So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、ワイドFM対応、Bluetooth、USB、HD搭載CDラジオ『ZS-RS80BT』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、BluetoothUSB/SD搭載のCDラジオ『ZS-RS80BT』を11月28日に発売すると発表しました。

ZS-RS80BT_1.jpg

販売予想価格は14,000円前後となります。

Bluetoothを搭載し、USBメモリやSD/SDHC/SDXCカード内の音楽も再生可能なCDラジオ。

NFCに対応したスマートホとワンタッチでBluetoothペアリングして利用可能。プロファイルはA2DP/AVRCPをサポート

コーデックはSBC。SCMS-Tの著作権保護もサポートしています。ステレオスピーカーを内蔵し、ユニットは8cm径のフルレンジ2基、アンプ出力は2W×2ch。低音を増強する「MEGA BASS」機能を搭載。

ZS-RS80BT_2.jpg
↑スマホなどの音楽をBluetooth接続で聴ける

AM/FMラジオを備え、新たにワイドFM(FM補完放送)にも対応したのが特徴となります。災害対策や難聴対策としてAMの番組をFM波で放送するワイドFM(地域によって提供開始時期は異なる)を聴取可能。3局迄のラジオ登録ボタンを装備。10件までのラジオの予約録音(USB/SD)が行なえます。

音楽CDや、MP3/WMAを収録したCD-R/RW、USBメモリ/SDカード内のMP3/WMA/AACを再生可能。音楽CDからUSBメモリ/SDカードに2倍速で録音する事も可能。録音フォーマットは128kbpsのMP3となります。

ZS-RS80BT_3.jpg
↑CDからのUSBメモリ、SDカード録音も可能

ZS-RS80BT_4.jpg
↑上部には大型のハンドルを装備

語学学習用の機能として、リモコンにDPC(再生速度調整)や、-3秒/+10秒のイージーサーチ、A-Bリピートのボタンも備えています。

ZS-RS80BT_5.jpg
ZS-RS80BT_6.jpg
ZS-RS80BT_7.jpg
↑ピッチコントロールやA-Bリピート、イージーサーチ等語学学習用機能を搭載

ステレオミニの音声入力やヘッドフォン出力も装備。電源はACアダプタまたは単2電池6本を使用。電池駆動時の連続使用時間は、CD/USB再生やFM受信が約6時間、Bluetooth接続が約8時間。

ディスプレイは漢字表示に対応。外形寸法は約320×215×133(幅×奥行き×高さ)mm、重量は本体が約2kgで、電池利用時は約2.3kgとなります。

操作ボタンの表記は日本語になってはいますが、フォルムとか全体のデザインは何か懐かしいですね…。90年台前半のラジカセ的な印象を受けます…。

USBメモリとかSDとかに録音された楽曲を再生するというのは有用ですが、わざわざこのレベルのスピーカーにスマホ接続してい音楽を聴くなんて事する意味が無いので、一層の事、Bluetoothはオミットしても良かったと思います。

■SONY商品情報・ストア>ラジオ/CDラジオ・ラジカセ>ZS-RS80BT
http://www.sony.jp/radio/products/ZS-RS80BT/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る