So-net無料ブログ作成

SONY、4K S-35サイズCMOS搭載CineAlta 4K”PMW-F55””PMW-F5”を発売 [プロフェッショナル映像機器]

SONYは、4Kスーパー35CMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素、有効画素数約890万画素)を搭載したCineAlta 4Kカメラ"PMW-F55"、”PMW-F5”を2013年2月1日より発売すると発表しました。

PMW-F5.jpg
↑PMW-F5

希望小売価格は”PMW-F55”が税込み2,887,500円、”PMW-F5”が税込み1,732,500円、RAWレコーダー”AXS-R5”が税込み493,500円となっています。

先月末に米国で先行発表されていましたが、国内でも正式に詳細が発表された形となります。

"PMW-F55/PMW-F5"は、4K S35CMOSイメージセンサーを搭載し、HDから4K映像制作まで、幅広い用途に活用できるCineAlta 4Kカメラとなります。

PMW-F55_CMOS.jpg
↑S35サイズCMOSセンサーを搭載

2機種ともに、広い諧調により、後加工に柔軟に対応する「16bit リニアRAW」や、同社が新開発した4K/HDビデオフォーマット「XAVC」、さらに「MPEG-4 SStP」(2013年度第2四半期リリース予定のファームアップで対応予定)や「MPEG HD422」といった計4種類の映像フォーマットに対応しています。

16bitリニアRAWは、新開発のAXSメモリーカードを使用してRAWレコーダー”AXS-R5”に記録。その他のフォーマットは、本体に挿入したSxSメモリーカードに記録可能となっています。

AXS-R5.jpg
↑RAWレコーダー"AXS-R5"

更に、4K XAVCやハイフレームレート撮影を始めとした大容量データの高速書き込みに対応した新開発の記録メディアSxSメモリーカード 「SxS PRO+(エス・バイ・エス プロプラス)」にも対応。1枚のSxSメモリーカード 「SxS PRO+」には、4K XAVCとMPEG HD422の同時記録も可能となっています。

また、RAWレコーダーで4K RAW記録をしながら、本体のSxS メモリーカードにXAVCやMPEG HD422でHD記録を行うといった使い方もできるとしています。

PMW-F55_F5.jpg

撮像フレームレートを変えることのできる「スロー&クイックモーション機能」も2013年度第2四半期リリース予定のファームアップで対応予定との事。2K RAWで240fpsの撮像を実現し、23.98p収録の場合、最大約10倍のスローモーション再生を可能となります。4K 60fps撮影では最大約2.5倍のスローモーション再生が可能。

"PMW-F55"は装備された4本のBNC端子から4K映像をリアルタイムに出力が可能で、2013年2月に発売予定の30型業務用4K液晶モニター "PVM-X300"と組み合わせることにより4K映像をリアルタイムに表示でき、撮影現場で4K収録素材の確実な確認が可能となります。

尚、オプション製品として下記ラインナップの発売を予定しているとの事。

●PLレンズセット(6本セット) "SCL-PK6"希望小売価格:税込み2,478,000円 2013年2月発売予定

SCL-PK6_2.jpg

SCL-PK6.jpg

●PLレンズセット(3本セット)"SCL-PK3"希望小売価格:税込み1,375,500円 2013年2月発売予定

SCL-PK3.jpg

●0.7型有機ELビューファインダー”DVF-EL100”希望小売価格:税込み556,500円 2013年2月発売予定

DVF-EL100.jpg

●3.5型液晶ビューファインダー"DVF-L350"希望小売価格:税込み325,500円 2013年2月発売予定

DVF-L350.jpg

●7型液晶ビューファインダー”DVF-L700”希望小売価格:税込み451,500円 2013年2月発売予定

DVF-L700.jpg

●AXSメモリーカード"AXS-512S24"希望小売価格:オープン価格 2013年2月発売予定

AXS-512S24.jpg

●AXSメモリーカードUSBリーダー”AXS-CR1”希望小売価格:税込み65,100円 2013年2月発売予定

AXS-CR1.jpg

●リチウムイオンバッテリーパック”BP-FL75”希望小売価格:税込み49,350円 2013年2月発売予定

●バッテリーチャージャー”BC-L90”希望小売価格:税込み79,800円 2013年2月発売予定

●ショルダーアダプター”VCT-FSA5”希望小売価格・発売日 未定

InterBEE2012で価格、詳細スペックが発表されかなり驚きました。4K RAW撮影が可能なカムコーダーを290万円弱で出して来るとは…。

完全にRED EPICやARRI ALEXA、Canon EOS C500の対抗馬となる製品です…。

しかも、"F65"の弱点だった、RAW撮影にはSRMemoryという超高価なフラッシュメモリーを必要とするのではなく、安価なAXSカードなんていう新しいメディアを出して来たり、SStP(HDCAM-SRで採用されているコーデック)をSxSの上位規格に収録出来る様にしたり…。

”F65”も今回発表された”PMW-F55”、”PMW-F5”もCMOSはベイヤーパターンなんで、理論上デベイヤー後、真の4K画像を得られるのは8K素子を搭載した”F65”に軍配が上がりますが、"F65"の画質もアレなんで、実機の画を見て、遜色無いという事も充分に有り得ますね…。

XAVCコーデックのご紹介記事でも書きましたが、”F65”より国内での映画制作市場では人気が出ちゃいそうです…。RAWが撮影できて、SStPが撮影できて、4Kだけど圧縮データのXAVCが撮影出来るなんて、お得感満載ですし…。

あと、1枚のSxSに4K XAVCとMPEG2HD422の同時記録とか、RAWレコーダーでRAW収録しながら、SxSにXAVCやMPEG2HD422収録可能というのも便利ですね。

TCは同期しているでしょうから、MPEG2HD422は主にオフライン用データとなりますし、HD解像度で422のデータなんで、オンエア用とかでしたらオンラインにも使用出来ますから。

ALEXAもSxSを採用していますが、2枚挿ししないと、別コーデックのデータ収録は出来無いんで、1枚のSxSにXAVCとMPEG2を同時収録出来るのはかなり凄いと思いました。

■プレスリリース
多彩なフォーマットに対応し、4K映像制作の可能性を広げる
新開発 4Kスーパー35㎜CMOSイメージセンサーを搭載した CineAlta 4Kカメラを発売
- 23.98p収録時に4Kで約2.5倍、2Kで約10倍のスーパースローモーションを実現 -
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201211/12-165/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

メッセージを送る