So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、Eマウントミラーレス一眼「α6000」発売 [Cyber-shot/α]

SONYミラーレス一眼αシリーズの新モデル「α6000」を3月14日に発売すると発表しました。

α6000_1.jpg
↑α6000のカラバリ『ブラック

販売予想価格は、ボディのみが68,000円前後、パワーズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」をセットにした「パワーズームレンズキット」”ILCE-6000L”が83,000円前後。

同レンズに「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」もプラスした「ダブルズームレンズキット」”ILCE-6000Y”が108,000円前後。カラバリはブラックとシルバーの2色となっています。

α6000_2.jpg
↑カラバリ『シルバー』

α6000_3.jpg
α6000_4.jpg
↑ダブルズームレンズキット

NEX-6とNEX-7の両シリーズを統合し、進化させたモデルと位置づけられており、撮像素子は新開発のAPS-CサイズのExmor APS HD CMOS、有効画素は約2,430万画素。α7シリーズと同じ画像処理エンジンのBIONZ Xを搭載。

α6000_5.jpg
↑APS-CサイズのExmor APS HD CMOSを搭載

価格を抑え、ファミリー層を対象にしつつも、こだわりの撮影がしたい父親など、新たなユーザー層の開拓を図っているそうです。

BIONZ Xにより、輪郭強調を抑えて質感を追求する「ディテールリプロダクション」機能や、回折低減処理、被写体を分析してノイズを低減するエリア分割ノイズリダクション機能が利用可能。

NEX-6と同様に、像面位相差AFとコントラストAFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」を備えていますが、それを進化させ、像面位相差AFセンサーを179点に増加。コントラストAF検出エリア(25点)と組み合わせ、より広いAFカバーエリアを誇ります。

更に、APS-Cセンサーのデジタル一眼として世界最速という0.06秒のAFを装備。秒間11コマ連写でもAFが追尾し、ファストハイブリッドAFは動画撮影でも利用可能。ロックオンAFや、瞳AFにも対応します。

操作性はNEX-7譲りで、背面のダイヤルによる直感的な操作や、豊富なカスタムボタンを装備。マルチインターフェースシューを装備し、フラッシュも内蔵します。有機ELファインダーも搭載。両面非球面レンズを4枚使った新しい光学系を用いて、約33度の広視野角を実現しています。液晶モニタは3型、92万画素でチルト可能。

α6000_6.jpg
↑背面にもダイヤル搭載。92万画素の液晶モニタの他、有機ELファインダー搭載

α6000_7.jpg
↑マルチインターフェースシューを装備

α6000_8.jpg
↑液晶モニタはチルト可能

動画撮影機能は、AVCHD Ver.2.0とMP4に対応。1080/60pの28Mbpsや、60i/24pの撮影が可能。MP4では1,440×1,080/30p、640×480/30pの撮影も可能です。

無線LAN機能を搭載し、NECに対応。スマホやタブレットと連携し、撮影動画の転送や、カメラの遠隔制御に対応。PlayMemories Camera Appsにも対応しており、撮影機能をアプリ形式で後から追加できます。

記録メディアはメモステ PRO/PRO-HG/XC-HG デュオ、SD/SDHC/SDXC。外形寸法は約120×45.1×66.9(幅×奥行き×高さ)mmで、本体のみの重量は約285gとなります。

NEX-6の価格帯でNEX-7の操作性の製品が有れば良いのにと思う方も多いかと思います。ただでさえ痒いところに手が届く製品な上、しかもBIONZ X搭載となると結構売れるんじゃないですかね?

個人的にはデジイチに手を出すと、どんどんレンズが欲しくなるんで買いませんが…。

■プレスリリース
世界最速0.06秒AF* 高速・高精度179点全面位相差AFセンサーを搭載
高画質を小型軽量ボディに凝縮した、ミラーレス一眼カメラ『α6000』発売




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る