So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、バランス駆動対応のポータブルアンプ『PHA-3』発売 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、ポータブルヘッドフォンアンプの最上位モデルPHA-3を10月18日に発売すると発表しました。

PHA-3_1.jpg

販売予想価格は93,000円前後との事。

最大の特徴は、バランス出力に対応している事。DACでアナログ変換した後、2基のオペアンプを使いアナログ増幅、ヘッドフォンアンプも2基搭載し、L/Rそれぞれのチャンネルを2つのアンプで構成する事でノイズの影響を改善しています。

出力端子はステレオミニ×2端子で、SONYの対応イヤフォン/ヘッドフォンのケーブルと接続可能。アンバランスのステレオミニ出力も1系統備えています。

PHA-3_3.jpg

DACはESS製のES9018を搭載。デジタル入力は、PCに加え、iPhone/iPod/iPad、ウォークマン、さらにはハイレゾ出力対応のXperiaスマホとも接続可能。ただし、Xperiaの充電は出来ません。

PHA-3_2.jpg
↑ESS製のES9018を搭載した基板

PCとの接続時は、384kHz/32bitのPCMデータ、DSDは5.6MHzまでサポート。アシンクロナス伝送もサポートし、内蔵した高精度クロックジェネレータから、ピュアなクロックをDACに供給、アナログ変換時の時間軸精度を高めています。

また、CDや圧縮音楽再生時には、ハイレゾ相当のサウンドに変換する「DSEE HX」機能も搭載します。

入力端子はPC/ウォークマン/Xperia用のUSBと、iPhone/iPod/iPad用USB、光デジタル入力、ステレオミニのアナログ音声入力を各1系統装備。バランス出力、アンバランスのステレオミニ出力に加え、ステレオミニのライン出力も備え、アクティブスピーカーなどと接続する事もできます。筐体はアルミニウム製。

PHA-3_5.jpg

内蔵バッテリによる動作時間は、アナログ接続時で約28時間、デジタル接続時で約5時間。ゲイン切り替え機能も備えていて、インピーダンスの異なる様々なヘッドホンの実力を十分に駆動することが可能です。

PHA-3_4.jpg
↑ゲイン切り替えも可能

IFA2014で発表されたポタアンはPHA-3ACという型番で、AC電源にしか対応しておらず、バッテリーを内蔵していなかったので今年は外出用のポタアンでは無く、コンパクトな据え置き型の発売なのだと思っていましたが、まさか製品版はバッテリー内蔵で出して来るとは…。

すっかりSONYの戦略にはまりました…。魅力的な製品では有りますが、個人的には外出先でハイレゾ楽曲を聴くつもりも有りませんし、普通に据え置き型のDAC若しくはDAC内蔵ヘッドフォンの方が欲しいかもです…。

■プレスリリース
低域から超高域100kHzまで対応し、音の広がりや空気感までも再現する最上位機種など
ハイレゾ*対応6機種を含む計7機種のヘッドホンを発売
~ポータブルヘッドホンアンプや、好みの音が楽しめる別売ケーブルなども発売~




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る