So-net無料ブログ作成

米SONY、レーザー光源の4K/HDRプロジェクター『VPL-VW5000ES』発表 [その他映像関連機器]

米SONYは、レーザー光源を採用したHDR 4K SXRDプロジェクタ『VPL-VW5000ES』を2016年春に発売すると発表しました。

VPL-VW5000ES_1.jpg

予想販売価格は約6万ドルとなっています。

ホームシアター向けのプレミアムプロジェクタで、4K SXRDパネルとともに、レーザー光源を搭載し、高輝度かつ広色域映像を可能にしています。輝度は5,000ルーメンで、色域はDCI-P3をすべてカバーしています。

また、BT.2020色域表示や、HDR映像にも対応。モーションフローによる残像低減機能も特徴で、特に4Kスポーツ映像でスムーズな映像表現を可能とするとしています。

HDMI入力は、4K/60p、HDCP 2.2、4:4:4 8bit、4:2:2 12bit対応。

電動ズーム/レンズシフト機能を装備。自動キャリブレーション機能も備えています。レーザー光源の搭載により、クールダウン時間を待たずに、すぐに電源OFFできる点も特徴としています。

ITUで定められたHDRの規格(ST2084)では12bit階調、明るさは10,000nits迄規定されてるんですが、このプロジェクター、明るさは何nits迄表示可能なんですかね?プレスリリース見ても書いてないですし、ルーメン表記だとメーカー毎に照射範囲をどう捉えるかで数値が変わって来ますし…。

■プレスリリース(米SONY/英文)
http://www.sony.com/en_us/SCA/company-news/press-releases/sony-electronics/2015/sony-electronics-introduces-the-ultimate-4k-home-t.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る