So-net無料ブログ作成

DTC-1000ES(SONY驚異の技術力!) [コンポ/ホームオーディオ]

この製品は、1987年に定価200,000円で発売されたSONY製DATデッキの1号機となります。

DTC-1000ES_2.jpg

DATはビデオデッキと同様のヘリカルスキャンヘッド(回転ヘッド)による記録再生方式をとっています。

”DTC-1000ES”のヘッドドラム は、直径30mmの超小型で2個のヘッドが取り付けられ、テープはドラムの4分の1に接触する「90°ラップ」 という方式をとっていました。

この方式により、テープをローディングしたままで高速サーチが可能となっています。これは、ビデオテープを超小型化した様なもので、ベータを始めとした高いビデオ技術のノウハウを持つSONYならではという技術です。

駆動部は、最も贅沢な4DD(ダイレクト・ドライブ)方式で、ドラム、テイクアップリール、サプライリール、キャプス
タンのそれぞれにダイレクトドライブでSONY自慢のリニアBSLモーターを1個ずつ搭載しています。

この他に、テープローディング用に1個、カセットローディング用に2個のモーターを搭載し、メカ部全体では計7個のモータ を搭載という高コストかつ複雑な構造をしていました。

精密さが要求されるメカシャーシには、非磁性体の高硬質アルミ合金を使い、メカニズムを構成するパーツを
ブロック単位でまとめ、信頼性を向上させていました。高硬質アルミ合金は、加工性の高さと鋼板の強度を併
せ持ち、剛性を増したもので、平面度などにおいて高い精度を持ち、精度を長期にわたって維持できるという
特性をもつ優れた素材という事でした。

テープ走行系メカニズムは、ドラムヘッドブロック、キャプスタンブロック、リールモーターブロック、テンション・レギュレーターブロックに分かれ、それぞれのブロックが数本 のビスで高硬質アルミ合金ベースユニットにマウントされた構造で、ここのパーツをそれぞれにマウントする方 式に比べ高い精度が得やすく、精度が長く維持でき、振動や電気的なシールドも容易であるというメリットを持 っていました。

また、"DTC-1000ES"は、CDと異なり接触式でテープであるという点が大きく異なる為、デジタル信号処理回路
やサーボコントロールもかなり違いが有ります。2つのヘッドが交代で90°ずつテープに接触して信号を記
録したり読み取ったりする関係で、ヘッドが接触していない空白の時間が生じ、それを埋める為、録音時には信
号をデジタル信号処理回路でキャッシュしておき、ヘッドが接している間に圧縮して送り込み、読み取り時には逆の動作を行っていた様です。

また、テープである関係上、信号面のキズによるエラーに強くする必要がある為、 「インターリーブ」と「ダブルリード・ソロモンコード」という、CDより大幅に強化されたエラー訂正処理を行っていました。

これらのデジタル信号処理は当然大規模なものになる為、1チップでCD全体を制御できる程の、 15万~20万個という高集積度を誇る新開発のLSIを2個搭載していました。

また、サーボ系は、高度な4DDメカニズムに対して、ドラム制御、キャプスタン制御、両リールモーター制御の3
系統に分かれており、非常に高精度なサーボコントロールが行われていました。ドラム制御は、毎分2000回転
を正確に維持する為に専用ICによるデジタルサーボを新開発して搭載していました。

キャプスタンサーボには ヘッドのトラッキングずれを防ぐ為に極めて高精度なコントロールが必要とされます。記録時にトラッキングを コントロールするための信号を書き込み、再生時にはその信号を読み取ってサーボをかけることで自動的にトラ ッキングを調整するATF(Auto Tracking Finding・自動トラッキング追尾システム)を採用しています。

リー ルモーターは、それぞれDD(ダイレクトドライブ)となっている事を利用し、テープのテンションを一定に保つサー ボにより極めて正確な回転を実現していました。

録音系のA/Dコンバーターには、世界の録音スタジオで使われていた何百万円もするSONYの業務用デジタルレコーディングシステ ム”PCM-1630”や”PCM-3324”に使用しているデバイスと全く同じA/DコンバーターをLR独立して使用し高い信頼性を実現していました。

