So-net無料ブログ作成
検索選択

SMC、Xperia Z5シリーズを正式リリース [Xperia]

ソニモバは、世界初となる4K解像度のディスプレイを備えたスマホ Xperia Z5 Premiumなど、Xperia新機種3モデルを発表しました。

XperiaZ5_5.jpg

5.5型で4K液晶のXperia Z5 Premiumをグローバルで11月に、5.2型フルHD液晶のXperia Z5と、4.6型HD液晶のXperia Z5 Compactをそれぞれ10月に発売予定としています。

いずれも、ドイツ・ベルリンで9月4日~9月9日(現地時間)に開催される国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2015」において出展されます。日本での発売時期は、改めて発表される予定との事。

Xperia Z5 Premiumは、スマホで世界初となる4K/3,840×2,160pixの5.5型トリルミナス液晶を搭載。4Kビデオカメラなどで撮影した映像などを、そのままの解像度で表示できます。Xperia Z5は1,920×1,080pix、Xperia Z5 Compactは1,280×720pix。

本体カラバリは、Xperia Z5がホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色。Z5 Compactはホワイト、グラファイトブラック、イエロー、コーラルの4色。Z5 Premiumはクローム、ブラック、ゴールドの3色となります。

XperiaZ5_1.jpg
XperiaZ5_6.jpg
↑Xperia Z5のカラバリ「ホワイト」

XperiaZ5_2.jpg
XperiaZ5_7.jpg
↑Xperia Z5のカラバリ「グラファイトブラック」

XperiaZ5_3.jpg
XperiaZ5_8.jpg
↑Xperia Z5のカラバリ「ゴールド」

XperiaZ5_4.jpg
XperiaZ5_9.jpg
↑Xperia Z5のカラバリ「グリーン」

XperiaZ5Compact_2.jpg
XperiaZ5Compact_5.jpg
↑Xperia Z5 Compactのカラバリ「ホワイト」

XperiaZ5Compact_1.jpg
XperiaZ5Compact_6.jpg
↑Xperia Z5 Compactのカラバリ「グラファイトブラック」

XperiaZ5Compact_3.jpg
XperiaZ5Compact_7.jpg
↑Xperia Z5 Compactのカラバリ「イエロー」

XperiaZ5Compact_4.jpg
XperiaZ5Compact_8.jpg
↑Xperia Z5 Compactのカラバリ「コーラル」

XperiaZ5Premium_1.jpg
XperiaZ5Premium_4.jpg
↑Xperia Z5 Premiumのカラバリ「クローム」

XperiaZ5Premium_2.jpg
XperiaZ5Premium_5.jpg
↑Xperia Z5 Premiumのカラバリ「ブラック」

XperiaZ5Premium_3.jpg
XperiaZ5Premium_6.jpg
↑Xperia Z5 Premiumのカラバリ「ゴールド」

Xperia Z5 Premiumのみの特徴として、フルHDなどの動画/静止画も4Kにアップスケーリングする機能を搭載。設定でX-Reality for mobileをオンにする事で、アプリなどを問わず表示するコンテンツを4Kにアップスケーリング可能。

アップスケーリングにはQualcomm製のチップセットとソフトウェアにより実現しているとの事です。4K対応コンテンツのプリインストールも検討されていますが、地域や通信事業者により異なるそうです。

各モデルの画素密度は、Z5 Premiumが806ppi、Z5が428ppi、Z5 Compactが323ppi。なお、Xperia Z5は、Z4と同じ液晶デバイスを使用。Xperia Z5/Z5 CompactにもX-Reality for mobileを搭載していますが、これは両モデルのディスプレイに合わせた高画質化機能となっています。

3機種の大きな違いはディスプレイのサイズ/解像度と動作メモリやバッテリで、カメラ機能やCPUなどの基本仕様は共通。Z4と比べた大きな違いはカメラの性能向上や、新たに指紋認証に対応した点などとなります。

