So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、世界最薄・最軽量の13.3型デジタルペーパー”DPT-S1”発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、ディスプレイに13.3型のフレキシブル電子ペーパーを採用した”DPT-S1”を発売すると発表しました。

DPT-S1_2.jpg

9型以上のモバイル機器として世界最薄・最軽量を実現しているとしていて、発売は12月3日で、販売予想価格は98,000円前後となっています。

デジタルペーパー端末”DPT-S1”は企業や大学など紙の文書や資料を大量に扱う業務分野に向けて開発された製品で、SONYでは企業向けに「デジタルペーパー会議ソリューション」、大学向けに「デジタルペーパー授業支援ソリューション」も提供していくとしています。

DPT-S1_4.jpg

DPT-S1_5.jpg

ディスプレイの13.3型フレキシブル電子ペーパーは、解像度が1,200×1,600pixで16階調のグレースケール表示。タッチパネルを搭載し、タブレットのように画面にタッチしてメニューの操作やページめくりが可能。

また、電磁誘導方式のペン入力に対応し、付属のスタイラスペンを使って手書き文字などの入力が可能となっています。

DPT-S1_1.jpg
↑スタイラスが付属する

メモリ容量は4GBで、サポートするファイル形式はPDF。通信機能としてIEEE802.11b/g/n対応無線LAN、インタフェースとしてMicro USB端子とmicro SDカードスロットを装備。バッテリ駆動時間はWi-Fi機能オンの状態で最長2週間、オフの状態で最長3週間。サイズと重量は233×310×6.8(幅x高さx厚さ)mm/約358gとなります。

DPT-S1_3.jpg
↑厚さ6.8mm

尚、”DPT-S1”は企業や大学などの業務向け製品となり、家電量販店やソニーストアにおける販売予定はないとの事です。

対応ファイル形式がPDFのみっていうのはどうなんでしょうかね?企業、大学などでわざわざPDF化して配信してやる必要が有るっていうのはどうなんでしょう?

テストの採点などであれば、PDFである必要はあるかもしれませんが、企業の会議用途であればせめてテキストファイル位は対応して貰いたかったです。

あと、98,000円/台はさすがに高いですね…。ソリューションシステム込みの金額だったとしても、100台導入で1,000万って電子ペーパーになかなか掛けられないと思います…。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る