So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、IFA2015でハイレゾ対応デスクトップオーディオ『CAS-1』発表 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、IFA2015に先駆けて行われたプレスカンファレンスで、ハイレゾ対応のデスクトップオーディオシステム『CAS-1』を発表しました。

CAS-1_01.jpg

欧州での販売価格は900ユーロ。発売時期は言及されていません。カラバリは「ブラック」と「ホワイト」の2色となりますが、欧州での発売は「ブラック」のみとの事です。

尚、国内での発売は未公表ですが、日本での発売も予定されているとの事です。

『CAS-1』はPCやヘッドフォンとつないで卓上で使う、デスクトップオーディオシステムとなります。専用のアンプと2ch、2Wayのスピーカーがセットで、入力は、アンプ部の前面にUSB-A、後面にUSB-Bが1つで、USB-BとPCを接続してUSB DAC搭載オーディオシステムとして動作します。

前面にヘッドフォン端子。天面にはNFCが備えられています。Bluetoohでの接続は、SBC/apt-x/LDACに対応。USB-Aに接続したメモリーカードなどに含まれた曲から再生したいものを選んで聞く事も可能となっています。

また、SongPalアプリを使用したコントロールが可能となっています。

開発コンセプトは、「ソニーとしては、コンパクトなものでもいい音を楽しんでいただきたいと思っています。小さな音しか出せないから、と我慢してほしくはありません。そこで、ハイエンドオーディオの開発者が本気で取り組み、小さいけれど本物の音が楽しめるものを開発しました」としています。

『CAS-1』は、付属のスピーカーとヘッドフォンの両方で楽しめるのが特徴ですが、アンプ部の中には、スピーカー用とヘッドフォン用、それぞれに最適化されたアンプが内蔵されています。2つのアンプがあることから、SONYではこれを「デュアルアンプ」と呼んでいます。

ヘッドフォン用のアンプ部は、ヘッドフォンアンプ『PHA-2』を流用したものとの事。一般的なオーディオ機器では、スピーカー用の出力を流用する場合が多くなっていますが、『CAS-1』では敢えて別系統としています。

また、スピーカー用のアンプについては、完全新規設計のデジタルアンプ「S-Master」を搭載。初代「S-Master」の開発に携わったスタッフが担当して開発しています。

初代S-Masterが登場してから10年が経過していますが、その間に起きたデバイス技術の進化に合わせて、より精度の高いものを目指したとの事です。

尚、付属のスピーカーは62mmのウーファーには、低歪・高剛性にこだわった素材と機構が採用され、14mmのツイーターも、ハイレゾ音源に求められる音場感・空気感を重視したものが使われています。スピーカーのボディのバッフル板には、12mm厚のMDFを使用し、胴板にはバーチ合材を使用。

こちらにも、SONYのハイエンドオーディオである「ES」シリーズのエンジニアが関わり、ESシリーズに近い素材での製造が行われているとの事。

スピーカー部にはメタル製の足と、下敷きになる金属の板がセットになっています。これは、机上で音場を構成する際、8度の仰角をつけて机などでの過度な反響を防止し、理想的な音場を作るために用意されたものとの事です。これらも別売ではなく同梱されているとの事。これは「オールインワンで求める高音質を再現するためにこだわった部分である」としています。

更に、スピーカー利用時に特筆すべきなのが「Low Volume Mode」となります。深夜であったり、集合住宅であったり、同居する家族への気遣いであったりと、「音楽は聴きたいのに大音量は出せない」時が多々有ります。

だからこそ、特に都会ではヘッドフォンでの視聴ニーズが増えている。音が小さい=音圧が小さい状態だと、人間の耳には高音・低音が聞こえにくくなり、中域だけが目立つ不自然な音になる。だからこそ、我々は小さい音では満足しにくい。

こういった場合に「Low Volume Mode」を用意する事で、こうした不満の解消を試みているとの事です。聴感上、小さな音では聞き取りづらくなる周波数帯(高音や低音)の音圧を補完する事で、小さな音でも全域の音が聴こえる様にしています。

また、スピーカー用のアンプの電源電圧が可変で運用される仕組みになっており、音量を絞っても、音質を司る音声データそのものは変わりにくいとの事。

一般的なボリューム制御では、小さな音量では再現できない部分が多くなりますが、「パルスハイトボリューム」と呼ばれる『CAS-1』で採用されたボリューム制御では、音量データの特徴が極端に失われる事が無くなっているそうです。

900ユーロという事では、国内発売時は10万円を越えますね…。現状USB DACアンプ『UDA-1』ハイレゾ対応2WAYスピーカー『SS-HA3』を購入しても9万円を切りますから、新「S-Master」と「ES」シリーズ譲りのスピーカーでどれだけ高音質を実現するかが肝ですかね?あとは圧倒的なコンパクトさというのも売りだとは思いますが、『UDA-1』はS/PDIFや同軸デジタル、RCAなど入力端子が豊富な事から、複数のオーディオプレイヤー接続が可能というのも魅力ですし…。

国内発売の暁には、是非試聴しに行きたいと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る