Xperia Z1~Z4に搭載しているカメラモジュールを一新し、デジタル一眼カメラαの技術を活かした新たなセンサーを搭載。サイズは1/2.3型で名称も同じ「Exmor RS for Mobile」ですが、有効画素数2,300万画素の積層型CMOSセンサーを採用(従来は2,070万画素)。レンズはF2.0のGレンズとなります。

カメラのAFも強化され、コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせたハイブリッドAFにより、最速0.03秒のAFを実現。デジタル5倍ズームの「Clear Image Zoom」にも対応。高解像度のセンサー画素から切り出した後のデータに信号処理する事で、高画質のままズームできるという機能で、信号処理の見直しにより、粗くならずにデジタル5倍ズームできるとしています。

ズーム時の画面表示も強化され、現在何倍にズームしているかをメーターだけでなく数値でも表示できる様になっています。暗所撮影にも強く、ノイズを抑えた夜景などの撮影も可能となっています。手ブレ補正機能も強化。HDR撮影にも対応。その他、カメラアプリの進化点として、「Superior auto」機能により、色合いと明るさの調整が可能となっています。

新たに、指紋認証機能も搭載。側面の電源ボタンにセンサーを内蔵し、ワンタッチでログイン可能。設定時に複数回タッチさせておく事で様々な角度から認証でき、最大5本までの指を登録可能。

3機種とも、バッテリは最大2日間持続可能(スタミナモードOFF時)としており、容量は、Z5 Premiumが3,430mAh、Z5が2,900mAh、Z5 Compactが2,700mAh。

ハイレゾ音楽再生にも引き続き対応。Z4と同様に192kHz/24bitのWAVやFLACなどを再生可能で、Bluetooth接続時のコーデックはLDACにも対応。接続したヘッドフォンに再生音を最適化する機能も備えています。

本体のハイレゾ再生機能はZ4と共通ですが、別売でハイレゾ音声と、デジタルのアクティブノイズキャンセリング(NC)の両方に対応したヘッドセット『MDR-NC750』を用意。カラバリはブラックとホワイトの2色となります。

MDR-NC750_1.jpg
↑MDR-NC750のカラバリ「ブラック」

MDR-NC750_2.jpg
↑MDR-NC750のカラバリ「ホワイト」

また、Bluetoothヘッドセットの『SBH54』もオプションで用意。カラーはブラック。FMラジオも内蔵しています。尚、LDACは非対応となっています。

SBH54_1.jpg
↑SBH54

SBH54_2.jpg
↑『SBH54』のレシーバ部。液晶も搭載している

Xperia Z5シリーズの本体デザインは、従来と同様にスウェーデンと日本のデザインセンターで設計。Z5の背面ガラスには、Xperia初というフロストガラス加工によりつや消し処理を行ない、フレームとの一体感を持たせる事で、手になじむシンプルなデザインに仕上げたとしています。

また、側面にも初めてXperiaのロゴを配した。一方で、Xperia Z5 Premiumは、光沢のある仕上げとした事で高級感を持たせているとの事です。

CPUは、Z4と同じ64bitで2GHz/1.5GHzオクタコアのSnapdragon 810を3機種とも搭載。ストレージは32GBで共通。microSDスロットも備えています。メモリはZ5/Z5 Premiumが3GBで、Z5 Compactが2GBとなっています。

外形寸法と重量は、Z5 Premiumが154.4×75.8×7.8(縦×横×厚さ)mm、180g。Z5が146×72×7.3(同)mm、154g。Z5 Compactが127×65×8.9(同)mm、138gとの事。

ほぼ、昨日のリーク情報やワタシの予想通りのスペックでしたね。

リーク情報のお陰で驚くべき新情報は有りませんでしたが、流出画像ではハッキリ分からなかったカラバリがやっと判明しました。

個人的にはZ5のグラファイトブラックやZ5 Premiumのクロームが気になります。

また、Z5 Premiumのバッテリー容量が3,430mAhと、4K/5.5型ディスプレイを搭載した端末にしては少ないと思うんですが、スタミナモードをオフって丸2日バッテリーが持つっていうのはにわかに信じられません…。

Z5 Premiumがかなり気になります…。国内での発売日を早く発表してくれませんかね?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る