So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、XBシリーズのイヤフォンでも新12mmドライバ搭載の新モデル発売 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、低音再生にこだわったイヤフォン/ヘッドフォン「EXTRA BASS」(XB)シリーズの新モデルとして、カナル型の”MDR-XB70”と”MDR-XB50”を2月14日より発売開始しました。

MDR-XB70_1.jpg
↑MDR-XB70

価格はXB70が8,715円、XB50が4,393円となります。

先日ご紹介した”MDR-EX650/EX450”と同様に新開発の12mmドライバを搭載して音質を向上しながら、低音再生能力の強化にもこだわったXBシリーズの新イヤフォンとなります。

XB70は切削アルミハウジングを採用した上位モデル。カラバリはXB70がブラック(B)とゴールド(N)、XB50がブラック(B)、ホワイト(W)、ブルー(L)、イエロー(Y)となります。

MDR-XB70_2.jpg
↑XB70のブラック

MDR-XB70_3.jpg
↑XB70のゴールド

いずれも新開発の12mmドライバを採用。振動板のエッジ幅を小型化し、12mmドライバながら従来の16mmドライバと同サイズのドーム面積を実現。より小さなドライバでも、低域から高域までクリアに再生できる様になっています。XB70は360kJ/m3、XB50は300kJ/m3の高磁力マグネットを採用し、低歪を実現。

XB70は切削アルミハウジングの採用により、低域のスムーズなレスポンスとクリアで艶のある中高音を両立させたとしています。

MDR-XB50_1.jpg
↑XB50のブラック

MDR-XB50_2.jpg
↑XB50のブルー

MDR-XB50_3.jpg
↑XB50のホワイト

MDR-XB50_4.jpg
↑XB50のイエロー

また、XBシリーズならではの低音強化の為、ベースブースターを搭載。ドライバユニットから鼓膜までの気密を高めながら、ハウジング上のダクトにより、低域の振動板動作を最適化。量感と正確なリズムを両立した低域再生を可能にしています。耳への接触を最低限に保ちながら耳の奥までドライバを配置する「アングルドイヤーピース」方式を採用。

12mm_driver.jpg
↑12mm新ドライバを採用

ケーブルは絡みにくいセレーションケーブルで、Y型。長さは1.2m。プラグは金メッキのL字型ステレオミニ。重量はXB70が約9g、XB50が8gとなります。

XBシリーズは高音強化を行ってから、低音域の迫力が無くなった気がするんですが、今回はどうでしょうかね?ことらも量販店で試聴して来たいと思います。

■SONY製品情報 > ヘッドホン > ラインアップ > MDR-XB70
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-XB70/
■SONY製品情報 > ヘッドホン > ラインアップ > MDR-XB50
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-XB50/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る