So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、業務用HDV機器の生産を2015年12月に終了 [プロフェッショナル映像機器]

SONYは、業務用のHDVカムコーダやHDVレコーダの生産を2015年12月末をめどに生産完了すると発表しました。

HVR-Z5J.jpg
↑HVR-Z5J

対象となる製品はカムコーダが2008年発売の『HVR-Z5J』、レコーダがこちらも2008年発売の『HVR-M35J』となります。

生産終了の理由については、「ワークフローの急速なファイルベース化が進んでいる昨今の状況に鑑み、今後はよりファイルベース製品の開発・供給に注力していく」と説明しています。

尚、補修用部品の提供等、保守に関する現行サービスについては部品の保有期間に従い受付。また、HDV機器に使用するDVテープやDVCAMテープシリーズの生産は引き続き継続するとの事です。

HVR-M35J.jpg
↑HVR-M35J

『HVR-Z5J』や『HVR-M35J 』はHDVの拡張規格である24P収録、再生に対応していた為、低予算映画の撮影等に使われてました。

ワタシ自身担当作品で何作品か取り扱った経験が有るんで、ちょっと感慨深いです。

また、M35Jはワタシの会社では、ほぼ使う事も無くなって来ていますが、HDVやDVだけでなく、DVCAMの再生・録画が可能だったり、ミニカセットだけでなくノーマルカセットも使用が出来たり、他のHDV再生機からi.LINK接続する事で「DUPLICATE PLUS」という世代落ちする事なくテープコピーが可能だったりと結構使える機種だった為、結婚ビデオ等を手掛ける小さいポスプロとか、地方のケーブルテレビ局とかでまだ結構使われてるんじゃないかと思います。

まぁ、ファイルベースに以降した方がノンリニア編集機へのインジェスト時間も短縮出来ますし、これも時代の流れですから、しょうがないですね。

Z5Jに関しても、発売から約8年も生産し続けたんですから、SONYも頑張った方だと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る