So-net無料ブログ作成

SONY、アンプで重低音ブーストするXBシリーズヘッドフォン『MDR-XB450B』発売 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、重低音再生にこだわった「EXTRABASS」ヘッドフォンのエントリーモデルとして、内蔵アンプで重低音を強化する「エレクトロベースブースター」を搭載したDR-XB450Bを11月13日に発売すると発表しました。

MDR-XB450B_1.jpg
↑MDR-XB450B

販売予想価格は7,500円前後。カラーはブラックのみとなります。

また、カラフルな5色展開で、エレクトロベースブースター非搭載のMDR-XB450も10月24日に発売。販売予想価格は5,000円前後。カラーはブラック、ホワイト、ブルー、レッド、イエローの5色を用意しています。

●MDR-XB450B

MDR-XB450Bは、内蔵アンプにより重低音を増強できる「エレクトロベースブースター」を搭載した密閉型ヘッドフォンとなります。ブースターを使用する事で、「クラブフロアのような、体で感じる重低音を再生する」としています。尚、エレクトロベースブースターの使用には乾電池が必要となります。

ドライバは、EXTRABASS専用に開発された30mm径ダイナミック型を搭載し、「臨場感に満ちた重低音を再生する」としています。また、鼓膜までの機密を高め、ダクトにより低域の振動板の動作を最適化して重低音を再生する「ベースブースター」を採用。高剛性のアルミニウムプレートをハウジングに使用し、不要な共振を抑え、重低音再生だけでなく、クリアな中高音域も実現するとしています。

MDR-XB450B_2.jpg
↑ハウジング上部に「ベースブースター」のダクトを備える

再生周波数帯域は5Hz~22kHz、最大入力は100mW。イヤーパッドには低反発ウレタンフォームを使用し、高い機密性とやわらかな装着性を実現。更に、頭に沿った形状のヘッドバンドで装着性を高めています。

MDR-XB450B_4.jpg
↑低反発ウレタンフォームを使用したイヤーパッド

電源は単4乾電池×2本で、電池持続時間は約60時間。電池駆動時のインピーダンスは100Ω(BASS BOOST ON)/40Ω(BASS BOOST OFF)。

絡みにくいセレーションケーブルと、折り畳んで持ち運びやすいスイーベル機構も採用。ケーブル長は1.2mで、プラグはL型ステレオミニ。重量は約253g(乾電池を含む)となります。

MDR-XB450B_3.jpg
↑スイーベル機構を採用

●MDR-XB450

MDR-XB450は、トレンドカラーを取り入れた5色をラインナップ。内蔵アンプによる「エレクトロベースブースター」は非搭載ですが、「ベースブースター」などの主要な仕様はXB450Bと共通で、30mm径のEXTRA BASS専用ドライバーを搭載しています。

MDR-XB450_3.jpg
↑MDR-XB450のカラバリ『レッド』

MDR-XB450_1.jpg
↑MDR-XB450のカラバリ『ブラック』

MDR-XB450_2.jpg
↑MDR-XB450のカラバリ『ブルー』

MDR-XB450_4.jpg
↑MDR-XB450のカラバリ『ホワイト』

MDR-XB450_5.jpg
↑MDR-XB450のカラバリ『イエロー』

再生周波数帯域は5Hz~22kHz、最大入力は1,000mW。感度は102dB/mW。ケーブルカラーはハウジングに合わせており、ケーブル長は1.2m。重量は約165gとなります。

XB450Bはちょっと興味深いですが、電源が乾電池というのはちょっと抵抗ありますね…。充電池を使用したとしてもバッテリー切れで乾電池を取り出すのは面倒です…。

単4電池x2本で1,500mAh位ですからスマホのフル充電ぐらいの時間でフル充電可能です。充電用バッテリーを積む事で高コスト化するのを避けたんですかね?

■SONY製品情報 > ヘッドホン > ラインアップ > MDR-XB450B
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-XB450B/
■SONY製品情報 > ヘッドホン > ラインアップ > MDR-XB450
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-XB450/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る