So-net無料ブログ作成
検索選択

米SONY、SONY初のDolby Atmos、DTS:X対応AVアンプ『STR-ZA5000ES』発表 [ホームサラウンド]

SONYは、SONY初のDolby Atmos/DTS:X対応AVアンプ『STR-ZA5000ES』を発売すると発表しました。

STR-ZA5000ES_1.jpg

2016年春の発売を予定しており、価格は2,799ドルとの事です。

「ES」型番の出力130W×9chフラッグシップAVアンプで、4K/UHD入力に対応。Dolby AtmosやDTS:Xなどのオブジェクトベースの最新サラウンド技術に対応し、2chのアンプ追加により最大11.1chシステムを構築可能となっています。

高速動作のDSPや、プリアンプ部向けの新ICなどを搭載する他、信号ラインの最短化なども実現。フレーム/ビーム構造の強固なシャーシを採用しています。

HDMIは入力6系統、出力2系統で、4K/60p(4:4:4)信号入力やHDCP 2.2もサポート。8ポートのEthernetハブも備えています。

尚、現在国内におけるSONYのAVアンプは、上位モデルで「ES」型番の『TA-DA5800ES』が生産終了となっており、『STR-DN1060』、『STR-DN850』と『STR-DH750』の10万円以下の3製品のラインナップとなっています。

国内では、住宅事情からホームサラウンドといってもサラウンドバータイプが主流ですし、しょうがないとは言え、ESシリーズのAVアンプがラインナップに無い状態というのは寂しいものです。

是非とも、このZA5000ESを国内でも発売して欲しいですね。

ちなみに、Dolby Atmos対応アンプのスピーカーアサインは、5.1.2(5.1chにオーバーヘッドスピーカー:OHSP×2ch),5.1.4,7.1.2,7.1.4,9.1.2迄規格上制定されていますが、他社の対応アンプを見ると、11.1chでも7.1.4ch迄の対応で、9.1.2ch非対応だったりするんですが、ZA5000ESはどうなんでしょう?

■プレスリリース(米SONY/英文)
http://www.sony.com/en_us/SCA/company-news/press-releases/sony-electronics/2015/sony-electronics-launches-es-receiver-designed-for.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る