投写が可能です。

LSPX-P1_24.jpg
↑『LSPX-P1』の充電/給電に使う専用端子を備えている

スタンド下のベースは20cm径。重量は約2.2kg。転倒防止用ストラップや六角レンチなどが付属します。

CES2015での初お目見えから、1年以上経ってやっとの発売です。予想よりシャープネスも高く、明所での使用では辛いかもしれませんが、暗所での使用では結構使えそうです。

ただ、解像度がフルHD無かったり、最大輝度を維持するには画面の大きさが22型になってしまう事から、映像コンテンツ向けというよりは、デスクに図面や資料を投射しながら、作業を行うなどの使い方の方が使えそうな気がします。

風景を映し出して、窓の様に使用するというのも面白いですけどサンプル画像を見る限り、明所ではどうしても暗く見える為、時刻や文字データを映し出しておく方が使えるかもしれません。

PCから時刻や天気予報等の文字情報を表示するウィジェットを投映するといった使い方も面白いかもしれません。

■プレスリリース
超短焦点レンズを採用し、場所を取らずに、壁やテーブル面などに映像を映し出せる
ポータブル超短焦点プロジェクターを発売
~家の中のさまざまな場所に投写することで、好きな空間をつくり出せる~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201601/16-0120/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る