So-net無料ブログ作成
検索選択

W42S(SONYの遺伝子) [フィーチャーフォン]

この製品は2006年6月にauから発売された、CDMA 1X WIN端末の携帯電話です。

W42S.jpg

本製品は国内の携帯電話としては、初めて『ウォークマン』の名を冠しており、音楽再生に注力した機能やデザインに仕上げられています。

新たに音楽再生に特化したチップ「Mobile Music Enhancer」を搭載。メインチップはクアルコムのMSM6550ですが、楽曲データのデコードは専用チップで行なう事により、メインチップでのデコードに比べて消費電力を低く抑えています。

内蔵メモリの楽曲データを再生する場合、約30時間の連続再生が可能となっていました。また楽曲再生時には、楽曲データの圧縮時に省かれた高音域を補完して再生するようになっています。

内蔵メモリは1GBで、音楽専用。着うたフルやPC向け管理ソフト「au Music Port」から転送した楽曲が保存できますが、「SonicStage CP」から転送する楽曲は内蔵メモリに保存できない仕様となっていました。

メモステDuo(PRO Duo対応)スロットも用意されており、理論上、最大4GBまでのメモリカードが利用できました。メモステ内には、SonicStage CPやau Music Portで転送した楽曲、あるいは着うたフルが保存可能。メモリースティック内の楽曲と内蔵メモリ内の楽曲をシームレスに再生できます。

尚、メモステ内の楽曲データを再生した場合、着うたフル(HE-AAC)形式では最大約10時間、SonicStageから転送したATRAC3形式では最大約28時間の連続再生ができるとしていました。

また、大きな特徴として、キー側ボディの下部には、早送りや巻戻しといった楽曲再生の操作ができる「ミュージックシャトル」が配されている点です。

W42S_2.jpg
↑ボディ下部に配置されている「ミュージックシャトル」

楽曲再生時の音楽プレーヤー機能「シャトルプレーヤー」は、スキンの変更などが可能となっていて、ソニエリのEZwebサイトから新たなスキンをダウンロードできる様にもなっていました。この機能はミュージックシャトルの再生ボタンを長押しした場合のみ起動できます。

メインメニューからは「au Music Player」が起動するようになっており、「シャトルプレーヤー」はau Music Playerを拡張したもの」という位置づけとなっていました。

"W42S"では、音楽やFMラジオを聴きながらメールやEZwebの操作も行なえます。この場合、方向決定キーなどは画面上の操作を行なう形となりますが、「ミュージックシャトル」や同梱のリモコン(マイク付きミュージックコントローラー)を操作すると、BGM再生中も音量変更や楽曲の早送りなどが可能となります。

W42S_3.jpg
↑同梱のマイク付リモコン

この操作を行なうと、ディスプレイ上部に再生中の楽曲名、あるいは音量やFMラジオの周波数が表示されるようになっています。同機能は「スマートバー」と呼ばれており、ケータイでの音楽再生を従来よりも楽しめるよう採用されたとしていました。

この他、PCサイトビューアーやハローメッセンジャー、グローバルエキスパート(au ICカード)、赤外線通信機能などをサポートしていましたが、FeliCaチップは搭載されておらず、おサイフケータイには対応していませんでした。

当時、海外のソニエリではウォークマンケータイやサイバーショットケータイが発売されていましたが、国内では通信キャリアが一度メーカーから端末を買い上げ、発売という形態しか無かった為、メーカーの意向がキャリアに汲入れられないと、こうした製品ブランドの冠が付けられなかった為、遅ればせながらの登場でした。

この製品の後、ドコモやauからもサイバーショットケータイ、BRAVIAケータイが発売される様になったり、他メーカーからも製品ブランド名の冠が付けられた製品が発売される様になったという経緯が有ります。

また、そんな状況の中、着うたフルなど音楽をケータイで聴くという文化が浸透して来た事を見計らって、音楽再生に特化したウォークマンケータイを投入するというのは素晴らしい企画力だと思いました。

惜しむらくは、au Music PortとSonicstageの2つの管理ソフトが有ったり、プレイヤーソフト自体がSONY独自のものでは無く、au端末共通のソフト、au Music Player準拠だった点で、SONYらしさが半減してしまった点でした。

その後au Music PortはSonicstageベースのLISMO Portに統合された為(LISMO Portで普通のウォークマンに楽曲を転送する事も可能だった)、楽曲管理ソフトの使い勝手は上がりましたが…。

まぁ、他メーカーに先駆け、製品ブランドを冠した端末を投入、しかもちゃんと音楽を聴くといった点の使い勝手や音質を追求したという点は非常に評価出来る製品だと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る