So-net無料ブログ作成
検索選択

欧SONY、α7SIIを発表 [Cyber-shot/α]

SONYは現地時間11日、超高感度撮影と本体のみでの4K動画撮影が可能なEマウント一眼カメラα7S IIの発売を発表しました。

α7SII_01.jpg

11月に発売し、価格は3,400ユーロ

国内での発売は未定となっています。

2014年12月発売の超高感度撮影が特徴のα7Sの特徴を継承しながら、α7 II/α7R IIで新たに搭載された5軸のボディ内手ブレ補正が追加されています。

α7SII_02.jpg

α7SII_03.jpg

また、α7Sでは外部レコーダを必要としていた4K動画撮影機能も、α7S IIでは本体のみで録画可能となるなど、動作撮影機能も強化されています。

35mmフルサイズの1,220万画素センサーと、画像処理回路の「BIONZ X」を搭載し、最高ISO409600の高感度撮影が可能。AFも強化されており、ファストインテリジェントAFによる、AFポイントは169点(α7Sは25点)となっていましう。また、ビデオ撮影時のAF速度も従来比2倍に向上したとの事です。

4K/3,840×2,160pix動画撮影機能も強化され、外部レコーダなしで、本体のみでの4K/30p、24p撮影が可能となりました。動画フォーマットはXAVC S。また、1,920×1,080pixのフルHD記録時には、120fpsのハイスピード撮影が可能で、フルHDのスローモーション動画記録が行なえます。なお、4K動画記録の為には、100Mbps/UHS Class 3対応のSDメモリーカードが必要となります。

α7SII_06.jpg
↑シャッターユニット

S-Log2、S-Log3、S-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineなどのガンマや色域をサポート。トータル14stopの広いラティチュードを実現します。

ビューファインダーは0.78倍(α7Sは0.71倍)の有機ELを新採用。NFCや無線LANやも搭載し、Android/iOSアプリの「PlayMemories Moblie」からの操作も可能となっています。

α7SII_04.jpg
↑ビューファインダーは0.78倍

α7SII_05.jpg
↑液晶はチルト可能

予想以上に発売が早くて驚きました。画素数は1,220万画素ですが、超高感度且つ4K動画が本体収録可能、S-Log3/S-Gumat3対応という事で、デジタルシネマ用途にも使われそうですね…。

ちなみに、S-Gumat3はデジタルシネマのカラースペースであるDCI-P3と親和性が高く(S-Gumat3をRGBそれぞれ縮小していくとP3に近くなる)なっている為、業務用4Kカムコーダー『F65』や『PMW-F55』では良く使われています。

しかし、欧州で3,400ユーロっていう事は、日本円で46万円ぐらいですが、国内では48万ぐらいでの販売価格になりそうですね…。

■プレスリリース(欧SONY/英文)
Sony expands range of compact full-frame mirrorless cameras with the launch of the ultra-sensitive α7S II
http://presscentre.sony.eu/pressreleases/sony-expands-range-of-compact-full-frame-mirrorless-cameras-with-the-launch-of-the-ultra-sensitive-a7s-ii-1216386




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る