So-net無料ブログ作成

SONY、FM補完放送対応ラジオ、CDラジオなど3モデル発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、FM補完放送にも対応したラジオの新モデルとして、キューブ型のクロックラジオ『ICF-C1』、CDプレーヤーも備えた『ZS-S40』、防水タイプの『ICF-S80』の3モデルを発売すると発表しました。

ICF-C1_01.jpg
↑キューブ型ラジオ『ICF-C1』

販売予想価格と発売日は、『ICF-S80』と『ZS-S40』が2月21日で6,500円前後と7,500円前後。『ICF-C1』が2月28日で4,500円前後となっています。

3モデルに共通するのは、FM補完放送に対応している点となります。AM放送局の放送区域において、災害対策の為にFM放送用周波数を用いて、AM放送の補完的放送を行なうもので、AMラジオ3社が予備免許を取得し、2015年春~秋に東京スカイツリーからFM放送を開始する予定となっています。

周波数はTBSラジオが90.5MHz、文化放送が91.6MHz、ニッポン放送が93.0MHz。空中線電力は各7kW。

その他の地域では、富山県の北日本放送 災害と、愛媛県 松山 南海放送が昨年の12月から、鹿児島県の南日本放送 災害が今年の2月から既に開始。3月1日からは広島のRCC、山口のKRY、和歌山のWBS、秋田のABSラジオが開始予定となっています。

SONYによれば、四国など、既に補完放送がスタートした地域から「補完放送の対応モデルを教えて欲しい」といった問い合わせが沢山来ており、ユーザーからの注目度が高いと判断したとの事。

更に、FMと比べた場合のAMの聴取頻度は、ラジオ受信機、ラジカセユーザーの中でも高く、毎日ラジオを聴き、生活の一部になっているユーザーが多いとし、補完放送がラジオの需要促進に好影響を及ぼすと判断。対応機器を強化していくとしています。

●キューブ型クロックラジオ『ICF-C1』

FM/AMアナログチューナを搭載。受信周波数はFMが76MHz~108MHz、AMが531kHz~1,620kHz。時計表示が可能で、目覚まし機能も搭載。ブザー音だけでなく、ラジオの音で起きる事も可能。カラバリはブラックとホワイトの2色となっています。

ICF-C1_02.jpg
↑操作ボタンやチューニングチャンネルの表示は天面に配置

尚、バッテリは非搭載で、常時コンセントに接続して利用する仕様。時計保持機能は備えており、コイン電池が付属します。

ディスプレイの明るさは3段階から調整可能。おやすみタイマーも搭載しています。スピーカーは6.6cm径で、出力は100mW。消費電力は5W。外形寸法は101×101×102(幅×奥行き×高さ)mm、重量は約480gとの事。

●CDラジオ『ZS-S40』

ラジカセのようなデザインのCDラジオ。カセットデッキは搭載していません。カラバリはホワイト、ブラック、ブルーの3色となっています。

ZS-S40_01.jpg

FM/AMシンセチューナを搭載。お気に入りのラジオ局を3局まで登録する機能を備えています。2W×2chのステレオスピーカーを搭載。8cm径のフルレンジユニットを採用しています。

ZS-S40_02.jpg
↑お気に入りのラジオ局を3つまで登録可能

CDプレーヤー部は、MP3/WMAを収録したCD-Rの再生にも対応。外部入力端子も備え、ヘッドフォン出力も搭載しています。

電源はAC駆動に加え、単2電池6本での動作も可能。AC電源時の消費電力は約13W。外形寸法は300×210.5×12(幅×奥行き×高さ)5mm。重量は電池込みで2kg。

●防水タイプ『ICF-S80』

取っ手を備え、お風呂やキッチンなどの突起がある場所に引っ掛けられるラジオとなります。

ICF-S80_01.jpg

IPX4防沫仕様となっており、シャワーを浴びながら聴くといった使い方が可能。FM/AMの受信周波数はFMが76MHz~108MHz、AMが531kHz~1,710kHz。

シャワーや洗い物の音に負けない音量を実現する為、スピーカーの出力は500mW。ユニットは7.7cm径を採用しています。尚、スピーカーはモノラルタイプとなります。

ICF-S80_02.jpg
↑操作ボタンは天面

バッテリ駆動のみで、電池は単2電池×3本を使用。電池の持続時間はFM/AMどちらも約100時間。外形寸法は約145×128.4×62.1×128.4×(幅x奥行きx高さ)mm、重量は575gとなっていいます。

ICF-C1はバッテリー非搭載、AC接続が必要って…。災害時のFM補完放送対応を謳っているのにバッテリー駆動しないってのは…。デザインは良いんですが…。

最近、ポータブルワイヤレススピーカーにしてもそうですが、キューブ型デザインのSONY製品が増えて来た気が…。

■SONY製品情報 > ラジオ/CDラジオ・ラジカセ > 商品ラインアップ > ICF-C1
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-C1/
■SONY製品情報 > ラジオ/CDラジオ・ラジカセ > 商品ラインアップ > ZS-S40
http://www.sony.jp/radio/products/ZS-S40/
■SONY製品情報 > ラジオ/CDラジオ・ラジカセ > 商品ラインアップ > ICF-S80
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-S80/




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

catwalk

学生時代は毎日オーティオタイマー(AKAI)でラジカセ(AIWA)のFMラジオを鳴らし目覚まし代わりにこれで起きていました。SONYとは関係ないですねw
ICF-B01 を持っています。FMの1,2,3chが勿体ないなと思っていましたが補完で使われるとうれしいですね。
キューブ型にコンセントの線は想像し難いです、アナログラジオ搭載なら発電機能もつけたらバッテリー仕様の方が良さそうですね。



by catwalk (2015-02-06 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る