So-net無料ブログ作成

SONY、4Kホームプロジェクター2モデル発売 [その他映像関連機器]

SONYは、ネイティブ4K解像度のSXRDプロジェクタとして、HDR対応の『VPL-VW515』を10月9日より発売すると発表しました。

VPL-VW515_1.jpg
↑HDR対応4Kプロジェクター『VPL-VW515』

価格は90万円となっています。

また、リビングシアター向けの『VPL-VW315』も同日より発売、こちらの価格は75万円となります。

いずれも、0.74型/4,096×2,160pixの4K SXRDパネルを搭載したプロジェクタとなります。2014年発売の『VPL-VW500ES』の後継モデルで、『VPL-VW515』はHDR映像に対応した上位機、『VPL-VW315』は明るいリビングシアター向けの4Kエントリープロジェクタと位置づけられています。

VPL-VW315_1.jpg
↑リビングシアター向け4Kプロジェクター『VPL-VW315』

SXRDデバイスは、VW500ES世代から変更は有りません。カラーはVW515がブラック、VW315がプレミアムホワイトのみとなります。

上位モデルのVW515は、次世代BDの「UHD Blu-ray」や映像配信サービスでの導入が見込まれるHDR信号に対応。HDR対応カメラで撮影された高品位かつダイナミックレンジ豊かな映像をそのままプロジェクタで表示可能になるとしています。

HDR対応に合わせて、オートアイリスによるコントラスト向上機能「アドバンストアイリス3」も搭載しています。VW515のダイナミックコントラストは30万:1(VW315はオートアイリス非搭載のため数値なし)。輝度はVW515が1,800ルーメン、VW315が1,500ルーメンとの事。

また、使用時間の経過により発生する色バランスのズレを、自動で初期状態に補正する「オートキャリブレーション」も、VW515のみ搭載。本体に内蔵のカラーセンサーにより、ホワイトバランスなどのカラーマネジメントを自動で補正。常に最良な状態を維持するとしています。

映像処理回路は共通で、データベース型超解像処理LSI「リアリティクリエーション」によるフルHDの高精度な4K化や、ソニピによる4Kマスタリング(記録解像度はフルHD)のBDソフトを忠実に4K復元する「Mastered in 4K」などに対応。

また、ゲーム使用時の低遅延モードも導入。一部の高画質処理を省略する事で、遅延発生を抑制し、画質モード[ゲーム]選択時には自動的に低遅延が働くように設計しています。

レンズは光学2.06倍の電動ズーム/フォーカスレンズ。レンズシフトも可能で、上85%、下80%、左右方向31%の投写画面移動に対応。レンズシフト位置はリモコンから調整可能です。

60~300型の投写に対応。ランプは高圧水銀で280W(VW515)/225W(VW315)、寿命を大幅に延長。ランプ[低]時の寿命は6,000時間にアップ(VW500ESでは4,000時間)で、2時間の映画を毎日見ても約8年間利用できる為、一般的な家庭での利用では、殆どランプ交換の必要が無いとしています。

3D表示にも対応。「フルHDグラス・イニシアチブ」準拠のものであれば、他社製メガネを含めて利用可能。ガンマモードは、11種類(10種類+OFF)から選択可能となっています。

入力端子はHDMI×2のみで、コンポーネントやPC入力などは備えていません。HDMIは、4K/60p信号(4:2:0)の入力や、著作権保護技術のHDCP 2.2に対応。HDMI以外に、2系統のトリガー端子やEthernet、RS-232C、IR IN、USB端子などを装備します。

VPL-VW515_2.jpg
↑VW515の側面

VPL-VW515_4.jpg
↑VW515の端子部

消費電力は、VW515が最大410W(リモートスタート入:1W)、VW315が最大350W(同:1W)。動作音は約26dB。外形寸法は約495.6×463.6×195.3(幅×奥行き×高さ)mm、重量は14kg。リモコンが付属。尚、VW315のリモコンは、新デザインの『RM-PJ28』となります。

VPL-VW515_3.jpg
↑VW515の同梱リモコンは『RM-PJ24』

VPL-VW315_2.jpg
↑VW315の同梱リモコンは新デザインの『RM-PJ28』

VW515のHDRはいったい何nitsくらい出るんですかね?ドルビー規格では4,000nitsですが、液晶テレビでも現状1,000nitsが頭打ちですから、プロジェクターとなるともっと暗い気がします。

ただ、VW1100で採用された技術がかなり流用されてるんで、この価格はかなりお買い得だと思います。

■プレスリリース
ネイティブ4K(4,096×2,160ピクセル)の高画質モデルなど
家庭用ホームシアタープロジェクター3機種を発売しラインアップを拡充
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201509/15-0904/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る