So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、距離画像センサー技術のSoftkineticを買収 [テクノロジー]

SONYは、イメージセンサーを用いて対象物までの距離を測るToF(Time of Flight)方式の距離画像センサー技術と、関連システム/ソフトウェアを持つベルギーのSoftkinetic Systems(ソフトキネティックシステムズ)を買収したと発表しました。

Softkinetic Systems.jpg

これによりソフトキネティックシステムズはSONYの完全子会社となります。

ToF方式は、光源から出された光が対象物で反射し、センサーに届くまでの光の飛行時間(遅れ時間)と光の速度(3×108m/s)から対象物までの距離が得られる距離測定の方式の一つとなります。

「ToF方式距離画像センサー」は、ToF方式で測距する画素をセンサー上に二次元で配列し、捉えた画像から対象物までの距離イメージを得られます。

ソフトキネティックシステムズの技術をSONYのイメージセンサー技術へ応用する事で、SONYは、イメージセンサーを撮像して記録する用途だけでなく幅広い情報をセンシングする為のセンサーとして活用する事を目指し、新しい距離画像センサーの開発を進めるとしています。

また、ソフトキネティックシステムズの持つToF方式距離画像センサー技術の関連システムとソフトウェアを活用した次世代の距離画像センサーソリューションも提供する予定との事。

ソフトキネティックシステムズは従業員77名と小さい会社ながら、拠点はベルギーのブリュッセルと米国カリフォルニアのサニーベールに持ちます。ToF方式距離画像センサーの開発やライセンス、距離画像信号処理やジェスチャー認識などの距離画像活用ソフトウェアの開発/ライセンス、ToF方式距離画像センサーモジュールの開発、レファレンスデザインの提供などを行なっています。

ソフトキネティックシステムズってToF方式センサーモジュールだけでなく、計測した画像の処理や、ジェスチャー認識などモーションセンサーに活用出来るソフトウェア開発も行ってるみたいですね。

PS4のアップデートPlayStationカメラモーションセンサーの精度がより上がり、PlayStation VRのスペック向上に寄与するなんて事も有るかもしれませんね。

■プレスリリース
距離画像センサー技術を保有するベルギーの
Softkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ社)を買収
~ 新しい距離画像センサーの開発と、そのソリューションの提供に向けて ~
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201510/15-083/index.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る