再生系のD/Aコンバーターには、4倍オーバーサンプリング・デジタルフィルター とLR独立のデュアルD/Aコンバーターを搭載しています。左右独立のA/D、D/Aコンバーターに対応して 全体もツインモノコンストラクションになっていました。また、アースポイントの電位差に起因するグランドノイズを排 除する為、1ポイントアース設計になっています。

更に、基板にはバスアースを設けて,基板インピーダンスを 低下させる事で、高周波の影響を受けにくくし構造的にも補強を施して、分割振動の低減を図っていました。

また、デジタル系とアナログ系の相互干渉を防ぐ為に、電源系もデジタル・アナログ独立構成とされ、電源トランス自体オーディオ系用とデジタル系とその他コントロール、メカドライブ用を独立させた2トランス構成となっています。

また、2つのトランスのアースポイントを一致させ、グランドループノイズを排除する為、1モジュールの中に樹脂を充 填して封入した構造になっています。

内部構造も、右半分がA/D、D/Aを含めたオーディオ回路ブロック、左半分がテープ走行系メカニズム、電源回路、デジタル信号処理回路、システムコントロールはフロントパネルのすぐ後ろというように、それぞれ ブロック構成となっていました。

DTC-1000ES_3.jpg
↑”DTC-1000ES”の内部構造

頑丈な外部シャーシに加え、アナログブロック、デジタル信号処理、テープ走行系メカニズムを分ける形で、サブシャーシに設置され、強度を増すと共にシールドの強化が図られていました。

更にアナログブロックを取り巻くシャーシには銅メッキが施され、磁気歪みの低減が図られています。

DATは、テープ上に音楽とは別にサブコードを記録するスペースが設けられ、それを利用したデジタルならではの
高度な機能が実現されていました。スタートIDという信号を自動・手動で打ち込む事により、頭出しが可能になっていました。

・スキップ再生(スキップIDを打ち込む事により不要な部分を自動的に飛ばして再生)
・ダイレ クトサーチ(プログラムナンバーによりダイレクトに頭出し再生)
・ミュージックスキャン(8秒間ずつ曲頭を再生)
・ブ ランクサーチ(未録音部分を自動的に探す)

などのテープデッキながら便利な機能が搭載されていました。

以上の様に、録音機として非常に高度で高性能なDATの原器とも言えたのが”DTC-1000ES”でした。それによって、他社製の DATデッキは中身は”DTC-1000ES”のOEMであったり、これ以降の製品に何らかの形でこの”DTC-1000ES”が見本となったとも言われています。

ただ、非常に残念なのは、この世代のDATデッキはCDからのダイレクト録音が出来ない点です。これはSONYのせいでは無いのですが…。

元々、DATは当初規格上ビット深度16bit、サンプリングレート33kHz、44.1kHz、48kHzでの録音再生が可能でしたが、某著作権団体などから、CDと同じ16bit/44.1kHzで録音が可能になると、無劣化コピーが可能になるという猛反発に遭いました。

その結果、各メーカは44.1kHzでの録音機能をオミットし、再生のみの対応となった為、CDからのダイレクト録音は出来ませんでした。

その後、シリアルコピーマネージメントシステム(SCMS)の導入により、CDからの1回だけのコピーは可能となっった(DATからの2回目以降のコピーは不可)為、後継機ではCDからのダイレクト録音に対応する事になります。

それはさておき、この様にビデオデッキの技術を転化し、更には超小型テープをコントロールする為の複雑な機構や、音質に拘り業務用製品のパーツを流用するなど、SONYの真剣度が伺える製品だと言えるのでは無いでしょうか?

今どきのSONYのオーディオ機器は、出力直前迄がデジタル回路となり、アナログ入力が可能な製品でもA/Dは簡易的なものだったりするので、ここまでデジタル回路、アナログ回路共に拘った製品は無くなってしまいました…。ぜひともエスプリシリーズの精神を引き継いだオーディオ製品の復活を望みます。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る