So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、ハイレゾ対応500GB HDDオーディオ”HAP-S1”発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、500GB HDDを内蔵し、HDD内のDSDや24bit/192kHz FLACなどのハイレゾ楽曲の再生に対応した据置型のHDDオーディオプレーヤー”HAP-S1”を10月26日より発売すると発表しました。

HAP-S1_1.jpg

販売予想価格は8万円前後との事です。

500GBのHDDを内蔵し、PCなどからHDDに転送したDSDやFLAC、Apple Lossless、WAVなどのハイレゾオーディオの再生が行なえるプレーヤーとなります。

対応ファイル形式は、DSDIFF(DSD)、DSF、MP3、WAV、WMA、AAC、FLAC、Apple Lossless、ATRAC(Non DRM)、AIFF DSD(2.8/5.6MHz)、PCM(44.1k/48k/88.2k/96k/176.4k/192kHz 16/24bit)。ギャップレス再生にも対応。

USB DAC/アンプの”UDA-1”と同等の音質やハイレゾ再生機能、32bit/192kHz対応DACを搭載しながら、HDDと40W×2chのアンプを搭載し、1台でハイレゾオーディオを気軽に楽しめる様にしたSONYのハイレゾオーディオ入門機となります。

ハイレゾ対応のネットワークオーディオやPCオーディオ製品は各社から発売されて、市場も徐々に盛り上がりを見せています。一方、ネットワークオーディオでは、別途NASなどの準備やネットワーク関連の知識が必要となり、PCオーディオについても、PCやドライバやアプリケーションなどPC関連のノウハウが必要になります。

こうした事前の準備や学習などの面倒をできるだけ省き、単純に「高品位なオーディオを楽しみたい」人に向けたシンプルな操作性と、音質にこだわり開発したのが、HDDオーディオプレーヤーの”HAP-S1”となります。

500GB HDDを内蔵。音楽配信サービスからダウンロードしたハイレゾ楽曲やCDリッピングしたファイルなどをPC経由で転送。また、USB端子を装備しており、別売のUSB HDDによるHDD拡張にも対応しています。

本体前面に操作用の4.3型ディスプレイとコントローラを装備。本体だけで楽曲検索や再生操作が行なえ、ディスプレイにはジャケット写真も表示できます。この本体操作のレスポンスにこだわり設計されたそうです。また、詳しくは後述しますが無線LANを内蔵しており、アプリ「HDD Audio Remote」を使った操作にも対応しています。

HAP-S1_4.jpg
↑4.3型液晶ディスプレイを搭載

ハイレゾ楽曲は、10月19日よりハイレゾ配信を予定しているmoraや、e-onkyo.com、OTOTOYなどのサイトで購入できます。また、PCからの楽曲取り込みに対応。Windows/Mac用に自動楽曲転送PCアプリ「HAP Music Transfer」を提供しており、Windowsパソコンの場合、初期設定では[マイミュージック]フォルダをコピー元として、全楽曲を”HAP-S1”に転送します。対応OSはWindows XP/Vista/7/8とMac OS X 10.6/10.7/10.8。

HDDに転送された楽曲はGracenoteの楽曲情報データベースと照合され、合致するアルバムやジャケット写真などのメタデータを自動で取得。DLNAではメタデータが定められていないDSDファイルについても、ジャケットの付与や楽曲管理が行なえます。また、音楽ファイルを独自の12音解析機能により分類して、リラックスやダンスフロアなどの12のチャンネルで自動再生する「おまかせチャンネル機能」も搭載しています。

本体ディスプレイは、アルバムアートや、アルバム、アーティスト、曲名、フォーマット、ビットレートなどの情報を表示可能。また、背景色がアルバムアートにあわせて変更され、赤基調のジャケットの場合、背景色も赤系になる「カラーピッキング」に対応。ディスプレイの輝度は3段階に調整できる他、OFF設定も可能となります。

HAP-S1_2.jpg

アンプ出力は40W×2chで、LR独立型広帯域パワーアンプを搭載。大型電源ブロックコンデンサによる電源強化や、EIコアトランス、高音質リレースイッチなどUSB DAC/アンプの”UDA-1”と同等の高音質設計を盛り込んでいます。尚、ヘッドフォン出力も備えています。

また、高域補間技術の「DSEE」を搭載し、AACやMP3などの圧縮音源だけでなく、WAVやFLACなどのハイレゾ楽曲も高音質化します。ただしDSEEは、DSDには非対応となってえいます。

IEEE 802.11b/g/n無線LANとEthernetを装備し、ネットラジオの「vTuner」などに対応、また、スマホ/タブレット用アプリの「HDD Audio Remote」を使って、タブレットなどのフル画面を使って、アルバムアートを見ながらの楽曲ブラウジングや操作が行なえます。キーワードなどの絞り検索機能も搭載。HDD Audio Remote対応OSは、iOS 5.1以降と、Android 2.3以降(800×480pix以上の解像度が必要)。

HAP-S1_3.jpg

入力端子は光デジタル音声×1、同軸デジタル音声×1、アナログ音声×2(RCA)。出力端子はヘッドフォン×1とアナログ音声×1。消費電力は70W(待機時0.3W)、265×304×88(幅×奥行き×高さ)mm、重量は5.8kg。

HAP-S1_5.jpg
↑背面

HAP-S1_6.jpg
↑”HAP-S1”と別売りスピーカー”SS-HA3”との組合せ

”UDA-1”+3万円で500GB HDD内蔵のハイレゾ対応プレイヤーがついて来るならお買い得感が強いでんすが、一般ユーザーからしてみれば入門機としては高く感じるかもしれませんね…、

個人的には自宅にPCオーディオ環境を組みたいんですが、ケーブル増えますしPC周りにアンプを置くスペースが無いんで、思い切ってこうしたアンプ内蔵HDDオーディオプレイヤーを購入するのも良いかと思い始めました…。

■プレスリリース
ハイレゾリューション・オーディオファイル再生に対応のホームオーディオ商品全6機種発売
~PC内の音源を快適に高音質で楽しむHDDオーディオプレーヤー2機種、USB DACアンプと
ステレオインテグレートアンプ、スピーカー2機種~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201309/13-0926/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る