So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、Bluetoothワイヤレススピーカー内蔵LED電球『LSPX-100E26J』 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、LED電球とBluetoothスピーカーを融合させた『LSPX-100E26J』を発売すると発表しました。

LSPX-100E26J_1.jpg

発売日は5月23日。販売予想価格は24,000円前後となっています。

「空間を活用して新たな体験を提供する」という「Life Space UX」コンセプト製品の第2弾。

AV製品を住空間に溶け込ませ、生活必需品化を目指しており、電球型のスピーカーであれば家の各所で利用でき、同時に空間を大きく変えずに音と光が楽しめるのが特徴としています。

大きな特徴は、外形寸法約61×116(直径×長さ)mmと、一般的なLED電球と同様のサイズを実現している点となります。E26の口金も採用し、一般的なダウンライト、フロアスタンドライト、ペンライト、スポットライトなどに取り付けられます。

重量は約205g。SONYとして訴求はしていませんが、別途変換アダプタを用いる事でE17型にも装着できるとの事。

LSPX-100E26J_2.jpg
↑一般的なLED電球と同様のサイズ

LSPX-100E26J_3.jpg
↑リモコンも付属する

同様の製品は他社からも発売されていますが、『LSPX-100E26J』の特徴はスピーカーが電球の前面に配置されている点となります。スピーカーが後方に配し、その前に電球を配置すると音が遮られて音質が低下します。それを防ぐために、ユニットを一番前に配置しています。口径は40mmフルレンジで、出力は2W。

LSPX-100E26J_7.jpg
↑口径は40mmのダイナミックスピーカーを本体の先端部に配置

尚、ユニットをLEDの前に配置すると、それが光を遮る事になります。壁などに光を当てると、黒い輪っかのような影が出ます。それを解消する為、LEDを取り巻く透明な円筒導光板を採用し、器具シェード全体を照らす事ができる広配光制御を実現。新開発の「光学レンズグローブ」も採用しています。

LSPX-100E26J_4.jpg
↑器具シェード全体を照らす事ができる広配光制御を実現

LSPX-100E26J_5.jpg
↑独自の光学技術 「光学レンズグローブ」を搭載

Bluetooth接続が可能で、コーデックはSBC/AACに対応。LDACには開発時期の関係で非対応。ボリュームコントロールと調光機能を備えたリモコンが付属しており、背面にNFC装備。対応スマホを使えば、ワンタッチでペアリングが可能です。

LSPX-100E26J_6.jpg
↑ボリュームコントロールと調光機能を備えたリモコンが付属

LSPX-100E26J_8.jpg
↑NFC搭載でスマホ等とワンタッチペアリングが可能

また、SONYが提供しているアプリ「SongPal」からも制御が可能。調光やボリューム調整ができるほ他、プリセットイコライザも用意。このイコライザは、取り付けるスタンドの形状別にプリセットが用意されています。

尚、Bluetoothの同時ペアリング可能台数は1台のみ。1台のスマホから、2台、3台といった複数個の『LSPX-100E26J』に同時接続して、それらから一斉に音楽を流すといった使い方はできません。「SongPal」を用いて、複数台の照明コントロールをする事は可能との事です。

明るさは全光束360ルーメン以上で、一般電球の約30W相当。消費電力はトータルで9W、LED部分のみで7Wとなります。

色温度は3000Kで、電球色としてはやや高めを採用。「音量と色温度の関係を調査した結果決まったもので、音楽を聴きながらリラックスして本を読むといったシーンに良い色温度」だとしています。

LSPX-100E26J_10.jpg
↑利用イメージ

CESには展示されていましたが、まさか本当に製品化するとは…。総出力2Wのスピーカーだと音質も悪いでしょうし、幾ら色温度が高いと言っても、日本の蛍光灯がデフォルトの様なご家庭には30W相当の明るさっていうのは辛いんじゃないでしょうか?

「明るいところで本を読むと目が悪くなる」と教育されている欧米のご家庭とか、国内ではダウンライトを多用しているデザイナーズ物件とか向きでしょうか?

また、折角LED電球も安くなって来たのに、この程度のスピーカー内蔵したからって24,000円っていう価格は高すぎな気がします…。喫茶店とかだったら天井埋め込みのスピーカーの施工費を考えたら安いかも?とも思いましたが、スピーカー機能のペアリングがスマホ等と1:1でしか接続出来ないと業務用途としては使えませんね…。よっぽど狭いお店なら別ですが…。

「SongPal」アプリから複数の照明のコントロールは出来るとの事ですが、スピーカー接続は1つしか出来ないのに、複数の『LSPX-100E26J』を備える必要有りませんから実用的では無いですね。

アイディアは面白いですし、少しでも高音質化を図るというのはSONYらしい製品だとは思いますが、価格設定が高すぎるのと、複数台の『LSPX-100E26J』のペアリングが出来ないのが惜しい製品です。

せめて、2台接続でステレオスピーカーになるという製品であれば評価したんですが…。

■プレスリリース
音と光が降りそそぐ空間をソケットに差し込むだけで実現できる
LED電球スピーカーを発売
~電球を取り替えるだけで、照明が音楽再生機器に~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201505/15-0512B/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る