So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、スマホで高速AFを可能にする「Exmor RS IMX230」を商品化 [テクノロジー]

SONYは、スマホ向けとして初となる像面位相差AF対応のCMOSイメージセンサー「Exmor RS IMX230」を商品化しました。

Exmor RS IMX230.jpg

2015年4月より量産予定で、サンプル価格は2,100円との事です。

また、4K動画撮影も可能で、明暗差が大きい環境下でも背景と被写体を色鮮やかかつクリアに撮影する「HDR」撮影が、高解像度静止画や4K動画撮影に対応しています。

Exmor RSは独自の積層型構造を採用し、高画質化、高機能化、小型化を両立したCMOSセンサーとなります。今回商品化した1/2.4型のIMX230は、画素数を有効2,100万画素に大幅に向上した他、新開発の信号処理機能を搭載。

これにより、動きの早い被写体へのフォーカス追従性に優れた像面位相差AF信号処理を実現し、スマホでの撮影でニーズの高い、高速オートフォーカスに対応します。スマホ向けのCMOSイメージセンサーでの像面位相差AF対応は業界で初となります。

ミラーレス一眼などでも採用されている像面位相差AFは、イメージセンサーの画面に離散的に像面位相差AF専用画素を埋め込み、この画素から得られた情報を元に、被写体迄の距離(測距)やフォーカスを合わせる為のレンズ位置を計算します。測距点は最大192点まで出力可能。これをスマホで実現する事が、IMX230の特徴となります。

HDRイメージングは、画素の配置と信号処理を進化させる事で、4K動画撮影や高解像度の静止画撮影でも、ハイダイナミックレンジの画像生成を可能にしています。動画撮影は、4K(4,096×2,160pix)/30fpsや、1080p/60fps、720p/120fpsに対応します。

スマホでの撮影こそ、高速AFは必要ですが、まさかこのサイズのCMOSで実現するとは…。しかも、Xpreia Z3などに採用されているExmor RS for mobileが2,070万画素1/2.3型に対して2,100万画素1/2.4型と画素数を増やしながら若干小型化しています…。

まぁ画素密度が高くなると、感度が低くなるんで小型化したからと言って一概に喜べるものでは有りませんが…。

4K動画でのHDRにも対応しましたし、このペースで行けば2016年頃には4K/60P撮影かのうな素子とか出て来そうですね…。個人的には4K動画でのインテリジェントアクティブモードの対応ですが、こちらはSoC自体のスペックも大きく関わって来るんで、まだ先でしょうかね?

■プレスリリース
業界初、像面位相差AF信号処理機能の搭載で高速AFを実現した
積層型CMOSイメージセンサーExmor RS[トレードマーク]を商品化
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201411/14-112/?acc=9WuLmEqq




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る