So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、密閉型ヘッドフォン『MDR-1A』、USB DAC内蔵『MDR-1ADAC』発売 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、密閉型ヘッドフォンMDR-1Rの新機種MDR-1Aと、MDR-1AにUSB DAC機能も搭載したMDR-1ADACの2機種を10月24日に発売すると発表しました。

MDR-1A_2.jpg
↑MDR-1A

販売予想価格はMDR-1Aが28,000円前後、MDR-1ADACが37,000円前後となります。

カラバリはどちらもブラックシルバーを用意しています。

MDR-1Aは、MDR-1Rのデザインや音のコンセプトを踏襲しながら、更なる高音質化を図ったモデル。ユニットは、新開発の40mm径HDドライバーで、振動板のハイコンプライアンス化により、低域再現性を高めつつ、100kHzの高音域再生に対応。軽量のCCAWボイスコイルを用いる事で、高域でのリニアリティの高いレスポンスも実現しています。

MDR-1A_3.jpg
↑スイーベルも可能

更に、振動板は従来の液晶ポリマーフィルムの表現に、アルミニウムの薄膜をコーティングした「アルミニウムコートLCP振動板」を採用。高域における内部損失をさらに向上させ、超高域までナチュラルな再生を実現したとしています。

MDR-Z7_3.jpg
↑アルミニウムコートLCP振動板

ハウジングは密閉型。ビートレスポンスコントロール技術を投入し、ハウジングに設けた通気孔を使い、低域の通気抵抗をコントロールし、過渡特性を改善。リズムを正確に再現できるとの事。

ケーブルは片出しでステレオミニ端子で着脱可能なのは従来モデルと同じですが、バランス駆動に新たに対応。別売の専用ケーブルを用いる事で、対応ヘッドフォンアンプと組み合わせてバランス駆動ができます。

SONYが発売する対応ケーブルは、入力端子が3極ステレオミニ×2本タイプで、別売のバランス駆動対応ポータブルヘッドフォンアンプPHA-3と接続可能。

付属ケーブルは1.2mのアンバランスタイプですが、グランドの扱いが通常のケーブルと異なるとの事。通常のヘッドフォンでは、LとRからのグランドの帰り道を、ユニットの近くでまとめてしまっていますが、付属アンバランスケーブルはLRのグランドを分けた4芯構造となっており、グランドが2本のケーブルに分かれたままステレオミニの入力端子まで戻っています。端子部分では1つにまとまりますが、左右の分離が改善され、音の広がりと、引き締まった低音を実現するとしています。入力端子は4芯。

MDR-Z7_8.jpg

イヤーパッドには、エルゴノミック立体縫製を採用。頭部の凹凸にフィットする構造になっている他、立体縫製により、低反撥ウレタンフォームが歪まずに、柔らかさを引き出しています。また、イヤーパッドは内側に倒れこむ「エンフォールディングストラクチャー」構造を採用。気密性を高め、音漏れを低減。重低音再生にも寄与しています。

独自のハンガー構造の「インワードアクシスストラクチャー」も採用。ハウジングの回転軸をより内側に向け、装着安定性を高めています。ハウジングの表面には、一眼レフなどに使われる表面処理のプロット印刷を採用。ケーブル着脱部にはゴールドのリングを配し、ハイレゾオーディオをイメージしたとの事です。重量は225g。

尚、MDR-1A向けには、交換用ケーブルも別売。往路と復路の導体を撚り合わせる事で、外部に発生する磁束をキャンセルし、伝送ロスを低減するツイストペア構造のケーブルを用意します。

ラインナップは、2mでバランス接続(ステレオミニ×2本)対応のMUC-S20BL1(10月18日発売/販売予想価格8,500円前後)、3mで標準プラグのアンバランスケーブルMUC-S30UM(同8,500円前後)、1.2mでステレオミニの「MUC-S12SM1」(同6,500円前後)を用意。

MDR-1ADACは、前述のMDR-1Aをベースに、ハイレゾ対応USB DAC機能も内蔵したモデル。モバイル機器向けに最適化された、独自のフルデジタルアンプを、ハイレゾに対応させた「S-Master HX」を搭載します。

MDR-1ADAC_2.jpg
↑MDR-1ADACのカラバリ「ブラック」

MDR-1ADAC_3.jpg
↑MDR-1ADACのカラバリ「シルバー」

PCに加え、iPhone/iPod/iPad、更にウォークマンとのデジタル接続が可能。Xperiaシリーズに限定されますが、スマホとのデジタル接続も可能。PC、ウォークマン、Xperiaとの接続時には、アシンクロナス伝送が可能。

MDR-1ADAC_4.jpg
↑側面に入力を備えており、アナログ接続も可能

尚、DACとしては192kHz/24bitまでのデータに対応しており、DSDも5.6MHzまでの再生が可能ですが、DSD再生時はPCMに変換しての再生となり、ダイレクト再生には非対応となります。

ステレオミニでのアナログ接続も可能。1.2mのケーブルも同梱。ケーブル接続時はパッシブのヘッドフォンとして動作し、フルデジタルアンプの「S-Master HX」は使われません。

重量は約300g。内蔵バッテリでの連続使用時間は約7.5時間となります。

音質にもよりますが、MDR-1ADACは個人的に凄く魅力的ですね。PC+MDR-1ADACとか、ハイレゾウォークマン+MDR-1ADACで手軽にハイレゾ音源が楽しめますから…。

このシリーズは元々デザイン的にも好みの為、思わず買っちゃいそうです…。

■プレスリリース
低域から超高域100kHzまで対応し、音の広がりや空気感までも再現する最上位機種など
ハイレゾ*対応6機種を含む計7機種のヘッドホンを発売
~ポータブルヘッドホンアンプや、好みの音が楽しめる別売ケーブルなども発売~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201409/14-0925B/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る